奈良県 ・ 達磨寺「扇状に広がる千手観音の巻き」

1月30日。

今年の仏像初めは地元奈良から。
一発目から素晴らしい千手観音菩薩像とお会いしてきました。

P1020420_convert_20140206003419.jpg

P1020421_convert_20140206003427.jpg

P1020418_convert_20140206003437.jpg

P1020388_convert_20140206005403.jpg



達磨寺。
奈良県王寺町にあるそのお寺は本尊を千手観音菩薩、達磨大師、聖徳太子とし三尊形式で須弥壇に祀られています。
中尊に千手観音菩薩坐像、向かって右側 達磨大師像、左に聖徳太子像がいらっしゃいます。
達磨大師像、聖徳太子像は国の重要文化財に指定され、千手観音像は王寺町指定文化財。
達磨大師像は椿井仏師集慶、聖徳太子像は大仏師法印院恵・法橋院道の作、千手観音菩薩像には大仏師雲渓作とそれぞれの墨書から判明しています。

聖徳太子像。
像高は93.2cmの寄木造り。鎌倉期の院派仏師の作である事が墨書より判明。
険しい表情をされていて力強くシャクを持っています。
大柄に見えるような迫力と量感があって聖徳太子のイメージが変わりそうです(笑)

P1020321_convert_20140206003539.jpg
聖徳太子坐像 国指定重要文化財 像高93.2cm 寄木造り 1277年造


P1020382_convert_20140206003556.jpg

P1020384_convert_20140206003610.jpg


達磨大師像。
像高は88cmの寄木造りで定印を結びゆったりと大らかに坐されています。
ゆるやかに流れる衣文の表現と体躯の力強さ顔の肉付きの表現と強弱というか緩急の表現が素晴らしいなと思いました。

P1020322_convert_20140206003627.jpg

P1020324_convert_20140206003640.jpg
達磨大師坐像 国指定重要文化財 像高88cm 寄木造り 1430年造




そして千手観音菩薩坐像。
76.8㎝の寄木造りで造像当時はおよそ500の腕を持つ像だったそうです(速報での1000の腕は間違いでした(^^; )。
室町期の仏像のお顔によく見られる面長でふっくら頬の伏し目がちなお顔をされています。
院派仏師のお顔ですよね。
脇手は扇のように体を包み込むように広がり、まるで孔雀の尾のような美しさがあります。
やや頭部が大きめな造りで伏し目がちな視線とよく合っているように思います。
脇手の広がりやバランスの良さがきれいで見惚れてしまうのでした。
衣文表現は簡素で派手さはありませんが膝上で独特な折り返しを見せたりユニークです。
頭頂部の10面は前面に憤怒相がきて後方に慈悲相が並ぶこれも特徴的な感じです。
見どころがたくさんある素晴らしい千手観音菩薩坐像です。

P1020331_convert_20140206004249.jpg
千手観音坐像 王寺町指定文化財 室町期 像高76.8cm 寄木造り




P1020332_convert_20140206004306.jpg

P1020330_convert_20140206004237.jpg

P1020357_convert_20140206004427.jpg

P1020337_convert_20140206004341.jpg

P1020349_convert_20140206004413.jpg

P1020368_convert_20140206004512.jpg

P1020365_convert_20140206004459.jpg

P1020380_convert_20140206004528.jpg

P1020360_convert_20140206004443.jpg

P1020342_convert_20140206004355.jpg







P1020389_convert_20140206005413.jpg

P1020413_convert_20140206005431.jpg

P1020414_convert_20140206005447.jpg

P1020311_convert_20140206003520.jpg





2014年1発目から素晴らしい仏像に出会うことが出来た仏縁に感謝し大阪へと移動するのでした。
そして大阪市立美術館でも食い入るように仏像を見ることになるのだ。



臨済宗南禅寺派
片岡山 達磨寺(だるまでら)
奈良県北葛城郡王寺町本町2-1-40
TEL : 0745-31-2341
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り



大きな地図で見る








にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

ケノーベル エージェント - 2014年02月06日 08:50

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/06 08:50)

北葛城郡王寺町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ