FC2ブログ

三重県・朝田寺「貞観彫刻の霊威に飲まれるの巻き」

2月18日。

初めての三重見仏としての一発目に選ばして頂いたのは朝田寺(ちょうでんじ)です。
こちらには平安前期作の地蔵菩薩立像がいらっしゃます。
平安前期の地蔵菩薩。ワクワクしますよね?この時代の地蔵菩薩像の中には、霊威というか妖異さというかをあらん限りに発散させる地蔵菩薩が何体かいらっしゃいますが こちらの地蔵菩薩像も間違いなくその中の1体であると思います。

P1030167_convert_20140221213134.jpg


P1030170_convert_20140221213148.jpg

P1030168_convert_20140221213136.jpg


朝田寺縁起によるとこの地蔵菩薩像は空海作として伝わっているということで、ここで簡単にその縁起を紹介したいと思います。

この地に住まれていた練公長者(ねりぎみのちょうじゃ)は篤く地蔵菩薩を信仰していました。770年7月24日の暁、館の西を流れる川に五色の瑞雲が流れるのに気づき向かってみるとそこには流れをさかのぼる長さ九尺、径三尺の霊材が浮かんでいたと。これこそは地蔵菩薩が授けた霊材であると持ち帰り霊材にふさわしい仏師が現れるのを待つ。
 39年ののち現れたのは伊勢参宮のみぎり、朝熊山の雨宝童子に導びかれた空海でした。

0000362001_b.jpg
地蔵菩薩立像 重要文化財 像高169cm カヤ材 一木造り


さてその地蔵菩薩立像ですが須弥壇上の厨子内に安置されており、やや見上げる形での拝観ですがご住職のご厚意により台座を出して下さり目線の高さまで上り拝観することが出来ます。
ふっくらとした頬の量感に伏し目がちの双眸。異国的な顔立ちに見えます。大陸風ともまた違うような南方面のようなお顔立ちに感じました。非常に意志の強い表情をされていますね。
衣文表現は貞観仏らしい溢れ出るような太く美しい線を描きます。
体幹部から台座の蓮肉までを一材で彫りだした がっしりとした体躯に強い表情、溢れ出す衣文に見ているうちに飲まれていく自分がいました。
お出しいただいた台座の上に立ち拝観しましたが、ご住職の「台座の一番上まで上って見て頂いて結構ですよ」のありがたい言葉を遠慮してしまうほどでした。
とにかく目を合わせることが出来ません。恐れ多くてとても見つめることが出来ずに一段下から、時折 地蔵菩薩から目線を外しながら見させていただきました。
いや~~物凄い霊威を感じてしまいました。

asadaji_convert_20140221213513.jpg

asadaji2.jpg

asadaji3_convert_20140221213522.jpg
朝田寺HPより


本堂右手の方には老朽化の進んでしまった観音堂や弥勒堂といったお堂に祀られていた仏像群が集まっています。
鎌倉期の本尊模刻像はなかなか良く似ていらっしゃり出開帳の際にお出かけになるそうです。
その他にも多数の破損仏が安置されていらっしゃいますが、どの方も想いを感じさせる仏像です。
後補の頭部が無造作に取り付けられ少し痛々しいお姿ではあるのですが、どのようなお姿になられてもそこには信仰があったんだなという香りを感じることが出来ました。グッとくるものがありましたね。

造形的にも体のラインがS字を描くほどに捻っているなぁと感じた聖観音菩薩や、右足を踏み出している感というよりも歩き出していると思えるほどの足の動きを見せている十一面観音菩薩など見どころはたくさんありました。


朝田寺のお堂で特異に感じるのは天井より衣服が吊るされている事です。
このお寺には、道明け供養という珍しい風習があるそうで、お葬式が終わった後に遺族の方が故人の衣服を奉納するそうです。その衣服が本堂に吊るされている(掛衣)そうで、新盆にお参りにいらした際に亡き人の衣類をさがし霊を慰め燃やすそうです。


拝観終わりにご住職からこの後はどこへ行かれるのですか?と聞かれたので田宮寺の初観音へ行く予定ですと答えると、それならば近くの近長谷寺や普賢寺へも行かれるといいと仰って頂いたのですが、予約を取れていないのでと僕。
するとご住職が連絡を入れといてあげると普賢寺へ連絡を入れて下さり拝観の手筈を整えて頂きました。
近長谷寺はこの日は観音会をしているはずなので拝観できるだろうと思っていたのですが普賢寺へは拝観時間の目途が立ってはいなかったので予約を入れることが出来ていなかったんです。
まさかのご住職のご厚意により仏像好きがそっちへ行くよ~と連絡を入れて下さって普賢寺の拝観を確約して頂きました。
素晴らしい縁に恵まれ次の目的地へと向かいました。


P1030171_convert_20140221213235.jpg

P1030173_convert_20140221213305.jpg

2014022201224931f.jpg












光福山 圓明院朝田寺(あさだじ)
三重県松阪市朝田町427
TEL : 0598-51-8661
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り


大きな地図で見る






にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2月18日三重仏像拝観 序章の巻き

2月18日。
三重県へと初の本格的仏像拝観へと出かけてきた。


三重県に仏像拝観に訪れたのはパラミタミュージアムで催された「南都大安寺と観音様」展のみでした。
この特別展を見て以来三重県への仏像拝観に対する欲望は高まるばかりでした。
しかし昨年は出張の連続にあまりの仕事の忙しさから仏像拝観が激減。。。
どうする事も出来なかった状況が今年に入り徐々に動き出す。

今年になり相変わらず出張地獄は続くのですが時間的に余裕が生まれてきました。
そしてこの日もそうでした。
17日の昼過ぎ頃、突如として明日は休めるぞと。
降って湧いた突然の休みに大慌てする。
仕事の出先であるのでそう簡単には拝観計画も立てられず。
いや、いきなり休みと言われても。。。何もしようが。。。
その時でした、ピーーン!ときたのは。
そういえば2/18は三重県の田宮寺の十一面観音が見れる日やん!?
これしかないやろ!と、そこから頭に残っていた三重の寺院をピックアップし拝観計画を立てていきました。

朝田寺さんに電話を入れ朝一番の拝観予約を入れついで太江寺さんへ。
しかし突然の電話でしかも拝観希望が明日の午前中とあって電話口に出られた奥様も決めかねる様子。
とりあえず希望は10時頃と伝えご住職への確認の後 折り返して頂くことに。
しかしこの折り返しがなかなかかかってこず。。。
決まらないことには他の予定も組めず。。。
この時点で拝観するのは朝田寺、田宮寺、同日に観音会がある近長谷寺のみ。
普賢寺にも訪れたいのですが予約時間を決めきれず。

そして太江寺さんと連絡がついたのが17時半頃。
10時半頃なら。。とのお答えを頂きその時間にお伺いする約束をするももしかしたらダメになるかもしれないので
明日の朝に再度連絡すると言われこの日は終了。

そして18日の朝に連絡があり10時前にこれますかと。
お~ぅ…9時に朝田寺で10時前に太江寺は確実に無理ですやん!
残念ながら難しい旨を伝えると取りあえずお堂に入れるようにはしておくので何時でも構わないので来てくださいと本当にありがたいお言葉を頂き三重県への仏像拝観が始まるのでした。

しかして、10時半に到着するとお堂内では得度式が行われる寸前で。。。
あぁ10時前にならないかとはこの事だったんですね。
お堂には入れて頂けたものの悠長に拝観している雰囲気でもなく(--;
滞在時間わずか3分でお堂を後にしたのでした(T-T)

仕方ありません。
今回は縁がなかったということで。
お姿は見ることが出来たので本番への予行演習ととらえて次につなげます。


さて、次回更新から三重見仏のお話です。








にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
≪PREV
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ