仏像リンク主催!山形宮城仏オフツアー!ダイジェスト速報

7月12日、13日と2日間に渡って仏像リンク様主催の山形宮城仏オフツアーに参加してきました。
前回の茨城ツアー、前々回の東京・神奈川に続いて3度目の参加でしたが、今回は初の2日に渡る宿泊ツアーでした。
朝の8時40分に東京駅へ集合し、そこからバスで一路宮城県へ。

1寺目は宮城県角田市の勝楽山 高蔵寺。
こちらで拝観させて頂いたのは国の重要文化財に指定された平安後期から鎌倉期へかけての丈六阿弥陀如来坐像。
堂内いっぱいに堂々と坐された非常に厳しいお顔をされた威厳たっぷりな方でした。
また、脇には多数の破損仏が。。。
その中にはご本尊の阿弥陀様より5、60年ほど古い阿弥陀如来坐像も。
各部が破損し失われていることで寄木造りの仕組みが良く見て取れます。

P1080623_convert_20140717130859.jpg


2寺目に高蔵寺のご住職にご案内いただいて小針薬師堂へ。
鎌倉中期 建長6年の年号がある薬師如来坐像が安置され、10名ほどに分かれて順番に堂内へ入り拝観させて頂きました。
ここで出会った薬師如来坐像がこの日もっとも心に来た仏様となりました。
頭の大きな地方古仏薬師如来像で非常に印象的でグッとくる圧が物凄い方でした。
周りもザワザワみんな凄い凄いと顔を見合わせてしまいましたね。

P1080686_convert_20140717130959.jpg


3寺目は宮城県柴田町の大光院。
こちらでは「発汗(あせかき)如来」と呼ばれる阿弥陀如来坐像4体を拝観。
前回ツアーでも鉄仏に出会いましたが、この阿弥陀様4体も鉄仏。
元は五智如来として祀られていたそうですが、現在は1体が失われ4体でお祀りされています。
お地蔵様のように赤い頭巾に前掛けをかけられて非常に可愛らしい印象でした。

P1080704_convert_20140717130909.jpg


そしてこの日最後に訪れたのは山形県山形市鮨洗の宝積院。
ずっと前から会いたかった檀像十一面観音立像でムッチムチの量感たっぷりの方で、海住山寺の十一面観音さんが太った感じ。
像高は52cmほどで小さな方でした。 ガラス越しの拝観だったんですが目の前で見れたので大満足。

IMG_0001(1)_convert_20140717132209.jpg


この日の拝観は以上となり宿泊するホテルへと向かい夜は親睦会へとなだれ込みます。
拝観中にはあまりお話しできなかった方ともいろんな話をたくさんすることが出来ましたし、めっちゃ有意義な時間を過ごしました。
次の日の朝は少し二日酔い気味でしたが(^^;



2日目は早朝拝観の為、早起きして慈恩寺へ向かいます。
今ツアーのメインイベントで仏像が目白押しで、しかも物凄い仏像だらけ。
ご本尊の弥勒菩薩を釈迦如来、地蔵菩薩、不動明王、降三世明王が取り囲む空間は異質で物凄いオーラでした。
他にも非常に美しく儚い欠け仏、菩薩坐像は心を締め付けられるような美しさで、守ってもらう側の僕の方が守ってあげたいと思ってしまう儚さを感じました。
十二神将像の筋骨隆々の躍動感は今まで見た十二神将の中でも1番かもしれない。
もう書き綺麗ほどの仏像がいらっしゃいました。

IMG_0002(1)_convert_20140717132216.jpg


次に訪れたのは山形県寒河江市平塩の熊野神社と平塩寺。
この二つは並んで立っているので、2班に分かれて交互に見る形。
熊野神社には大きな十王坐像が2体いらっしゃいました。
威圧的な表情にも見える力強いお顔で迫力満点。
夫婦の神像かもしれないとの説もあるそうで、なかなかに妖しい雰囲気に包まれる空間でした。

P1080817_convert_20140717131120.jpg


平塩寺では阿弥陀三尊像を拝観。
慈悲深く美しい三尊像でした。
特に勢至菩薩像のお顔は本当に尊い美しさでウットリしてしまいます。
鎌倉以降のお像だと思ういますが、優美で本当に静かに綺麗な方々でした。

P1080889_convert_20140717131230.jpg


そして山形市釈迦堂の法来寺では清凉寺式釈迦如来立像を。
閉じられたお厨子が開く瞬間はまるで記者会見の様な状態。
表れた釈迦如来像は素晴らしい造形美で、衣文線の美しさは暗がりの中で遠目に見てもはっきりと分かる美しさ。
お顔も凛々しくてやっぱり清凉寺式釈迦、手が大きい。
お厨子も立派で素晴らしく、薄明かりの中に浮かび上がる釈迦如来の美しさは本当に素晴らしかった。

P1080964_convert_20140717131320.jpg


山形最後のお寺は松尾山観音。
このツアーで最も鳥肌が立った瞬間が訪れます。
こちらも法来寺さんと同じで訪れた際はお厨子が閉じられており、ご住職の手によって扉が開かれます。
表れたのは3mを超える2体の観音像。
手先を失われていたり、お腹に大きな傷があったり、足元は割れて朽ちていたりと痛々しいお姿ではあるのですが、
神木的な神々しさと大切に拝まれてきた信仰心の塊がそのまま仏の姿になったような圧倒的に心に訴えかけてくる観音像でした。

P1090064_convert_20140717131438.jpg


最後は宮城県へ戻ってきての仙台市博物館。
7月4日から催されている「室生寺展」へ行ってきました。
東日本大震災復興祈念特別展と銘打たれた展覧会で、その復興を祈念したものであるが、
室生寺は1998年に台風により五重塔が大きな被害を受けました。
全国からの篤い支援によりわずか2年で復元された五重塔。自然災害により大きなダメージを受けても人々の温かい支援があれば、やがては必ず立ち直ることが出来る。そのことを身を持って体験された室生寺からの東北への恩返し、復興支援がこの室生寺展です。
室生寺に安置されるおおよそほとんどの仏像が出展されるという展覧会で、室生寺ではお堂が空の状態にまでなっています。
そこまでしても東北の復興を願った室生寺の心がいっぱいに詰まった展覧会でした。
「室生寺展」に関しましては詳細を近々UPする予定です。

IMG_7896[1]_convert_20140717131703



大まかに今回のツアーを振り返って見ましたが、思い出すだけでもボーっとしてしまい心ここにあらず状態になってしまう素晴らしいツアーでした。
記事を書いてるうちも思い出して目頭が熱くなってくるような、感動が蘇って仕方ありません。
各寺院さんの詳細は後日、少しずつ更新していきたいと思いますので宜しくお願いします。

主催して下さったよっくん、参加されました仏友の方々、今ツアーの為にお堂を開いて下さった寺社関係者様、本当にありがとうございました。

当日の参加者様によるTwitterの纏めがありますので、そちらをご確認いただくとより一層このツアーの詳細や興奮が感じれるのではと思います。
まとめて下さったカレー大好きフクさんありがとうございます、お疲れ様でした。

山形宮城仏オフ まとめ(仏像リンク主催)







にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

仏像リンク!茨城仏オフ秘仏ツアーの巻き

6月28日の土曜日、行ってきました仏像リンクの秘仏ツアーへ!
前回の4月19日・東京神奈川のツアーに初めて参加させて頂いてからの2回目!
今回も素晴らしい仏像を巡ってきました。
詳細は追ってアップしていきますがとりあえずは速報を!

どんよりとした曇り空の中、始まりました茨城仏オフ秘仏ツアー。
今回はバスツアーとなっており集合場所には「仏像リンク様」との札を掲げたバスが!素晴らしい。

P1070338_convert_20140701194847.jpg


まずは向かいました1寺目。
今回のメイン仏となる雨引観音こと楽法寺!
八臂の観音立像で不空羂索観音とも考えられているという秘仏とご縁を頂きました。
腰が細くて細くて!お厨子内にいらっしゃるため正面からのお姿しか分かりませんが、横から見ると体幹は薄い方なのでは?!いやいや八臂の腕を有するのだから相応の太さがあるのでは?!なんて意見が飛び交っておりました。
仏像好きが集まって巡るのはこれがあるから面白いし素晴らしい!
いろんな意見や情報、知識があちこちで飛び交っていますw

P1070310_convert_20140701194613.jpg



2寺目は妙法寺。
驚きの即身仏が!
地を這うがごとくに身を屈め大きく口を開けた舜義上人の即身仏が祀られていました。
いや~度肝抜かれますね。
向かう間のバス内でも、見れるの?即身仏見れるの?とみんな鼻息が荒いw
須弥壇には薬師如来の様に見える釈迦と伝わり現在阿弥陀様という時代の移り変わりを経てこられた如来坐像を中尊に脇侍に観音菩薩、伝虚空蔵菩薩を従えて三尊形式でいらっしゃいました。
ご本尊にお参りして。。。と思っていたらご本尊は阿弥陀三尊の後ろ、うっすらと影だけが見える地蔵菩薩立像でした。
ん~凄い配置だ。

P1070346_convert_20140701194554.jpg
舜義上人が即身仏となるために入った棺?の阿弥陀像


3寺目は弥勒教会。
伝運慶と伝わる弥勒仏で衣の表現が非常に素晴らしく流れる流れる。
また、正面から見る瞳は凛々しく力強いんですが側面から拝むお顔の慈悲深い事。
優しい優しい本当に優しい目をされていてうっとりとしてしまいました。
力強さと慈悲深さを持った本当にグっとくる弥勒仏でした。
弥勒菩薩はあっても、弥勒如来の立像って初めて見たかも?

P1070373_convert_20140701194649.jpg



3ヶ寺を巡ってやっとのお昼は2時頃。
おなかペコペコで向かったのはそば処とき。
そば粉の香り舌触りが素晴らしくて美味しかったなぁ~
あれだけお腹減ってたらなんでも美味いという声も。。。

お昼を経て向かった4寺目は来迎院。
教育委員会の方が同行して下さり説明を頂きます。
非常にサーファーチックで教育委員会という肩書きとのギャップにみんな口が開くw
しかし説明は非常にわかりやすくて簡潔。
しかも話を聞けばmixi仏像コミュの会員であるとか!なんて素晴らしいんだ!
で、仏像ですが、茨城県指定文化財の阿弥陀如来坐像を拝観させて頂きました。
頭部の非常に大きな方で下方より仰ぎ見るような環境を想定されて造像されたのでしょうとの事。
頭の大きな、失礼ながらも可愛いなぁとの印象を受けた阿弥陀様でした。
地方佛に会いに来た感があふれる大好きな阿弥陀様でした。

P1070472_convert_20140701194704.jpg



続けて教育委員会の方に案内いただいて5寺目、常陸太田市の鉄造阿弥陀如来立像。
僕にとって今日一となる阿弥陀様です。
お写真はおろか触れることを許されたのです。
触れてもいいとのお言葉を頂いてみんなが触れたのはやはり御手。
僕も触れさせて頂きましたが、衆生の恐れを取り除いて下さる印相、衆生の願いをかなえて下さる印相。
その印に直接触れる機会が訪れようとは夢にも思わず、そっと触れさせて頂いた印から伝わる、気のせいでしょうが温かさを感じめちゃめちゃ心が震えました。

P1070508_convert_20140701195453.jpg



本日最後に訪れたのは菊蓮寺。
大きな千手観音立像に驚きの声を。
階段を上り、見えてきた収蔵庫の扉は開かれており。。。目に飛び込んでくる千手観音の大きさ素晴らしさは圧巻!
うっわぁ~~と声出してしまいました。
ご住職からお聞きした、目の見えない子供が描いた母親の絵の話に涙腺が緩む。。。
その後、本堂へ上がらせて頂き木魚をポクポクポク。。。
楽しい。。。めっちゃ楽しい。。。w

P1070571_convert_20140701194816.jpg



秘仏めぐりを終え、集合場所の池袋へ戻って解散。
その後、カレーのお店BUDDHAへと連れて行っていただき、本当においしいカレーを頂き大満足。
今回のツアーでも各地から集まった仏友の方々と近くなり、どんどん仲良くなれたことがやっぱり一番の縁。
このご縁を頂くための秘仏ツアーでもあるわけで主催者様には感謝しかありません。

次の秘仏ツアーは2週間後の山形ツアー。
もちろん参加させて頂きますし、当ブログでも速報、そしてTwitterでもリアルタイム速報していきます!

主催者様はじめ参加された皆様、秘仏ツアーにご協力頂いた寺院、教育委員会の方々、本当にありがとうございました!





にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

速報 5月1日 京都巡り!南山城展と非公開文化財特別公開の巻き

昨日の5月1日に京都へ出かけてきました。

この日の目当ては京都国立博物館で催されている「南山城の古寺巡礼展」です。
Twitterで見かける絶賛の嵐にめちゃめちゃ楽しみに出かけてきました。
ちょうど現在は非公開文化財特別公開の真っ最中という事もあり、公開中の寺院も含めて巡る。
しかし夕方からは別件の用事があったので特別公開で巡れたのは千本釈迦堂、尊勝院の2寺のみ。
残念ですが仕方ありません。

ではではまずは最初に訪れた千本釈迦堂。
快慶の弟子行快の作である釈迦如来坐像が特別公開。
通常は年に4回の行事の折りにだけ公開されるご本尊が公開されています。
千本釈迦堂へは過去に何度も訪れていますが、ご本尊と対面したことはなくいつもお写真でした。
この機会を逃すまじと凛々しく力強い釈迦如来坐像にお会いしてきました。

P1060165_convert_20140502195314.jpg


次に尊勝院を訪れ地蔵菩薩像にお会いしてくる。
通称 米地蔵と呼ばれ親しまれている平安初期の地蔵菩薩立像。
その他にも多数の仏像群があふれ、またライトアップの具合も非常に良く密教の雰囲気が非常にあふれた空間を演出。
天台宗に良く見られる形式の脇侍が毘沙門天&不動明王。この2像が共にカッコ良かったなぁ。
内陣へ入り間近での拝観が許され非常にじっくりと見ることが出来ました。
尊勝院をチョイスして間違いなかったと思えた素晴らしい空間でした。

P1060176_convert_20140502195335.jpg



そして京都国立博物館へ。
もう素晴らしすぎて圧巻でした。
詳しくは本編で書きたいと思いますが、この展覧会を見て思うことは南山城を巡りたい!
もうめちゃめちゃ巡りたくなりますよ。
南山城地域の仏像を一度に見れて巡る手間が省けた!良かった良かった!とは決してならない。
南山城への想いが爆発してしまう空間です。
必ず南山城を巡ろうと思わずにはいられない空間。
何度か拝観させて頂いたことのある方がほとんどでしたがそれでも強烈にお寺への再訪を思わずにはいられませんでした。
グッズも充実しててたまりません。
めちゃくちゃ購入しちゃいました(笑)

IMG_7408_convert_20140502195357.jpg



特別公開で巡りたいお寺は他にもありましたが、それでも大満足な一日でした。
南山城展は浄瑠璃寺の薬師如来の展示期間に再訪しようと思います。
またあの素晴らしい空間に浸りたいと思います。









にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

速報!関東方面 秘仏ツアー!そこは至福のパラダイス!

4月19日、初めての関東方面への仏像拝観に出かけてきました!
mixiのコミュニティ・Sexy仏像&仏Listのよっくんさんが企画してくださった秘仏ツアーに参加させて頂いたんですよ!
見仏界のトップランナーよっくんさんが企画される秘仏ツアー、それはそれは凄い企画でした。
素晴らしい仏像の数々と、素晴らしい仏友。これほどの幸せな空間があるのでしょうか?
参加総数70名を超えるほど!本当に楽しくて至福の時を過ごしてまいりました。
詳しくは後日UPしていきますが今日は速報を!

まず訪れたのは神奈川県川崎市高津区にある能満寺。
こちらでは12年に1度のご開帳、聖観音菩薩立像を。
平安期の作ですが後補により玉眼を施されキリリとした鎌倉期の双眸を手に入れられた方です。
ボリューミーな体に小顔が乗ったどこかアンバランスさも漂う魅力を持たれてましたね。

P1040724_convert_20140420235538.jpg



能満寺から歩ける距離に影向寺。
こちらでは薬師三尊&十二神将像。
平安後期の薬師三尊に吸い込まれ、抜群の踏まれっぷりの邪鬼!
神将のお顔には慶派の匂いを感じドキドキしました。
運慶の毘沙門天が頭に浮かんだりもしました。

P1040785_convert_20140420235555.jpg


金沢文庫。
天平の素晴らしい菩薩半跏像。
歓喜天にも夢中になりましたね!
この次に向かう龍華寺の仏像が多数いらっしゃいましたね!

P1040855_convert_20140421000303.jpg




龍華寺。
秘仏公開中の大日如来像に加え、この企画の為に特別に公開して下さった三面大黒天像に地蔵菩薩坐像!
色気のある地蔵菩薩さまでした。
伏した目のたたずまいが静かで美しかったですね。

P1040941_convert_20140420235629.jpg




ここから大移動を繰り広げての実相院。
こちらも能満寺さんと同じく12年に1度の特別公開、平安期の聖観音菩薩立像。
ユーモラス爆発の仁王像がお出迎えして下さいました!
ご本尊は霊木神木的な圧がある方で神秘的な雰囲気に包まれていました。
ちょっと遠くてお顔などは見えませんでしたが(^^;

P1040956_convert_20140420235645.jpg




最後に秘仏を特別に公開して下さった明王院。
室町期の如意輪観音菩薩像で修復前と修復後の印象がガラリと違う方でした。
33.9cmの小さな方ですが迫力を感じましたね。

P1040969_convert_20140420235723.jpg




そして20日は個人的に東京国立博物館へ!
「栄西と建仁寺展」と法隆寺館に彫刻室とやや駆け足でしたが仏像を中心に見てきました!
法隆寺館のズラリと並ぶ金銅仏群はあっかんでしたね。

P1050150_convert_20140420235745.jpg



本当に充実した2日間で数々の素晴らしい仏像と、何よりも心を同じくする仲間と共に巡り、お酒を飲むというこれ以上ない幸せな時間を作って下さったよっくんさんにBig Up !!Nuff Respect!!!

湖東三山秘仏めぐり速報!

行って参りました湖東三山!
一昨年の紅葉期にお参りさせて頂いたのですが、この春に湖東三山スマートIC開通記念で三山のご本尊が同時開帳されており、この機会を逃すまじとお参りしてきました。
2006年に奇跡の同時開帳があったそうですが、この時の僕は仏像に興味は持っていたものの拝観するには至らず老後の楽しみにと考えていた程度。
一昨年訪れた際に同時開帳があったことを知り、あぁ僕はもう見ることは出来ないかもなと諦めていました。
そこへ飛び込んできたこの同時開帳!小躍りしながら行ってきましたよ(笑)

まずは百済寺。
像高3mっを超える素晴らしい十一面観音像で奈良時代との記載が!
な、な、な、な、、なんと奈良時代!?
肩を張った衣文線が密密な凄い方がいらっしゃいましたよ!


そして金剛輪寺へと向かい「生身の観音さま」こと聖観音菩薩立像を内陣まで入らせて頂いての拝観。
個人的にめちゃめちゃ良かった。
ちょっと釘付けになってしまいました。

最後に西明寺。
こちらのご本尊は薬師如来立像。
平安期のたっぷりとしたお方。
外陣からの拝観。
堂内で見ていた時の印象と、帰ってから購入したお写真で見る印象がまるで違った不思議方でした。


詳細はまた後日おってアップします!
本当に素晴らしい機会を頂けて大満足でした。
5月に母を連れて再訪する予定です!




にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
≪PREVNEXT≫
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ