平安佛の大洪水!白山を仰ぐ「福井の仏像」展の巻

2016年も終わりが近づくなか、美術館、博物館において仏像を展示する展覧会が各地で催されています。
福井市立郷土歴史博物館においても「福井の仏像-白山を仰ぐ人々と仏たち」展が14日から始まりました。


fukuibutsuzo00.png


泰澄大師が白山を開山し来年で1300年を迎えることを記念した同展覧会には、白山信仰が盛んであった嶺北地方で守られてきた、秘仏であったり普段拝することはなかなか難しい仏像34体(1体前期後期で入替わり有り)が展示されています。


※写真は全て内覧会での許可の元、撮影したものです
P1240779.jpg

P1240776.jpg


開幕前夜に催されたブロガー向け内覧会に参加させていただき、その全貌をいち早く体験してきたのですが、その濃密な空間は神秘的で個人的には今年1番の仏像展であると断言したい。
この展覧会の情報をいただいた時から、今年1番になるに違いないと感じていましたしTwitterでもそう発言してきましたが、観覧して改めて間違いないことを感じました。
仏像愛好家のなかで、いわゆる”地方佛”と呼ばれる類の仏像を愛する方にはマストではないでしょうか。
過去にも名展覧会だったとずっと話題に上る展覧会がありますが、この「福井の仏像」展もそうなるだろうと感じさせる素晴らしい仏像郡が一堂に会しておりました。




会場には平安時代の仏像がずらりと並びますが(34体のうち1体のみ鎌倉)、まず目に飛び込むのは会場右手中央に塔建築内に安置されていることを想像させる曼荼羅状に展示された滝波五智如来堂の五智如来坐像。
3年がかりの修復を終え戻られた(釈迦如来、阿弥陀如来は先月戻られたばかり!)五智如来像が360°で拝観出来ます。


P1250036.jpg
滝波五智如来堂 五智如来坐像 県指定文化財


P1240399.jpg
修復により当初の尊容が現れる阿弥陀如来坐像

P1240602.jpg
薬師如来坐像


江戸時代に全体を紙貼りされその上から彩色、漆箔を施すという修復を受け、当初の尊要は隠れてしまった状態でありましたが、今回の修復では紙貼りも剥がされ、当初の尊容を取り戻されています。

そして今回はその紙貼りの一部も展示。
江戸時代より数百年、そのお姿で守らててきたことを考えると紙貼りのマスクも信仰する人たちによって祈り守り継がれてきたお顔です。
尊像と合わせてこのマスクにもぜひ注目して見ていただきたいです。


P1240798.jpg
江戸時代修復の紙貼りマスク
※図録にはこの修復過程が非常に細かく記載されており必見です。



拝観順路を辿るとまずは如来像。
薬師如来像が立像坐像を含め3体が並びます。

高尾町 薬師神社 薬師如来立像
帆谷町 帆谷薬師堂 薬師如来坐像
国山町 愛染寺 薬師如来坐像

P1240777.jpg


中でも高尾町薬師神社の薬師如来立像は素晴らしく惹きつけられました。
カツラ材の一木造りで内剥りは施さず。
内剥りを施されていないことから霊木から彫り出された可能性があると藤川学芸員の解説。
お顔の表情や衣紋線は浅く刻まれますが、左脇より流れ胴を巻いていくように刻まれる衣紋は美しく、そこに厳しめの表情で彫られたお顔が対比的で、この様な表現により一層の神秘性を感じさせてくれるように思います。


P1240407.jpg
薬師神社 薬師如来立像 市指定文化財

P1240426.jpg
美しい衣紋の流れに目を奪われる
※この方、10月31日までの展示です。
絶対に逃されないことをオススメしたいです。




福井市立郷土歴史博物館
福井県福井市宝永3丁目12-1
TEL : 0776-21-0489
e-mail : kyoudo@city.fukui.lg.jp
「福井の仏像-白山を仰ぐ人々と仏たち-」展
会期10月14日~11月23日


当更新をプロローグ&如来編とし、次回は観音菩薩編を更新したいと思います。












にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

福井県・諦応寺「樹齢450年に刻まれた驚きの立木佛の巻き」

速報記事が続きましたが、本編記事へと戻ります。
仏像LINKツアーで若狭小浜を巡ったツアー最終地は諦応寺(たいおうじ)。


こちらには県の文化財に指定された平安前期の作となる薬師如来立像が収蔵庫に安置されるのと、もう一つ素晴らしい観音様がいらっしゃいます。
樹齢450年ともいわれる銀杏の木に彫りだされた”立木佛”という銀杏観音像です。
驚くべきそのお姿に言葉を失くすのでした。


P1110107.jpg


諦応寺は1506年(一説には1501年)室町時代の創建されたと伝わり、開山は丹波篠山 円通寺の順翁慶随和尚(じゅんのうけいずい)で曹洞宗のお寺。
収蔵庫に安置される薬師如来立像は、諦応寺創建以前にあったと伝えられる天台宗か真言宗の寺院のものと思われるそうです。


P1110122.jpg


参道の石段を登っていくと見えてくる大銀杏。
その立木佛のお姿を見て驚きのあまり「マジか!?」と叫んでしまう。
そしてその後は言葉が続かずポカーンと口を開けて目を見開いてただただ眺めいってしまいました。
ひょっとしたら呼吸も止まっていたかもしれないと思えるほどに驚いた。
諦応寺の30世ご住職 仏山恵隆和尚が彫りだしたと云い伝えられ、胸の窪みには経典が収められていたそうで現在は取りだされているのかな?蓋のみとなっております。
非常に力強く太く彫りだされており、よくぞ彫り出せたものだと感心するばかり。
また、観音様が彫り出されながらも銀杏の木は生きており、その生命力は観音様を通しても見事に感じることが出来ます。


P1110096.jpg

P1110117.jpg

P1110101.jpg


収蔵庫にいらっしゃる薬師如来立像は像高156cm等身大の方で、ケヤキ材の一木造り。
どっしりとした一木の量感と素朴でありながら力強いお顔と、胸のあたりに見られる渦紋など平安前期から中期の作風が見られるそうです。
お顔の方は幕がかかり、やや見辛さはありましたが覗き込むように見るとその全体像が見て取れます。
全体的にやや磨滅感があり、手先などは後補であろうとは思いますが訪れる価値ありの非常に魅力的なお薬師様でした。


P1110124.jpg

P1110130.jpg

taiouji.jpg






城谷山 諦応寺(たいおうじ)
福井県三方上中郡若狭町安賀里33-1
TEL : 0770-62-0864
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り








にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

福井県・谷田部薬師堂「多様な表情を見せてくれた垂れ目の薬師の巻き」

谷田寺から徒歩10~15分ほどの場所に若宮八幡神社があり、この八幡宮の北側同じ境内に平安後期の薬師如来坐像を安置する薬師堂が次の目的地となる谷田部薬師堂です。

お堂というよりは村の集会所といった雰囲気の薬師堂へと上がると目に飛び込んでくるのは目尻の下がった、やや窮屈な感じで施無畏印と薬壺を持つ薬師如来坐像でした。


P1110024.jpg

無題

P1110020.jpg



目尻の下がったそのお顔は見る角度によって与える印象をどんどんと変えていきます。
正面から見る、側面から見る、近くで見る、離れて見る、下から仰ぎ見る。
優しいお顔になったり、垂れ目なのに堂々とした男らしい表情にも見えたり、厳しくも見えたりするんだから不思議です。
おおよそ多くの仏像は見る角度に行って灯りのあたり具合によって表情を変えると思いますが、そこまで変えそうにない様に思えるこの薬師如来の変化に少し驚きました。
その時の心境なども影響すると思いますので、他の方が僕と同じように変化を感じるかは分かりませんが(そこがまた面白い、そして表情を語りながらお顔の写真が少ない...)。


P1100955.jpg
薬師如来坐像 県指定文化財 平安時代後期 マキ材 寄木造り 像高142cm

P1100959.jpg

P1100964.jpg



全体的な造形は定朝様でありながらゆったりというよりは少し窮屈な雰囲気がしました。
脇をしっかりと締めて右手肘の角度も鋭角な気が。
窮屈にグッとしてるなぁと思いだすと、薬壺を持つ手や薬壺自体もどっしりとした印象が出てくるから面白くなります。
最初に持った印象にどんどん引っ張られて全体像や細部の印象まで第一印象にならったイメージになっていく。


P1100969.jpg

P1110004.jpg

P1110008.jpg



説明文を読むとどうやら脚部は後補ではないかとのこと。
というのも、上半身の定朝様の衣紋表現とは異にしたゴツゴツとした彫り口が見られることから後補ではないかとかんがえられるそうです。
上半身に対して脚部は大きいなぁとは思いましたが僕には彫り口の印象までは全然わかりませんでした(笑)
後々に写真を見なおしてみると密に流れる上半身の衣紋と、間隔が広く衣文の山も太い下半身が見て取れこの辺りの違いが”彫り口の硬さ”ということなのかと思いました。


P1100945.jpg

P1100992.jpg



ご本尊の左右には不動明王&毘沙門天の天台脇侍が。
直立の固い動きではありますが可愛らしく堂々。
こういったメインには上らない、見過ごされがちな脇仏が結構熱かったりしますよね。
前の谷田寺 阿弥陀如来坐像もかなり惹かれましたが、ここの毘沙門天像もかなり好きです。
素晴らしい薬師如来坐像とニヤリとさせる不動明王&毘沙門天像をじっくりと堪能させて頂き次の目的地へと移るのでした。


P1100971.jpg

P1100973.jpg







谷田部薬師堂(たにたべやくしどう)
福井県小浜市谷田部42
TEL : 0770-53-1111(小浜市文化課)
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 無し










にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

福井県・谷田寺「素地造り!千手観音菩薩立像の魅力の巻き」

谷田寺。
721年、白山信仰の開祖・泰澄大師が熊野日吉金峰山の神託により一棟のお堂と千手観音菩薩立像及び脇仏を刻み安置したのが始まりだと伝わり、鎌倉期には頭塔十二坊を有する大寺として若狭国の第二の御願所として栄えたといわれています。
現在は平成6年(4年?谷田寺由緒書きにおいて4年、6年と違った記載有)に落慶された収蔵庫(本堂)に当時の興隆を思わせる多数の仏像を安置しています。


P1100721.jpg

P1100928.jpg



ご本尊は千手観音立像。
平安様式を踏襲し刻まれたという鎌倉時代の寄木造り。
像高は179.4cm、カヤの寄木造りで彩色を施さない素地の檀像風です。
下半身の衣紋の造形が古様でありながらスタイリッシュで違和感の様なものを感じたのですが、平安時代の造形を模した鎌倉期の像ですよとご説明いただいて納得。



P1100910.jpg
千手観音菩薩立像 重要文化財 鎌倉時代 カヤ材 寄木造り 像高179.4cm

P1100791.jpg

P1100778.jpg



木肌があらわである分、非常に柔らかで優しい印象を受ける。
合掌手、宝鉢手もふっくらとした指先で本当に穏やか。
膝下に広がる衣紋は美しくて見とれてしまいますね。
翻派式衣文ではありませんが(小波無し)刻まれる大波の流れる美しさはたまらないものがありました。
足の間に刻まれる渦紋表現もや裳のはためき折り目の感じも平安期を感じさせながら、髪筋の彫り込みや耳に掛かる雰囲気は鎌倉時代。
不思議でありながら凄く引き込まれる千手観音菩薩立像でした。


P1100885.jpg

P1100787.jpg

P1100803.jpg


脇侍の不動明王立像、毘沙門天立像も素晴らしい。
堂々の量感と見栄を切った不動明王像。
迫力ある天地眼と牙上下出から、量感があふれだす腹回りの肉感は見事でカッコイイ。
そのカッコ良さを感じさせるのはその姿勢であろうと思います。
左足を踏み出し腰を右に切る。
動きを感じさせる腰周りのたっぷりとした量感が下肢回り、腰から下の衣紋表現をより美しく見せているように思えます。
剣を握る右腕の力の入った曲げの角度は実際にやってみるとかなりキツイ角度。
この手首の1点に集約される力が不動明王たる力強さが溢れているように感じました。
美しく力強い見事な不動明王像です。


P1100736.jpg
不動明王立像 重要文化財 鎌倉時代 ヒノキ材 寄木造り 像高130.7cm


P1100882.jpg


P1100766.jpg


P1100740.jpg
量感たっぷりの腹回り


P1100762.jpg
実際にやってみるとかなりキツイ角度の手首



同じく見事な量感の毘沙門天像。
腰周りから太ももにかけての太さは物凄い圧力で、やはり鎌倉期よりは平安期のどっしり感が伝わってきます。
一本芯の通った重みのある造形で、そこへ鎌倉期のはためく様に腕から延びる衣のたなびき。
裾をぎゅっとと絞ってなお動きがあるのはカッコイイなぁ。
両にたわむ肉感的な頬の造形に中央に寄った目鼻立ちは特徴的で。
そして突き出したお腹に乗る獅子口のカッコ良さ!
ここまで腹回りや太ももの量感が見事であると気になるのはやはり邪鬼!
起き上がろうと足掻きながらも踏みしめられ、目玉を飛び出さんばかりに見せ場を作っているこの邪鬼は素晴らしい。


P1100830.jpg
毘沙門天立像 重要文化財 鎌倉時代 ヒノキ材 寄木造り 像高135.5cm

P1100832.jpg

P1100863.jpg
豪快にはためく袖と圧巻の太ももに腹回り

P1100823.jpg
カッコ良すぎる獅子口

P1100864.jpg

P1100822.jpg
懸命に支える左腕肩口の筋肉!表情もイイ



他にも市指定文化財である精悍な顔つきをされた木造大黒天像、気品ある阿弥陀如来坐像、そして堂内のぐるりを二十八部衆が取り囲んでおります。

P1100850.jpg   P1100848.jpg

P1100816.jpg   P1100808.jpg

P1100726.jpg


数多くの仏像を今に伝える谷田寺。
ご本尊を収めるお厨子や脇檀などは、かつての旧本堂の古材を使用し、また扉も以前の物を使用され往年の面影を残されています。


P1100905.jpg





普門山 谷田寺(たんだいじ)
福井県小浜市谷田部24-4
TEL : 0770-52-2874
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納










にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

福井県・馬居寺「煩悩喰らい尽くす馬頭観音の巻」

この年の秘仏めぐりで最も注目された秘仏が馬居寺のご本尊である馬頭観音菩薩坐像。
24年ごとの午年に本開帳される(中間の午年に中開帳あり)若狭を代表する秘仏です。

9月に訪れた仏像LINKツアーでは落雷による電気系統のトラブルにより、ご本尊 馬頭観音像が安置された収蔵庫は蝋燭の灯りでの拝観となり、10月に訪れたみょうこうさん解説ツアーでは電気トラブルも改善されLEDの輝きの元で拝観させていただきました。
異なる環境下でこの馬頭観音像を拝する機会を得ることが出来たのは非常にラッキーだったと思います。
見にくいというほど暗くはありませんが、やはり蝋燭の灯りで照らし出される秘仏は艶めかしい。
また、現代の電気環境下で拝する馬頭観音像は彫りの細部や像の奥行きをじっくりと見ることが出来ました。


P1100686.jpg
収蔵

IMG_0001(1).jpg
馬頭観音菩薩坐像 重要文化財 平安時代後期 一木割剥ぎ造り 像高100.3cm

なで肩でありながらも猛々しい印象を受ける馬頭観音菩薩像で、中山寺の洗練された美しさと力強さ、生命力を兼ね備えた美術的に完璧なまでの馬頭観音像とは異なり、武骨で禍々しさがあるような、まさに全ての煩悩を食らい尽くすという様なオーラを発散しまくるゴツゴツの馬頭観音像でした。
茶褐色の光沢が忿怒の相と良く合って迫力はどんどんと増しています。
書籍当の評価では穏やかな造形でとの表現が見られたりもしますが、僕個人の想いは凄い迫力だと感じました。
中山寺 馬頭観音像と馬居寺 馬頭観音像を続けて拝観し見比べるという贅沢すぎる時間を堪能させて頂きました。




P1100706.jpg
庫裡

ご本尊を堪能した後に庫裡へと向かいます。
こちらには平安中後期の弁財天像が拝観することが出来ます。
そして堂内には衝撃のお写真が。。。
ご本尊 馬頭観音像は昭和55年に美術院で修復を受けたのですが、その修復前のお姿の写真が飾られていました。
そのお姿たるや!
後世の分厚い彩色にまみれた漫画チックな馬頭観音像のお姿が笑いを誘うように。。。(失礼!)
秘仏にお参りだ!お厨子の扉が開く!出てきたのがこのお像であったなら拝観者はズッコケるよ(笑)
見事な修復で馬頭観音たる威厳を取り戻されたお姿は見る者の心をより強く惹きつけて離さないことでしょう。
「馬居寺 馬頭観音 修復」で画像検索かけてみましょう!(笑)





P1100684.jpg
本堂

P1100700.jpg





本光山 馬居寺(まごじ)
福井県大飯郡高浜町馬居寺3-1
TEL : 0770-72-1264
拝観 : ご本尊秘仏









にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
≪PREVNEXT≫
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ