奈良県・竹田神社 大日堂「生命力みなぎる若々しき大日如来坐像の巻き」

田原本町の千万院から24号線へ戻り南下。
十市橋北詰の信号を左折(東へ)し、橿原の大日如来で有名な正覚寺さんを超えておよそ1kmほど進み南へ下ると見えてくるのは竹田神社。
駐車場はありませんが、境内鳥居前に1台ほどは止めることが出来るスペースがある。
当日僕はこちらに止めさせて頂き拝観をさせて頂きました。

P1070075_convert_20140801213940.jpg

P1070076_convert_20140801213949.jpg
この鳥居の前に車を駐車させて頂きました



竹田神社境内には大日堂があり、この大日堂には宿院仏師源次とその子息 源四郎、源五郎の銘がある大日如来像が安置されています。
拝観の予約を入れようといろいろ調べてみたのですが連絡先が分からずで、とりあえず橿原市役所へ連絡を入れ拝観の確認をしてみましたが役場では管理されていないし一般公開はされていなとの事でした。
ひょっとしたら掛ける課を間違えたかな?観光課では上記対応でしたが、生涯学習部文化財課なら違ったのかな?分からないけど。

P1070077_convert_20140801214011.jpg

P1070078_convert_20140801214023.jpg
元神宮寺である大日堂



拝観の予約を入れる先も分からぬままとりあえずは現地へ到着し、拝観する方法がないものかと竹田神社付近のお家を迷惑かなと思いながらもピンポン。
竹田神社境内の大日如来を拝観したい思いを伝え、その結果、管理されている区長さんを教えて頂く事が出来ました。
さっそく区長さんのお宅へ挨拶に伺い、宿院仏師の仏像を追いかけている想いを伝え拝観させて頂けることとなりました。
区長さんは役所から聞いてきたんですか?と言われていたので、やはり僕が問い合わせたのとは違う課なら区長さんを案内いただけたのかも?

いらない前置きはこれくらいにして、竹田神社の境内にある元は神宮寺であったいう大日堂を案内していただきました。
この大日堂のご本尊は室町期の町仏師、俗人仏師といわれる仏師集団・宿院仏師の源次作と確認されている大日如来像がいらっしゃいます。
宿院仏師の造仏は必ずと言っていいほど像内に墨書銘が残されており、そこには源次の銘とその子息の源四郎、源五郎の名が記されているそうです。
また、造像の年代も事細かく記されており、体部から始まり髻、後頭部、前頭部の順で彫りあげられ顔の正面が最後に仕上げられた事が分かっています。
体幹部の抑揚や衣文表現には簡略化された感も感じられ、源次の子息である源四郎、源五郎の手によるものかとも思いますが、宿院仏師の造仏から共通して感じる若々しさやハツラツとした生命感は如何なく発揮され凛々しき表情を見せてくれます。
肩口から印を結ぶ腕の流れに、張りというか瑞々しさが溢れんばかりで大日如来像から発散されるパワーは圧巻だと思います。
像高97.8cmの中に詰め込まれた若々しさは非常に魅力的でカッコイイ。

P1070083_convert_20140801215036.jpg

P1070084_convert_20140801215046.jpg

P1070144_convert_20140801215336.jpg

P1070088_convert_20140801215209.jpg

P1070090_convert_20140801215127.jpg

P1070136_convert_20140801215305.jpg

P1070091_convert_20140801215241.jpg


現在は平成13年の11月24日に落慶法要がいとなわれた大日堂に安置されている大日如来坐像ですが、過去に盗難にあっているそうで。
昭和の54年9月2日に盗難にあい所在が分からなくなります。
しかし、海を渡る直前の横浜港で見つかりこの地に戻ってこられたそうです。
この瑞々しい生命力にあふれた大日如来像がこの地に戻り、今、目の前にお姿を拝むことが出来るご縁を感謝し大日堂を後にしました。

おっと、堂内には大日如来像の向かって右側に地蔵菩薩像と弘法大師像が安置されています。
この地蔵菩薩像がニヒルでいい。
地蔵菩薩なのにふてぶてしさがあって非常にやんちゃな雰囲気を感じます。
片膝を立て、反対の足は踏み下げる遊戯坐のような崩した姿勢で思惟しながらも瞳の圧力や頬の量感の力強さ。
江戸期頃の作かと思いますが中々見応えがあります。

P1070108_convert_20140801215433.jpg

P1070101_convert_20140801215343.jpg

P1070104_convert_20140801215401.jpg

P1070107_convert_20140801215412.jpg







竹田神社 大日堂
奈良県橿原市東竹田町495
TEL : 0744-21-1115(橿原市役所観光課)拝観不可の案内があるかも
    0744-26-1114(橿原市役所生涯学習部文化財課)
竹田神社から北へ川を渡ったところに区長さんの家が。。(H26.06.11現在)
拝観 : 要予約、4/15大日講、9/23秋分の日は大日堂が開扉されるそうです。
拝観料 : 志納
駐車場 : 無し(神社境内前に駐車出来る事も。。。)











にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

- Gan3daishi - 2014年08月03日 05:39:07

区長さんや総代さんを探して ありつけた観仏は格別ですよね!w この大日さんは知らなかったです。いいですね!

- 迦楼馬-カルマ- - 2014年08月03日 14:40:40

区長さんが開けてあげると仰って下さった時の喜びはハンパじゃなかったw
お昼時だったし、小雨もポツポツと落ちてきている中だったので、本当にありがたかったですね!
凛々しくカッコいい大日さんでした!

- はらぺこヒヨドリ - 2015年03月12日 09:22:59

カルマさん、この大日さますごいです。宿院仏師の手にかかるとこんなに若々しいお姿になるのですね!
ご近所の方も、カルマさんの誠実さと熱意を感じとって開けてくださったのだと思います。誰でも突撃すればよいというものではないのでしょうね。
私も某市観光課で玉砕経験ありです。予約苦手なので、こちらのご開帳日にお参りできるといいなー。

トラックバック

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ