奈良県 ・ 阿日寺「魅惑の大日如来像の巻」

凛々しく最高に男前な十一面観音像を後にし次の目的地は香芝市の阿日寺。
メインテーマの宿院仏師の次の拝観は夕刻となるので前回大福寺を訪れた時は拝観が叶わなかった阿日寺を次こそはとお願いして拝観の許可を頂きました。


P1010492_convert_20130314113618.jpg

P1010488_convert_20130314113624.jpg

P1010483_convert_20130314113707.jpg


阿日寺は恵心僧都源信の生誕の地として知られ、源信が母の為に阿弥陀如来を父の為に大日如来を祀ったことから阿日寺と呼ばれるようになったとのことです。
通称「ぽっくり寺」とも呼ばれ親しまれています。

さて本尊の阿弥陀三尊像ですが中尊と脇侍には制作年代に隔たりがあるように感じました。
中尊の阿弥陀如来は平安後期くらいなのかなぁ?脇侍は江戸期くらいか。
このあたりの細かな鑑定眼などもちろん持ち合わせていない僕にははっきり分かりませんが(^^;
常々間違いなことばっかり書いてますからねぇ~(笑)
初心者なので許してください。

P1010396_convert_20130314114013.jpg

P1010382_convert_20130314114152.jpg


阿弥陀如来は量感があり簡素化された穏やかな衣紋表現で慈悲深さがよく現れていて来迎形式の中尊として素晴らしく、脇侍の観音勢至像は頬をふっくらとさせた勢いを感じさせる像でした。
正面には恵心僧都像が座し独特な空間がそこにはあります。


P1010384_convert_20130314114203.jpg

P1010385_convert_20130314114206.jpg

P1010386_convert_20130314114328.jpg

P1010399_convert_20130314114635.jpg

P1010459_convert_20130314114637.jpg


向かって右手側に平安中期の一木造り 胎蔵界大日如来坐像がいらっしゃいます。
国の重要文化財に指定されていて像高は94cm。
スラリと胴が長くバレリーナのような腕で定印を結びます。
スラリとした上半身とは違い量感のある下半身は力強く、大きなカットの衣紋表現は好きです。
そしてなんと言ってもその尊容でしょう。
しっかりと刻まれた首の三道の上にニヒルに笑みを浮かべたような独特な表情をされています。
一度お会いすれば二度と忘れることのない非常に特徴的なお顔で、見る角度によって肉付き感が違って見えたり表情を変えて下さる尊容です。
艶かしいというか妖しいというか凄く密教感を感じさせてくれる美仏でございます。


P1010410_convert_20130314114911.jpg

P1010475_convert_20130314114932.jpg

P1010405_convert_20130314115228.jpg

P1010477_convert_20130314114936.jpg

P1010402_convert_20130314115224.jpg


他にも大日如来の脇に厨子入りの地蔵菩薩半跏像がいっらしゃりこちらも非常に美仏。
鋭い眼差しと力強い体躯が男性的な雰囲気を発散し、半跏した姿や両足の親指の上げ具合など動きに富み 勢いが半端ないです。
また衣に施された文様も美しく素晴らしい。


P1010411_convert_20130314115710.jpg

P1010420_convert_20130314115736.jpg

P1010417_convert_20130314115726.jpg

P1010444_convert_20130314120421.jpg


本尊向かって左には法然上人&善導大師像もいらっしゃいます。


P1010397_convert_20130314115402.jpg


また、外陣と内陣を区切る欄間には二十五菩薩来迎像があしらわれており非常に見応えのある空間。
お堂全体が発する空気感が凄く素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
ん~これは何度でも訪れたくなる素晴らしい空間でした。


P1010449_convert_20130314120539.jpg

P1010453_convert_20130314120552.jpg

P1010452_convert_20130314115349.jpg

P1010450_convert_20130314120530.jpg








P1010375_convert_20130314120905.jpg

参門の小脇にあるお堂もお見逃しなく。
中には素敵な如意輪観音(聖観音?)の石仏がいらっしゃいます。

P1010497_convert_20130314122942.jpg

P1010493_convert_20130314122933.jpg

P1010495_convert_20130314122940.jpg


阿日寺
香芝市良福寺361   
TEL : 0745-76-5561






にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ