滋賀県・西明寺「穏やかなのか厳しいか?!心が映る薬師如来の巻き」

湖東三山同時開帳の最後を締めくくるお寺は西明寺。

寺伝によると、平安時代の承和元年834年に三修上人(慈勝上人)が琵琶湖の西方を歩いていると東の空に紫雲が現れまぶしい光が射すのを見ました。
瑞光と見た上人はその光明を目指して湖東の山中に分け入り一筋の光明を放つ池を見つけます。
その光明の意味を知りたいと一心に池に向かって祈念したところ、不思議な事に薬師如来の尊像が現れ、続いて日光菩薩、月光菩薩、そして十二神将が現れました。
この出来事を聞いた仁明天皇は、この地に勅願寺を立てることを命じ、薬師如来が放った光が仁明天皇がいらっしゃった京都の西の空を明るく照らしたという事から「西明寺」と名づけられました。

IMG_7562_convert_20140609211740.jpg



境内には国宝に指定された本堂、三重塔が並び立ちます。
反り返る屋根のラインが美しくて本当に見惚れてしまいます。
僕が訪れた時は曇り空と雨天と2度の拝観共に天気には恵まれず、晴天に堂々とそびえるお堂の絶景は見れませんでしたがそれでもなおカッコイイですよね。
建築物ってカッコイイんですよね。ホントにカッコイイ。

IMG_7566_convert_20140609211621.jpg

P1040678_convert_20140609211530.jpg

P1040674_convert_20140609211509.jpg



さて、今回ご開帳されたご本尊ですが藤原時代とされる薬師如来立像で、量感たっぷりの太い方です。
肩幅も広く腹回りに刻まれる衣文線も力強く美しい。
圧力の凄い薬師如来だなと感じたのですが、なぜか表情は凄く穏やかで大人しく優しいお顔をされているなと感じました。
帰って来てから特別販売の写真を見ると、表情も堂々とした威厳にあふれ怖いようなお顔をされているのに驚きました。
あれ?お堂で見た時とお顔が違う!とビックリしたんですよね。
お堂では本当に優しい穏やかな、平安後期の観音像の様な素朴さを持たれたお顔だなと思ったものですから。
出会い方や、出会った時の心もちでここまで心象が変わるんですね。仏像って不思議で素敵で素晴らしいです。
2度目の拝観でお参りした時は、威厳あるお顔だぞとの知識が入っていたのかしっかりと厳しく見えました(笑)
1度目の拝観と2度目の拝観で全く違った薬師如来様に縁を頂けたような不思議で特別な気持ちになりました。

IMG_0001(1)_convert_20140609212242.jpg


そしてこちらも金剛輪寺と同じく須弥壇上や裏手にも多数の仏像が安置され見どころがたくさんあります。
躍動感にあふれ表情が生き生きとした十二神将はカッコ良く、伝運慶の弟子というのもさもありなんって感じ(笑)
もう少しだけ明るいところで見たい。細部や奥に並ぶ方々が見えぬのだ。
さらには脇を固める二天像の素晴らしさ。
下半身が異常に太く動きも鈍そうなんですが風を受けて流れる前腕部の衣文は美しい。
他が固いからなおのこと柔らかく感じました。
裏手には不動三尊に阿弥陀三尊、清凉寺式釈迦如来。
阿弥陀三尊は伝快慶とのことでしたが、明らかに時代は下ると思うので弟子筋か。

IMG_0002(1)_convert_20140609212252.jpg   IMG_0003(1)_convert_20140609212307.jpg


IMG_0004(1)_convert_20140609212313.jpg   DSCF4158_convert_20121207215327.jpg


DSCF4168_convert_20121207215414.jpg


次見る機会があるのかどうか分からない薬師如来のお姿を最後に拝んでからお堂を後にしました。
これで湖東三山を後にするのかと思うと後ろ髪を引かれますが。
次に訪れるのはいつになるか。
冬の湖東三山を訪れたい。今年かな?来年かな?




龍應山 西明寺(さいみょうじ)
滋賀県犬上群甲良町池寺26
TEL : 0749-38-4008
拝観 : ご本尊は秘仏
駐車場 : 有り









にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

滋賀県・金剛輪寺「これぞ秘仏!霊威をまとう生身の聖観音の巻き」

湖東三山同時開帳2ヶ寺目は金剛輪寺。
こちらも緑が美しく長い石段を汗をかきながら、景色を楽しみながらお参りします。


IMG_7529_convert_20140607183314.jpg


金剛輪寺で公開される秘仏本尊は「生身の観音様」と信仰される聖観音菩薩立像。
奈良時代、行基菩薩が一刀三礼、拝みながら彫り進めると木肌より一筋の血が流れ落ちた。観音菩薩に魂が宿ったことを悟った行基は彫るのをやめて、粗彫りのまま本尊として安置しました。


P1040607_convert_20140607182955.jpg
二天門。 重要文化財
大きなわらじが下げられているのは、七難即滅を願うものです。

IMG_7547_convert_20140607183207.jpg

IMG_7546_convert_20140607183146.jpg

P1040618_convert_20140607183012.jpg




一昨年の拝観では拝むことの出来なかった秘仏本尊。
内陣へと入らせていただき厨子前で拝みます。

開かれたお厨子の扉の向こうに安置されるそのお姿は鳥肌の立つような妖しい光景でした。
ロウソクの灯りにより照らし出されるお姿は異様で全身の鑿の跡が生々しい。
顎周りの彫り口はまるで髭のようにも見えます。
垂下した右手と蓮華を持つ左手は彫り込まれていますが、腕部は体部にぴたっと吸い付くようで一木より彫り出される瞬間の様子をまざまざと伝えてくれます。
非常に霊威がありこれぞ秘仏と呼ばれるにふさわしいなぁと感じずにはいられませんでした。

kongou.jpg ネットより




前回訪れた際のブログでも書いたように、こちらには他にも多数の仏像が安置されており、中でも裏手にお祀りされている十一面観音菩薩立像は必見で素晴らしいです。
平安後期の肉付き豊かな頬に穏やかな表情、浅く刻まれた衣文線が優しくやや左へと突き出した腰つきが愛らしい。
テクテクと歩き出しそうな気すらしてきます。
秘仏公開の機会でなくとも素晴らしい仏像群がいらっしゃる金剛輪寺。
次は冬の金剛輪寺を見にこようかな。雪景色の金剛輪寺もきっと美しいだろうな。

konngoujyuuichi_convert_20140607183535.jpg





P1040590_convert_20140607182656.jpg

P1040588_convert_20140607182804.jpg

P1040594_convert_20140607182827.jpg

P1040598_convert_20140607182850.jpg

P1040625_convert_20140607183100.jpg







金剛輪寺(こんごうりんじ)
滋賀県愛知郡愛壮町松尾寺873
TEL : 0749-37-3211
拝観 : ご本尊は秘仏
駐車場 : 有り









にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

滋賀県・百濟寺「根付きで彫られた植木観音の巻き」

4月16日、5月21日と2度のお参りをしてきたのは3ヶ寺の秘仏本尊同時開帳が行われた湖東三山です。
8年前の2006年に天台宗開宗1200年記念で三山同時開帳が行われましたが、今回は昨年10月に開通した「湖東三山スマートインターチェンジ」を記念してのご開帳です。

高速道路の開通といえば昨年、一昨年と小浜市でも舞鶴若狭自動車道の全線開通を控え、若狭地域への観光誘客拡大を目的にと同時開帳が行われとのは記憶に新しいところですが、今後もこういった機会の特別公開が増えそうですね。
来年の秋?くらいに丹後丹波でも京都縦貫道の丹後方面の開通を記念してご開帳が予定されているとの情報もありますし。

まず最初におとずれたのは百済寺。
こちらでご開帳されるご本尊は植木観音と呼ばれる聖徳太子御自作の観音像と伝わり、太子が根の付いたままの樹木に十一面観音を彫られたことに由来します。

寺伝によると、聖徳太子が慧慈と共に湖東の地に来られた折り、毎夜 東の山中に瑞光が見られたので慧慈に尋ねたところ、翌朝、慧慈の案内でその場所へと分け入ると上半分が切られて光明を放つ杉の巨木が立っていた。
この杉の上半分の幹は百済の龍雲寺の本尊十一面観世音菩薩像を彫る為に運ばれたそう。
そこで太子は、素晴らしい御衣木を得たと根の付いたままの下半分の幹に十一面観世音菩薩像を彫ったと伝わっています。
また、当時の先進技術・文化が百済から日本に移植・定着されたという意味もこの植木という言葉には込められているそうです。


桜の時期と新緑の時期の対比写真
P1040559_convert_20140606153332.jpg

P1040553_convert_20140606153233.jpg

P1060495_convert_20140606152054.jpg

P1060502_convert_20140606152112.jpg

P1060503_convert_20140606152549.jpg

P1040524_convert_20140606154516.jpg

P1060510_convert_20140606152335.jpg


桜の時期と新緑の時期に二度訪れ、それぞれの美しい景色を楽しみながら登る参道。
ゆっくりと登り見えてくる仁王門からはまさしく異世界への扉の様な神々しいオーラが感じられます。
静かな景色の中に表れる仁王門の神秘さは素晴らしい。
石段を登り、ゆっくりと、徐々に、見えてくる仁王門やお堂の屋根に感動し興奮するのは僕だけではないはず。

P1060511_convert_20140606152322.jpg

P1060521_convert_20140606152406.jpg

IMG_7510_convert_20140606151625.jpg

IMG_7508_convert_20140606151642.jpg

P1040533_convert_20140606153107.jpg


本堂へ上がらせて頂くと通常であれば外陣からの拝観となりますが、今回は内陣へと入ることが出来ます。
一昨年に紅葉の時期に訪れたとき、外陣より拝観した室町期の聖観音菩薩坐像、如意輪観音菩薩坐像も間近で拝観出来ました。
しかし、やはり釘付けになるのはご本尊の十一面観音菩薩立像。
こう言っては申し訳ないですが流石にこの独特な妖しさを発散させるご本尊の前には脇侍さん達は霞んでしまいます。
それ程までにご本尊から漂う空気は拝観者を飲み込むほどの粘度を持っていらっしゃいました。

非常に広い方幅を持ち、怒り肩のように首をすぼめ、その上に乗るお顔の特異さ。
独特のお顔で、目や鼻口がキュッとしています。 力が入りすぎたような印象も。
下半身に見える衣文の表現は、まさに刻んだというような力強く荒々しい彫り口がうかがえ、洗練された造仏とはまた違った真に迫る魅力を感じさせてくれます。
何とも言えない、言葉にできない魅力と雰囲気を全身から発散させる十一面観音菩薩立像に完全に飲まれてしまいました。

P1040544_convert_20140606153200.jpg

P1040535_convert_20140606151938.jpg

IMG_7519_convert_20140606151723.jpg

IMG_7513_convert_20140606151714.jpg

P1040527_convert_20140606153117.jpg





釈迦山 百濟寺(ひゃくさいじ)
滋賀県東近江市百済寺町323
TEL : 0749-46-1036
拝観 : ご本尊は秘仏
駐車場 : 有り













にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

滋賀県 ・ 知善院「湖北の慶派仏」

大平観音堂を後にして向かったのは知善院。
昨年にも一度訪れているのですがこちらにはあまりにも美しい十一面観音坐像がいらっしゃいます。
その瞳の気品たるや素晴らしいです。
どうしてももう一度と思い訪れることに。

まずは本堂へお参り。
こちらには阿弥陀三尊像がいらっしゃいます。
一説には脇侍は日光月光とも言われております。

P1010944_convert_20130910192158.jpg


金泥を施された威厳ある阿弥陀如来を中尊に脇侍にいたるまで素晴らしい造形です。
力強い瞳に豊かな量感と流麗な衣紋と鎌倉後期かもう少しあとの造仏か。
瞳の力強さ、脇侍の膝の折り返しの衣表現など快慶工房よりは運慶工房なのかとも思いますがその辺りの細かな技術面については僕はわかりません。
運慶快慶よりは次の世代の作であろうと思いますので慶派を代表する作風を受け継いでいるのかもしれません。
いろいろ夢想しながら拝観するのは凄く楽しいです(笑)

photo_04b_convert_20130910192000.jpg

photo_02b_convert_20130910193030.jpg

photo_03b.jpg
写真は琵琶湖108霊場より


そしていよいよ観音堂へ。
本堂から渡り廊下で棟続きの観音堂には厨子に安置された十一面観音像が。
像高は60cmほどの珍しい坐像の形をとっています。
伝運慶と伝えられるこの像はその言い伝えを否定するには難い尊容を示します。
凛々しく静かに佇むその姿は圧倒的でヤバイです。
やや頭部が大きめな造形で穏やかに流れる衣紋とそっと差し出す右腕の優しさと左手に掲げる水瓶。
なによりも瞳のもつ力と頬の量感や意思を示す口元が間違いなく慶派の造形を感じさせてくれます。
ん~~~2度目の拝観ですが全く感動が減ることはありません。何度お会いしても素晴らしいです。
滋賀へは地方古仏と出会うために来ることがほとんどですがそれでもこの慶派仏のインパクトは大きく、慶派の造仏がいかに素晴らしいかを改めて感じさせてくれます。

P1010943_convert_20130910192127.jpg

chizenin_convert_20130910191932.jpg
写真は「神仏います近江」より





知善院
滋賀県長浜市元浜町29-10
0749-62-5358






にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

滋賀県 ・ 大平観音堂「親しみの十一面観音の巻」

さる5月の話。

滋賀県米原市春照にある大平観音堂を訪れた。
こちらには円空がわずか4日で彫り上げたとされる像高180cmを超える十一面観音像がいらっしゃいます。
県内に残した9体ある円空仏のうちの1体で、伊吹山四ケ寺の一つ太平寺に祀られてきたが、昭和39年の集団移住で現在の春照に移されました。

180.5cmの桜材の一本造りで元禄2年、円空58歳 晩年の作。
大きくお腹を膨らませた像容から「安産の観音さん」として親しまれ、お腹をさすり安産を祈願する村人が絶えなかったそうです。
観音像の背面には円空自筆といわれる墨書がありわずか四日間で彫り上げられた工程が記されています。

「四日木切 五日加持 六日作 七日開眼
 元禄二己己年三月 初七日 中の房 祐春代 」




拝観予約をお願いした日は生憎の雨模様。
小雨降る中での拝観となりましたが快くお堂を開けてくださいました。

P1010940_convert_20130831201921.jpg

P1010939_convert_20130831201914.jpg

P1010941_convert_20130831201937.jpg



集会場のようなお堂に上がらせていただくと中にはガラスケース内に安置された十一面観音像がいらっしゃいました。
じっくりと拝観する前に、まずは説明のVTRを見せていただく。
ローカル放送で放映された大衡観音堂を特集されたVTRを見せて頂き円空仏についての知識をいただく。
そしていよいよお側まで寄らせて頂きじっくりとその尊容を確認させていただいた。

ニッコリ。
優しく優しく微笑まれたその穏やかな表情に癒されます。
細く伸びる眉、眼筋そして口角をゆるりと上げた口元からは慈悲というよりは親しみやすさ、親近感のようなものを感じます。
肩をすぼめるように立ちやや窮屈な印象を受けますがそこにもどこか親近感を覚えずにはいられません。
荒彫りでありながらここまでの優しさと整合性を生み出すその像容にただただ感動するばかり。
お腹の優しい丸みがあたたかく優しく、もうあらゆるところが優しさに満ち満ちているように思えて仕方がありませんでした。

ガラスケースを回り込みながらいろんな角度から像容を確認させていただき見入っていると堂守りの方からガラス扉を開けてご覧になってくださいとお声をかけていただき、更には土台を回転させて背面まで確認してくださいと仰っていただきました!
僕自身で土台を回すということにやや恐縮しながら恐る恐る背面を拝観させていただくとそこには墨書がしっかりと確認できました。
背面まで食い入るようにじっくりと拝観させて頂きお写真も撮らせていただくことが出来ました。
怖くて360°は流石に回転させることが出来ませんでしたが(^^;


P1010938_convert_20130831201414.jpg

P1010935_convert_20130831201440.jpg

P1010929_convert_20130831201507.jpg

P1010930_convert_20130831201703.jpg

P1010932_convert_20130831201541.jpg

P1010927_convert_20130831201621.jpg

P1010933_convert_20130831201517.jpg

P1010926_convert_20130831201639.jpg

P1010925_convert_20130831201555.jpg

P1010922_convert_20130831201806.jpg

P1010923_convert_20130831201826.jpg

P1010924_convert_20130831201837.jpg


非常に貴重な体験をさせていただいた喜びもあり、それ以上に素晴らしき円空仏と出会えた喜びに包まれながら自分自身も観音様のように優しい人になれたような気持ちになりながら大平観音堂を後にしました。







にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


≪PREVNEXT≫
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ