奈良県 ・ 西念寺「宿院仏師の十一面!の巻」

仏縁に恵まれ素晴らしい出会いをさせて頂きウキウキとした気分で最終目的地の西念寺へ。
名阪国道 福住インターをおりて少しの場所にあり車でのアクセスが非常に助かるので奈良見仏の際には是非とも予定に組み入れて頂きたいお寺です(車移動なら)。


P1010629_convert_20130505004300.jpg

P1010633_convert_20130505004315.jpg


さてお目当ての宿院仏師の十一面観音菩薩は本堂横の収蔵庫(観音堂)にいらっしゃいます。
像高は180cmの等身像で、遠目に見た瞬間に感じるその異様なまでの霊験に圧倒されます。
素地造りで木目が非常に美しいのが宿院仏師の特徴ですがそこに施される彫眼彩色と唇の朱が異様なまでの存在感、畏怖さえ感じそうな存在感があります。
涙を浮かべたかのように潤む双眸の美しさがありながら意志の強さを感じる瞳の素晴らしさ。
オーロラの様にひるがえる衣の柔らかさ。
大福寺 十一面観音立像よりはやや硬い感じもありますが仏像好きにため息を漏らさすには十分な迫力と美しさを持った素晴らしき十一面観音菩薩像です。

尊容を見れば即座に宿院仏師の作だと分かるほどに特徴のある顔立ち。
これは頭頂の化仏にまで表れていて驚きました。
化仏までがみな同じ顔(笑)

P1010701_convert_20130505004321.jpg


P1010642_convert_20130505004335.jpg


P1010634_convert_20130505005019.jpg


P1010663_convert_20130505011241.jpg

P1010654_convert_20130505005043.jpg

P1010666_convert_20130505005347.jpg

P1010667_convert_20130505005130.jpg

P1010698_convert_20130505005428.jpg

P1010691_convert_20130505010748.jpg

P1010695_convert_20130505010743.jpg

P1010665_convert_20130505005345.jpg

P1010674_convert_20130505005411.jpg


僕が宿院仏師が好きな理由にどこか垢抜けない匂いというか都仏師にはない地方臭さというかを感じるんです。
本当の地方仏ほどには地方色はないんですが、何か田舎臭いような土着的な暖かさと都的を目指した背伸び感というものを感じます。
そんな背伸び感が畏怖を感じさせるのか 僕の拙い言葉では表現出来ないし的はずれな思考なんだろうけど面白くて好きなんですよね。
宿院仏師を調べると、室町期になると俗人の仏師が現れるようになり宿院仏師がその最たる例だとのこと。
なるほどと思わずにはいられません。
このなにか垢抜けない造仏は俗世の匂いだったのかもしれません。
面白いです。

十一面観音の横には厨子に収められた薬師如来坐像がいらっしゃいます。
こちらももちろん宿院仏師の作。
顔見たら即座に分かります(笑)
造形は簡略化された衣紋につり目の双眸でややこじんまりとしているか。
頭部は螺髪ではなく清涼寺式釈迦如来に近いような巻き髪なんですね。
そういえば大福寺のご本尊 薬師如来坐像も同様の頭髪をされていました。
この繋がりはなんなのか?
西念寺像は共に宿院仏師作ですが大福寺の薬師如来坐像は違うはず。
たまたまの偶然なのか何か意味があるのか。。
1体1体の意味だけでなく全体での意味やいろいろな繋がりもあるのかもしれません。
興味が尽きることはないですね。

P1010681_convert_20130505010121.jpg

P1010645_convert_20130505012425.jpg

P1010647_convert_20130505010149.jpg





P1010630_convert_20130505011020.jpg




西念寺
奈良県天理市福住町7146
TEL : 0743-69-2074




にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ