京都府 ・ 雨宝院「天平仏を思わせる京都の千手観音」

壬生寺でようやく仏像を拝観したという満足感を得て次に向かうは雨宝院。
噂には素晴らしい千手観音菩薩がいらっしゃると聞いていたのでテンションかなりの状況で向かう。
果たしてどのような千手観音菩薩がいらっしゃるのか?良く拝観出来るのか?

P1010302_convert_20130301212515.jpg


予約していた13時にお寺へ訪れ拝観の旨を伝えると非常に優しく温かい印象を与えて下さるご住職がお堂へ迎え入れてくださる。
その前に御朱印をお願いし待っている間に絵葉書を見つけ早くも千手観音菩薩の尊容を捉え興奮する。
「うわぁ~めっちゃええお顔したはるわ!乾漆像みたいな感じやなぁ奈良仏みたいや」
と、絵葉書を見ながら感想を述べると「仏像はよく見て回りはるんですか?仏像の説明はお堂でさせて頂きますね( ̄ー ̄)」とご住職も何やら楽しげ(笑)
素晴らしい御朱印を頂きいよいよお堂へ千手観音菩薩とのご対面です。

P1010305_convert_20130301212540.jpg


お堂いっぱいにその存在感を溢れさす量感たっぷりの千手観音がそこにはいらっしゃいました。
圧倒的な迫力に息を飲む思い。
一木造りとのことで流石は一木だと納得せざるを得ない量感を感じます。
お顔の雰囲気や裳階の表現、下肢の衣紋表現などは東大寺 不空羂索観音像とよく似た表現ですよね。
そういえば興福寺の仮金堂特別公開で鎌倉期の薬王菩薩&薬上菩薩を拝観した折にも天平の匂いを感じたなぁ。

話を戻す。
四角い輪郭に前方やや下方を睨むような見据えるような視線。
聖林寺の国宝十一面観音菩薩に通じるような尊容です。
聖林寺よりは尊容は穏やかですが非常によく似ているとの印象を受ける。
天平期の乾漆像ではなく平安期の一木像ではありますが非常に良く似ている。
きっと天平の仏像を手本とした奈良仏師の作ではないだろうかと思います。
凛とした仏像を彫る院派円派が幅を聞かせつつある京都においてどこか泥臭さのあるというか垢抜けない(全て最高の褒め言葉)を持った素晴らしい千手観音菩薩です。

正面から眺める分にはややずんぐりとした印象程度なスタイルが横からの拝観で一変します。
そう!この雨宝院さんは間近も間近で拝観できるのです!しかもにじり寄るように横から、更には覗き込むように裏手をも見させて頂けます。
横手から望むその太さは「極」の冠を与えなければいけないほどの極太!
腹周りの量感は特筆すべき太さで物凄いものがあります。
頭体は一木造りでありながら裳階等の装飾物は乾漆を盛り合わせた造形だそうでその太さの所以、天平仏と似た雰囲気を感じる意味が分かったような気がします。

11375_350374088410617_1659633845_n_convert_20130301212733.jpg

482411_350374135077279_552612201_n_convert_20130301212744.jpg



文化財指定的には国王指定でしたが見直しで重要文化財に。いわゆる旧国宝。
脇手の損失や仏師が判別できないことから重文止まりだとか。
いやいや!これは国宝仏でしょ!?
脇手を失うもいささかもバランスは崩れてないし十分美しいよ。
千手観音菩薩やから脇手が無いのは意味をなさないとかの判定なのかな?
ん~~~~~~~~~~~~~~~
これほどの素晴らしい仏像やのになぁ。。。

この日も心の底からグッッとくる方と出会えた。
生涯を通して何度でも何度でも訪れることになるであろう仏像との出会いは生きる喜びを僕に与えてくださいます。




P1010319_convert_20130301212543.jpg

雨宝院
京都市上京区智恵光院通上立売上る聖天町9-3
TEL : 075-441-8678












にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

- q(^-^q)いんどら! - 2013年03月03日 18:23:51

腕が欠失していてバランスを欠いていても全体の雰囲気は素晴らしいですよねぇ

- momococks - 2013年03月08日 23:26:17

この方は大好きです!!!!
近くで拝ませていただけるし最高ですよね♪

- *Hazuki* - 2013年03月09日 21:36:03

はじめまして。ブログ村から来ました。
こんなに素晴らしい観音様なのですか…。
1月に京都へ行ったとき、時間オーバーで予約を断念していたんです。
次回京都へ行くときは必ず行きます。
これからも遊びに来させていただきます!

- 迦楼馬 - 2013年03月09日 23:12:06

>いんどらさん
いやぁ~ホントに素晴らしい方でしたよ。
美しく威厳に溢れまさに菩薩って感じで圧倒的でした。

>momococksさん
何度でも拝観するでしょぉ~
僕が生きてるかぎり何度でもお会いしに足を運ぶでしょぉ~
本当に素晴らしい方と出会えました!

>Hazukiさん
お越しいただきありがとうございます。
もう是非是非ですよ!
ほんとうに素晴らしい方です!
次回仏像拝観のメインに吸えるべき素晴らしさです!

トラックバック

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ