FC2ブログ

奈良県・報恩寺「阿弥陀如来坐像の巻き」

前回のエントリー「不動院」からすぐ近く、同じ外山(とび)にある報恩寺さんには平安時代後期 定朝様とされる半丈六の阿弥陀様がお祀りされています。
3年程前に不動院さんと共にお参りしまして、今年の正月もお参りしてきました。



P1290048.jpg
本堂


P1290061.jpg
文化財掲示板



定朝様とされる阿弥陀如来像で非常に均整の取れた尊容。
しかし定朝様の穏やかでゆったりとした優しだけではない、力強さが表れているように思いました。
鎌倉の息吹がする、いわゆる藤末鎌初といわれるお像に感じます。
優美さがありながら、体躯からは強さも感じられ衣文の表現は立っていて、大好きな像容で見とれてしまいました。



P1290060.jpg
本堂内


P1290049-2.jpg
阿弥陀如来坐像 平安時代後期 県指定文化財 ヒノキ材寄せ木造り 像高216.2cm


尼様からは阿弥陀様にまつわる不思議なお話をたくさん聞く事が出来ます。
阿弥陀様に呼ばれた人のお話、開眼供養前に目を開いたお話、阿弥陀様がしゃべるお話…etc
お寺や仏さまにはいろいろと逸話がありますが、今の世もそういったお話があり後世に残っていくんだなと思うと非常に興味深い物語です。





P1290050.jpg
流れる衣紋から定印までの美しさ


P1290056.jpg
結ぶ弥陀定印は力強い







神應山 報恩寺
奈良県桜井市大字外山548
TEL : 0744-42-3757
宗派 : 真言宗
御本尊 : 阿弥陀如来
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り





にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる四十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ