奈良県 ・ 東大寺 千手堂「東大寺の鎌倉期の巻」

4月10日。
東大寺の千手堂が特別公開されているという事で拝観に訪れました。
奈良県東大寺。
幾度となく訪れていますが未だ拝めぬ仏像がまだまだいらっしゃいます。
今回の千手堂 千手観音菩薩立像も初見の仏像であり、鎌倉期の千手観音であるとのことで期待に胸ふくらませ拝観へと出かけてまいりました。

P1010804_convert_20130509215549.jpg


8日より1週間の公開で僕が訪れたのは公開から2日目。
にもかかわらず拝観の人出は穏やかなものでした。
大仏殿周辺は人人人の大賑わいでしたが。。(笑)
僕的にはゆっくりと拝むことが出来るので人手が少ないほうが良いです。
仏像好きな方なら人手が少ないと嬉しいですよね?(笑)

そしてその尊容の素晴らしいこと。
見事なまでの鎌倉期慶派系の仏像で美しくカッコイイ。
切れ長で憂いのある瞳は衆生を引き込む力がありますよね。
伏し目がちなところがまたイイ!
やや遠目での拝観であることから双眼鏡、単眼鏡を用いて拝観する者ばかり。
ん~人は少なかれどこの場に訪れているもの皆 仏像好きと見た(笑)
狭い厨子内の四隅を取り囲む四天王像や扉絵(複製)も素晴らしい。
何度も思うことですがやはり仏像はあるべき姿であるべき場所で拝観するのが一番グッっとくる。
神々しさが増し、何とも言えない畏怖の念とも言うべき恐れ多さが溢れ出す。
すなわちカッコイイのだ。素晴らしいのだ。
展覧会では味わうことの出来ない重厚な美しさがそこにはある。
寺内での特別公開の素晴らしさはそこにあるように思います。

senjyu.jpg


また通常は公開されていない指図堂がこの日はたまたま扉が開いており拝観させて頂く事が出来た。
普段は土日?だけということで平日が休みで仏像拝観に出かけている僕は巡り合う機会がなかったのですが良縁に恵まれ今回拝観することが叶いました。
法然上人掛け軸を本尊とされるお堂で、脇侍?には阿弥陀三尊像と阿弥陀如来坐像をお祀りしています。
当ブログで特筆すべきはやはり脇侍像になるか。
向かって左の厨子入り阿弥陀三尊像が素晴らしい。
完全に斜め立ちとなった阿弥陀仏に片膝立ちの観音菩薩に中腰の勢至菩薩と江戸期以降の自由奔放な造仏が楽しめます。
非常に美しい造仏でしかも撮影OK。
厨子扉絵の美しさと金箔の反射で神々しいまでの迫力があります。
ほとんど立ち寄られる方はいないと仰っていましたが仏像好きは是非とも立ち寄るべきでしょう。
機会に恵まれるなら必ずお立ち寄りして厨子入り阿弥陀三尊像の美しさを堪能して下さい。

P1010818_convert_20130509215557.jpg

P1010817_convert_20130509221051.jpg

P1010812_convert_20130509215643.jpg

P1010813_convert_20130509215710.jpg

P1010816_convert_20130509215713.jpg






にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

- q(^-^q)いんどら! - 2013年05月16日 23:09:02

千手堂は以前の公開の時に拝観したことがありますよ

愛染明王、煤けたままでちょっと残念ですねぇ なんとか修復できないのでしょうか

トラックバック

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ