福井県・谷田部薬師堂「多様な表情を見せてくれた垂れ目の薬師の巻き」

谷田寺から徒歩10~15分ほどの場所に若宮八幡神社があり、この八幡宮の北側同じ境内に平安後期の薬師如来坐像を安置する薬師堂が次の目的地となる谷田部薬師堂です。

お堂というよりは村の集会所といった雰囲気の薬師堂へと上がると目に飛び込んでくるのは目尻の下がった、やや窮屈な感じで施無畏印と薬壺を持つ薬師如来坐像でした。


P1110024.jpg

無題

P1110020.jpg



目尻の下がったそのお顔は見る角度によって与える印象をどんどんと変えていきます。
正面から見る、側面から見る、近くで見る、離れて見る、下から仰ぎ見る。
優しいお顔になったり、垂れ目なのに堂々とした男らしい表情にも見えたり、厳しくも見えたりするんだから不思議です。
おおよそ多くの仏像は見る角度に行って灯りのあたり具合によって表情を変えると思いますが、そこまで変えそうにない様に思えるこの薬師如来の変化に少し驚きました。
その時の心境なども影響すると思いますので、他の方が僕と同じように変化を感じるかは分かりませんが(そこがまた面白い、そして表情を語りながらお顔の写真が少ない...)。


P1100955.jpg
薬師如来坐像 県指定文化財 平安時代後期 マキ材 寄木造り 像高142cm

P1100959.jpg

P1100964.jpg



全体的な造形は定朝様でありながらゆったりというよりは少し窮屈な雰囲気がしました。
脇をしっかりと締めて右手肘の角度も鋭角な気が。
窮屈にグッとしてるなぁと思いだすと、薬壺を持つ手や薬壺自体もどっしりとした印象が出てくるから面白くなります。
最初に持った印象にどんどん引っ張られて全体像や細部の印象まで第一印象にならったイメージになっていく。


P1100969.jpg

P1110004.jpg

P1110008.jpg



説明文を読むとどうやら脚部は後補ではないかとのこと。
というのも、上半身の定朝様の衣紋表現とは異にしたゴツゴツとした彫り口が見られることから後補ではないかとかんがえられるそうです。
上半身に対して脚部は大きいなぁとは思いましたが僕には彫り口の印象までは全然わかりませんでした(笑)
後々に写真を見なおしてみると密に流れる上半身の衣紋と、間隔が広く衣文の山も太い下半身が見て取れこの辺りの違いが”彫り口の硬さ”ということなのかと思いました。


P1100945.jpg

P1100992.jpg



ご本尊の左右には不動明王&毘沙門天の天台脇侍が。
直立の固い動きではありますが可愛らしく堂々。
こういったメインには上らない、見過ごされがちな脇仏が結構熱かったりしますよね。
前の谷田寺 阿弥陀如来坐像もかなり惹かれましたが、ここの毘沙門天像もかなり好きです。
素晴らしい薬師如来坐像とニヤリとさせる不動明王&毘沙門天像をじっくりと堪能させて頂き次の目的地へと移るのでした。


P1100971.jpg

P1100973.jpg







谷田部薬師堂(たにたべやくしどう)
福井県小浜市谷田部42
TEL : 0770-53-1111(小浜市文化課)
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 無し










にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

福井県・谷田寺「素地造り!千手観音菩薩立像の魅力の巻き」

谷田寺。
721年、白山信仰の開祖・泰澄大師が熊野日吉金峰山の神託により一棟のお堂と千手観音菩薩立像及び脇仏を刻み安置したのが始まりだと伝わり、鎌倉期には頭塔十二坊を有する大寺として若狭国の第二の御願所として栄えたといわれています。
現在は平成6年(4年?谷田寺由緒書きにおいて4年、6年と違った記載有)に落慶された収蔵庫(本堂)に当時の興隆を思わせる多数の仏像を安置しています。


P1100721.jpg

P1100928.jpg



ご本尊は千手観音立像。
平安様式を踏襲し刻まれたという鎌倉時代の寄木造り。
像高は179.4cm、カヤの寄木造りで彩色を施さない素地の檀像風です。
下半身の衣紋の造形が古様でありながらスタイリッシュで違和感の様なものを感じたのですが、平安時代の造形を模した鎌倉期の像ですよとご説明いただいて納得。



P1100910.jpg
千手観音菩薩立像 重要文化財 鎌倉時代 カヤ材 寄木造り 像高179.4cm

P1100791.jpg

P1100778.jpg



木肌があらわである分、非常に柔らかで優しい印象を受ける。
合掌手、宝鉢手もふっくらとした指先で本当に穏やか。
膝下に広がる衣紋は美しくて見とれてしまいますね。
翻派式衣文ではありませんが(小波無し)刻まれる大波の流れる美しさはたまらないものがありました。
足の間に刻まれる渦紋表現もや裳のはためき折り目の感じも平安期を感じさせながら、髪筋の彫り込みや耳に掛かる雰囲気は鎌倉時代。
不思議でありながら凄く引き込まれる千手観音菩薩立像でした。


P1100885.jpg

P1100787.jpg

P1100803.jpg


脇侍の不動明王立像、毘沙門天立像も素晴らしい。
堂々の量感と見栄を切った不動明王像。
迫力ある天地眼と牙上下出から、量感があふれだす腹回りの肉感は見事でカッコイイ。
そのカッコ良さを感じさせるのはその姿勢であろうと思います。
左足を踏み出し腰を右に切る。
動きを感じさせる腰周りのたっぷりとした量感が下肢回り、腰から下の衣紋表現をより美しく見せているように思えます。
剣を握る右腕の力の入った曲げの角度は実際にやってみるとかなりキツイ角度。
この手首の1点に集約される力が不動明王たる力強さが溢れているように感じました。
美しく力強い見事な不動明王像です。


P1100736.jpg
不動明王立像 重要文化財 鎌倉時代 ヒノキ材 寄木造り 像高130.7cm


P1100882.jpg


P1100766.jpg


P1100740.jpg
量感たっぷりの腹回り


P1100762.jpg
実際にやってみるとかなりキツイ角度の手首



同じく見事な量感の毘沙門天像。
腰周りから太ももにかけての太さは物凄い圧力で、やはり鎌倉期よりは平安期のどっしり感が伝わってきます。
一本芯の通った重みのある造形で、そこへ鎌倉期のはためく様に腕から延びる衣のたなびき。
裾をぎゅっとと絞ってなお動きがあるのはカッコイイなぁ。
両にたわむ肉感的な頬の造形に中央に寄った目鼻立ちは特徴的で。
そして突き出したお腹に乗る獅子口のカッコ良さ!
ここまで腹回りや太ももの量感が見事であると気になるのはやはり邪鬼!
起き上がろうと足掻きながらも踏みしめられ、目玉を飛び出さんばかりに見せ場を作っているこの邪鬼は素晴らしい。


P1100830.jpg
毘沙門天立像 重要文化財 鎌倉時代 ヒノキ材 寄木造り 像高135.5cm

P1100832.jpg

P1100863.jpg
豪快にはためく袖と圧巻の太ももに腹回り

P1100823.jpg
カッコ良すぎる獅子口

P1100864.jpg

P1100822.jpg
懸命に支える左腕肩口の筋肉!表情もイイ



他にも市指定文化財である精悍な顔つきをされた木造大黒天像、気品ある阿弥陀如来坐像、そして堂内のぐるりを二十八部衆が取り囲んでおります。

P1100850.jpg   P1100848.jpg

P1100816.jpg   P1100808.jpg

P1100726.jpg


数多くの仏像を今に伝える谷田寺。
ご本尊を収めるお厨子や脇檀などは、かつての旧本堂の古材を使用し、また扉も以前の物を使用され往年の面影を残されています。


P1100905.jpg





普門山 谷田寺(たんだいじ)
福井県小浜市谷田部24-4
TEL : 0770-52-2874
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納










にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

福井県・馬居寺「煩悩喰らい尽くす馬頭観音の巻」

この年の秘仏めぐりで最も注目された秘仏が馬居寺のご本尊である馬頭観音菩薩坐像。
24年ごとの午年に本開帳される(中間の午年に中開帳あり)若狭を代表する秘仏です。

9月に訪れた仏像LINKツアーでは落雷による電気系統のトラブルにより、ご本尊 馬頭観音像が安置された収蔵庫は蝋燭の灯りでの拝観となり、10月に訪れたみょうこうさん解説ツアーでは電気トラブルも改善されLEDの輝きの元で拝観させていただきました。
異なる環境下でこの馬頭観音像を拝する機会を得ることが出来たのは非常にラッキーだったと思います。
見にくいというほど暗くはありませんが、やはり蝋燭の灯りで照らし出される秘仏は艶めかしい。
また、現代の電気環境下で拝する馬頭観音像は彫りの細部や像の奥行きをじっくりと見ることが出来ました。


P1100686.jpg
収蔵

IMG_0001(1).jpg
馬頭観音菩薩坐像 重要文化財 平安時代後期 一木割剥ぎ造り 像高100.3cm

なで肩でありながらも猛々しい印象を受ける馬頭観音菩薩像で、中山寺の洗練された美しさと力強さ、生命力を兼ね備えた美術的に完璧なまでの馬頭観音像とは異なり、武骨で禍々しさがあるような、まさに全ての煩悩を食らい尽くすという様なオーラを発散しまくるゴツゴツの馬頭観音像でした。
茶褐色の光沢が忿怒の相と良く合って迫力はどんどんと増しています。
書籍当の評価では穏やかな造形でとの表現が見られたりもしますが、僕個人の想いは凄い迫力だと感じました。
中山寺 馬頭観音像と馬居寺 馬頭観音像を続けて拝観し見比べるという贅沢すぎる時間を堪能させて頂きました。




P1100706.jpg
庫裡

ご本尊を堪能した後に庫裡へと向かいます。
こちらには平安中後期の弁財天像が拝観することが出来ます。
そして堂内には衝撃のお写真が。。。
ご本尊 馬頭観音像は昭和55年に美術院で修復を受けたのですが、その修復前のお姿の写真が飾られていました。
そのお姿たるや!
後世の分厚い彩色にまみれた漫画チックな馬頭観音像のお姿が笑いを誘うように。。。(失礼!)
秘仏にお参りだ!お厨子の扉が開く!出てきたのがこのお像であったなら拝観者はズッコケるよ(笑)
見事な修復で馬頭観音たる威厳を取り戻されたお姿は見る者の心をより強く惹きつけて離さないことでしょう。
「馬居寺 馬頭観音 修復」で画像検索かけてみましょう!(笑)





P1100684.jpg
本堂

P1100700.jpg





本光山 馬居寺(まごじ)
福井県大飯郡高浜町馬居寺3-1
TEL : 0770-72-1264
拝観 : ご本尊秘仏









にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

福井県・中山寺「写実性の到達点、湛慶作と伝わる馬頭観音像の巻き」

9月13日、4度目の参加となる仏像LINK主催の秘仏ツアーへと参加させて頂き、福井県若狭の秘仏を堪能させて頂きました。
速報として以前にダイジェスト記事を書いておりますので、勢いはそちらで感じて下さい~。
また、10月27日にも福井県 朝日観音 福通寺ご住職であり福井県立郷土歴史博物館の学芸員であるみょうこうさんの解説付きという豪華なツアーにも参加させて頂き、両ツアーを合わせて記事にしていこうと思います。

さて仏像LINKツアーでは1寺目、みょうこうさん解説ツアーでは2寺目となったのは、今年の若狭秘仏巡りでメインに企画されるバスツアーも多かったであろう中山寺と馬居寺のダブル馬頭観音ご開帳のうちの1ヶ寺、中山寺へと向かいました。
平成22年から24年までにも本開帳されていましたが、今年の馬居寺の33年に1度の本開帳に合わせ若狭秘仏めぐりの一環にも沿う形でと、中山寺もご開帳が実現し拝観させて頂けることになりました。

中山寺。
京都府と福井県の県境に位置する若狭富士と呼ばれる青葉山中腹に位置し、平城天皇の勅願により泰澄大師が創建したと伝わります。
ご本尊は馬頭観音菩薩像で、古来より海上交通の守り仏として広く信仰されてきた仏さまです。
また、中山寺の馬頭観音は湛慶の作として伝わり、非常に生々しく畏怖堂々のカッコイイ馬頭観音様です。

まずは迎えてくれる仁王門にも湛慶作と伝わる力強く凛々しい仁王像が。
網目のガラス張りで非常に見づらく、見仏的には残念なんですが文化財保護の観点からは致し方ないですね。
雨風がダイレクトに当たる屋外ですから。

P1100654.jpg

DSCF2869.jpg

DSCF2870.jpg



そして本堂です。
ひんやりとしたお堂へ足を踏み入れ堂内へと歩を進めていくと...
素晴らしいライティングで厨子内を照らし出されご本尊の馬頭観音像が浮かび上がります。
ご本尊を目にした途端にグッと体温の上昇を感じるような、堂内の気温がグッと上がるような、熱気的なものを感じました。
それはこの生々しいまでの生気を放つご本尊から感じる温かさなのか。
鎌倉時代に慶派によって花開いた写実性の最高峰がこの馬頭観音像ではないかと思えるほどの”生きている”感は物凄いものがあり、何度訪れても息を飲んでしまい吸い込まれてしまいます。

実はご開帳の年には4度も訪れており、見慣れたと言っても良いくらいかもしれない仏像であるため、ツアー中の他の寺院で初めてお会いする仏像に心は飛んでいた面はあったはずなのに、しかし!しかしなんです!

それでもなお夢中にさせてくれる魅力にあふれる物凄い馬頭観音像であるのが中山寺の馬頭観音像です。
体部より伸びる6本の腕はどれもが生々しく今にも動き出しそうで。
坐した脚部の足裏を見て下さい。

ひっそりと動きを表した足の親指の躍動感と美しさ。
どんなに細かな部位に目をやってもそこには溢れんばかりの生命力が宿っている見事な像でした。
湛慶は写実性の到達点に辿り着いたのかもしれません。

P1100659.jpg

P1100679.jpg

nakayamabatou.jpg



また脇仏にも素晴らしい不動明王立像と毘沙門天立像が。
寄木の継ぎ目があらわとなり彩色も雨ざらしであったかのような感じで、朽ちた感を感じてしまう雰囲気ではありますが腰を突き出し立つ姿は儚くもあり堂々としている毘沙門天立像。
憤怒相でありながら、憤怒相の中に慈悲の心で見つめる不動明王の内面が溢れているような、厳しくもどこか優しさを感じるお顔をされた不動明王立像。
堂内にはご本尊以外にも素晴らしい仏様がいらっしゃいました。

P1100665.jpg

P1100666.jpg


P1100671.jpg

P1100673.jpg




青葉山 中山寺(なかやまでら)
福井県大飯郡高浜町中山27-2
TEL : 0770-72-0753
拝観 : ご本尊は秘仏
拝観料 : 400円
駐車場 : 有り









にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

福井県 / 若狭秘仏巡り!④

本日の予定は残すところ歴史資料館のみとなりましたが時間的に余裕が有り、急遽羽賀寺と国分寺を追加することに。
羽賀寺は4月に訪れたのですが"あの"十一面観音菩薩にどうしてもお会いしたくなり向かいました。近かったしね。
静かな境内にはふくよかな地蔵様がにっこり。

IMG_0070_convert_20121003184011.jpg     IMG_0073_convert_20121003184056.jpg


薄暗い本堂内 お厨子の中には密教感バリバリの十一面観音菩薩立像。
像高146.4cm 元正天皇の御影と言われる気高く美しい女性的な十一面観音です。
彩色が非常によく残り当時の色彩感覚が見て取れます。
衣の造形も複雑で折り返しや翻波式衣紋、右手首に架かる天衣など非常に素晴らしいです。
異常なまでに長い右腕、細く長く艶かしい指など見所は随所にあります。
元正天皇の勅願での造仏ですので当時の相当の仏像工房に依頼があったはずですし、10世紀の最高峰の仏師による最高傑作のひとつに数えられる仏像だと思います。

また、厨子脇にいらっしゃる千手観音菩薩立像は平安後期の作風を示しておりこちらも見応えがあります。
像高135.4cm。 本尊が一木造りであるのに対しこちらは桧材の寄木造り。また、彩色も施されてはいなかったようです。
優しいお顔に浅く彫られた衣紋がすーっと流れる。凄く穏やかで慈悲を感じさせていただける千手観音です。
本尊と見比べてみるのも、その造作の違いなどを楽しめて良いと思います。


184.jpg 小浜市HPより   186.jpg 小浜市HPより


そして歴史資料館には2体の仏像が特別展示。
長福寺の十一面観音菩薩と青蓮寺の聖観音菩薩です。

siryou.jpg


十一面観音は像高110cmで桧材の一木造り。鎌倉時代の仏像だそうですが衣の襞や衣紋は簡略化された平安末期にみられるような造形でした。
お顔は穏やかで静かな顔立ち。 優しく見守るお姿の菩薩像で胸の前で合掌している姿にほっとするような印象を受けました。
村で守られてきたんだなぁと思いながら拝観させて頂きました。

聖観音菩薩は像高53.5cmの壇像風仏像で僕の大好きな部類の仏像です(笑)
右足を上げ腰をひねる姿はバランスもよく美しい。
衣紋の流れも綺麗で小像でありながらその造形の密さに惚れ惚れします。

zyuuiti.jpg 小浜HPより  syoukan.jpg 小浜HPより


本日最後の拝観の地は若狭国分寺。
TV見仏記で見てよりこちらの薬師如来にお会いしたくてたまらなかったので最終間際に詰め込みました(笑)

DSCF3607_convert_20121003200112.jpg     DSCF3605_convert_20121003200127.jpg

DSCF3606_convert_20121003201752.jpg


本堂には丈六を超える大仏釈迦如来坐像が安置され、薬師堂には本尊薬師如来に脇仏として釈迦如来坐像、阿弥陀如来坐像が安置される。
お目当ての釈迦如来坐像ですが、もうめちゃめちゃ美仏。
偏り流れ膝元でうねる衣紋は見事で、端整で美麗な顔立ちは鎌倉期の造仏で間違いない特色を示しています。
単純にカッコイイと表現したくなるほどにカッコイイ薬師です。
美しく切れがあるというか鋭さを感じ入ります。
独特な風貌の多いように感じる薬師如来にあって非常に美しくカッコイイ薬師如来でした。

daibutsu.jpg 小浜HPより  yakushi.jpg小浜HPより

amida.jpg 小浜HPより   syaka.jpg 小浜HPより



本日も素晴らしい一日なり

IMG_2905[1]_convert_20121003181335


にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
≪PREVNEXT≫
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ