FC2ブログ

三重県・竹成大日堂「金剛!胎蔵!凛々しい両界大日如来の巻き」

P2170407.jpg


三重県三重郡菰野町 竹成大日堂。
前回エントリーに続き、2体の大日如来像が安置されるお堂です。
妙福寺とは違う点と言えば、智拳印を結ぶ金剛界の大日如来像が2体であったのに対し、竹成では金剛界と胎蔵界の両界の大日如来像が並んで安置される事でしょうか。

時代的には平安時代後期であった妙福寺に対し、竹成大日堂像は室町期。
全く違った魅力の大日如来像をお届けできると思います。




P2170280.jpg
本堂



P2170411.jpg
並ぶ2体の大日如来像





凛々しい、美しい、気高い。
立ち居振る舞いが際立って、造形の美しさが如実に見て取れます。
平安前期の仏像とは違った魅力がある造形。
慶派の美意識や躍動感が大好きな僕には、この両大日如来像は非常に美しく魅力的で大好きな仏像です。
鎌倉時代に慶派の台頭によりリアリティがあり生な仏像が人気となりますが、そこに近しい造形に見えました。

髻の高さや太さには明確な違いがありますね。
このあたりの表現の違いは仏師のそれぞれのこだわりなのか。



胎内に墨書があり、金剛界像は文明11年(1479年)、胎蔵界像は文明13年(1481年)の作で室町時代後期の造像だということが判明してます。
江戸時代の正保4年(1647年)に、京都の仏師安村伊右衛門が修復に携わったという記録があるそうです。



P2170396.jpg
金剛界 大日如来像 室町時代 県指定文化財 ヒノキ材 寄せ木造り 像高109cm



P2170387.jpg
胎蔵界 大日如来像 室町時代 県指定文化財 ヒノキ材 寄せ木造り 像高109cm




元々は漆箔があったそうですが、室町佛といえば金箔や彩色が控えられた素地造りなイメージが僕にはあってそこが好きなので、漆箔が剥がれ落ち木目をあらわにした竹成の大日さまの像容に嬉しさを感じました。
木目大好きな僕としては非常に好みな仏さまなのです。





P2170324.jpg
智拳印を結ぶ印



P2170322.jpg
法界定印を結ぶ印



P2170360.jpg
やや釣り目な金剛界像



P2170355.jpg
穏やかな目線の胎蔵界像





お堂の前には石仏五百羅漢像があり見応えがあります。
この五百羅漢は嘉永5年2月(1852年)竹成出身の照空上人(神瑞和尚)が建立を発願し、桑名の石工 藤原長兵衛一門の手により慶応2年に完成。
1体ごとに表情が違うこの羅漢像は「竹成の五百羅漢」として知られ、県指定史跡になっています。
大日如来を拝観している間にも、この五百羅漢像を見に訪れる参拝者がたくさんいらっしゃいました。




P2170438.jpg
文化財掲示板


P2170420.jpg



P2170425.jpg



P2170433.jpg



P2170429.jpg







竹成大日堂
菰野市 文化財




竹成大日堂
三重県三重郡菰野町竹成2070
TEL : 059-391-1111(菰野町役場) 059-396-0837(竹成観光協会)
宗派 :
御本尊 : 大日如来
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り













にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる四十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ