京都府 ・ 長安寺「33年に1度の秘仏薬師の巻」

秘仏本尊33年ぶりの御開帳。
この春に催された京都府福知山市の長安寺のお話。

住処は奈良県な迦楼馬ですが仕事は出張中でありまして。
その地域が福知山方面。
ですので、仕事で現場を回っている折に長安寺秘仏公開のポスターを見かける機会を得てこれこそ仏縁だと必ず訪れることを誓っておりました。
しかし訪れることが出来たのは公開最終日の5月8日。
あまりにも仕事が忙しく、拝観を断念せざるをえないかと覚悟した最終日になんとか機会を得ました。

巡り合うことが出来た薬師如来は魅惑的な地方仏で素晴らしい。
ポスターを見た時からこれは大好仏だぞと分かってはおりましたが実際に目にするとその感動はひとしお。

P1010850_convert_20130719212928.jpg

P1010852_convert_20130719212948.jpg

P1010856_convert_20130719212956.jpg

P1010918_convert_20130719214940.jpg

P1010914_convert_20130719214938.jpg




像高106cm御前立ちとして秘仏本尊の厨子前で座する薬師如来からして平安期の薬師如来坐像。
薄い胸板にしっかりとした量感ある下半身。
朽ちた感はありますが失礼ながらにそれがまた素晴らしい。
風雨にさらされていたのか幾筋もの亀裂やデコボコが浮き出ていますが儚さを感じ見入ってしまいます。
お顔立ちも優しく遠くを見つめる眼差しと力強い意思を感じる口元に薬師のご利益を感じますね。



P1010879_convert_20130719213037.jpg

P1010880_convert_20130719213103.jpg

P1010882_convert_20130719213136.jpg

P1010877_convert_20130719213147.jpg

P1010878_convert_20130719213204.jpg

P1010862_convert_20130719213241.jpg





そして秘仏本尊は御前立ち仏の胎内より発見されたいわゆる胎内仏。
像高は41.5cm。
平安初期の造仏です。
あまりの妖しさにゾクゾクします。
寸胴で深い彫り口。
ざっくりと彫り上げた簡易的な壇像風でもあり翻波式衣紋表現を取り入れたような衣紋表現と面白い。
都の造仏の流行や奈良時代の壇像様式を周到した様な地方仏師が知りうる知識を動員して掘り上げたような(笑)そんな熱さ強さを感じる薬師如来です。
ざっくりの衣紋の彫り込みや三道(四本あるけど)など非常に魅力的でまじまじと見入ってしまいます。
美しく流れる衣紋の素晴らしさとはまた違った一彫り一彫りに力がこもり思いがこもった素晴らしさを感じます。
妖しいなぁ妖しいなぁ。
次にお会いできるのは33年後。
てことは68歳か。
きっと再会出来るな。
必ず会いに来ようと思います。

P1010873_convert_20130719213919.jpg

P1010874_convert_20130719213925.jpg

P1010875_convert_20130719213942.jpg

P1010903_convert_20130719214007.jpg

P1010899_convert_20130719214310.jpg





P1010921_convert_20130719215221.jpg

P1010853_convert_20130719215234.jpg

P1010855_convert_20130719215215.jpg

P1010905_convert_20130719215336.jpg

P1010913_convert_20130719215155.jpg

P1010909_convert_20130719215156.jpg




長安寺
京都府福知山市奥野部577
TEL : 0773-22-8768




にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

トラックバック

ケノーベル エージェント - 2013年07月20日 09:03

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/20 09:03)

福知山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ