京都府・法雲寺「35年ぶりの里帰り!檀家さんの想いが実った十一面観音菩薩の巻」

昨年(2015年)の6月14日 京都新聞に、35年ぶりに京田辺市の法雲寺に府指定の十一面観音菩薩像が戻られたとの記事が掲載されました。
Twitterでこの情報を知った僕は、是非とも拝観したいと同年の秋に、京田辺市の教育委員会へ拝観の連絡を入れお姿を拝むご縁を頂いてきました。



P1210184.jpg


十一面観音像はもともと、この地の白山神社境内の 法雲寺に安置されていましたが、明治時代の神仏分離令による廃仏毀釈を逃れる為に近くの西念寺に移されました。
その後 法雲寺は廃寺、その西念寺も無住の寺となり、仏像は村の檀家さんが共同で管理してきたそうです。
しかし、本堂老朽化が進み保存維持が難しくなってきた為、昭和55年(1980年)、京都国立博物館に修復や調査のため預けられました。


守り続けた観音様がこの地を離れて15年(1995年)、歴史ある観音様をこの地に戻そうと決意するも本堂の老朽化が著しく、安置するには不安があったそうです。
そこで檀家さんたちは本堂建て替えの積立を始めます。
15年。
15年にも及ぶ積立です。
本堂を建て替えるための積立は15年にも及び、2013年 ようやく本堂建て替えに着手します。
建て替え着手より1年、2014年に本堂が完成。
これに合わせて寺号も西念寺から法雲寺に戻し、2015年6月7日、同地を離れた十一面観音像が35年ぶりに戻られました。


P1210208.jpg
15年に及ぶ積立で建て替えられた本堂

2015_06_27houunji1.jpg
新たな本堂へ運び込まれる十一面観音像 京都新聞より


6月14日の開眼法要には約40人が集まり、戻られた観音様に熱心に手を合わせ、 『やっとこの日を迎えることができ、感慨無量です。心新たにみなさんの気持ちが一緒になればと思う』と喜びを語ったそうです。

2015_06_27houunji2.jpg
開眼法要の様子 京都新聞より


もう涙がでそうでしょ?
お像を守り続けていくという事がどれだけ困難で地域全体の協力が必要か、この法雲寺 十一面観音像のお話を知るだけでも分かると思います。
地域の仏像を巡っていると、似たような話を聞く機会は非常に多い。
高齢化社会や地域の過疎化、それによって今後の管理の行き詰まり。
仏像が好きで、ただ巡っているだけの僕は何か考えなければいけない。
力になれることを見つけたいと思います。


P1210183.jpg
戻られた観音像



これでもかという晴天に恵まれた中 お参りさせていただいた十一面観音菩薩立像は、やはり、非常に穏やかで優しく、慈愛に満ちているように見えました。
愛が詰まった観音様を、その愛を詰め込んできた檀家さんとともに拝める幸せは極まるものがありました。


P1210206(1).jpg
本堂


P1210204.jpg
十一面観音菩薩立像 府指定文化財 寄木造り 像高178cm 平安時代後期


スラリと柔らかく立つ観音さま。
正面より眺めると右へと傾いているのが分かります。
この様に傾斜した造形は霊木より彫り出されたとされる事が多いですが、この方もそうであるのかもしれませんね。
平安時代後期の特徴をよく表した穏やかでゆったりと優しさをみせる十一面観音像の腰つきは、緩やかにカーブを描き魅惑的な造形をしています。
右足を踏み出すことで生まれた体重移動の流れが腰に表されていて柔らか。



<P1210192.jpg
伏した目の優しがあふれた尊容


P1210190.jpg
重力が、腰の左へ、右の膝へ、左足へとゆるいS字を描く


P1210198.jpg
ヒザ下辺りでひるがえす衣の造形のお洒落感


P1210189.jpg
踏み出す右足は檀家さんの想いを伝える前進の一歩



府指定 平安時代後期 十一面観音像。
文化財指定といった格付けを超えた想いや魅力、守り繋ごうと生きた檀家さんの信仰と愛着の観音さまに是非ともお会いして頂きたいと思います。






日向山 法雲寺(ほううんじ)
京都府京田辺市宮津白山5
TEL : 和束 毘沙門寺 0774-78-3266
宗派 : 真言宗
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り






にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

- yamataka - 2016年07月02日 08:17:21

迦楼馬さんやっと仏像の話題に戻ってきましたね。
ツイッタ―を覗いてもあらぬ方面の話題だったのでどうしちゃったのかと思ってました。
頑張って下さい。楽しみにしています。

- 迦楼馬 - 2016年07月02日 10:00:57

コメント有り難うございます。
ずっと仏像巡りはしてたんですけど、いろいろ思うところあって(笑)ブログの更新や、twitterでの速報など控えてました。
気持ち新たにぼちぼちやっていきますのでよろしくお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ

トラックバック

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ