奈良県・千體寺(せんたいじ)「美しき無指定の阿弥陀三尊の巻き」

6月11日の拝観は奈良の仏像拝観へと出かけて参りました。
奈良県大和郡山市丹後庄町に松本寺(しょうぼんじ)というお寺がありましたが、現在は廃寺となって跡地には公民館が建てられています。
公民館には仏間が設けられ、松本寺のご本尊をはじめとする仏像が安置されています。
今回、松本寺の仏像を拝観しようと世話方さんへ連絡を入れたのですが、現在は當麻寺の副住職が管理をされていて今は管理していないとの事。
実はここに安置されている仏像が室町時代の宿院仏師像ということで拝観したかったのですが、改めて當麻寺の方へ連絡を取りいつか拝観したいと思います。

その代りと、同町にある千體寺さんの収蔵庫を現在は管理されており、その収蔵庫を開けて下さることに。
千體寺も現在は廃寺となっており境内に収蔵庫を残すのみ。
その収蔵庫には重要文化財に指定された紫檀塗螺鈿厨子(したんぬりらでんずし)、そしてその厨子内には阿弥陀三尊像が安置されています。

P1060787_convert_20140725195623.jpg

P1060790_convert_20140725195633.jpg


大和郡山市の史跡・文化財の紹介ページでは以下の様に紹介されています。
 「黒漆塗りで、基壇の羽目板にインドと中国の浄土祖師像を1体ずつ計10体彩絵します。各像とも緻密な筆致で描かれています。基壇の天板や柱には朱漆で木目を描く紫檀塗が施されています。
 基壇の四隅に柱を建て屋根をのせます。当初は四方にとりはずしのできる一枚扉がはめ込まれ、四方から礼拝する特殊な安置方法がとられていたようです。
 製作時期は鎌倉時代13世紀と推定されています。」 

P1060824_convert_20140725195846.jpg


鎌倉時代とされるお厨子ですが、基壇に描かれる祖師像も非常に良く残り確認することが出来ます。
その祖師像は浄土祖師像とのことですが、正面は向かって右からインドの高僧、馬鳴菩薩、龍樹菩薩、天親(世親)菩薩、
左側面は右から中国の高僧、慧遠法師、曇鸞法師、背面は右より導綽禅師、善導法師、懐感法師、右側面は右から法照法師、少康法師となっています。
浄土十祖像との事で、他ではなかなか例のない図例だそうです。
装飾も美しく、お厨子内には千体仏が安置される壮大なお厨子です。

P1060826_convert_20140725195944.jpg

P1060828_convert_20140725200012.jpg

P1060827_convert_20140725195952.jpg

P1060822_convert_20140725200018.jpg


そして厨子内に安置されているのは阿弥陀三尊像。
この方々が素晴らしかった。文化財的には無指定ですが素晴らしい。
脇侍の観音勢至が素晴らしいですが、特に勢至菩薩の美しさはため息が出ました。
おそらくは鎌倉の後期頃の作と思いますが、中尊の阿弥陀如来は室町以降の作となります。
廃仏毀釈の折りに法隆寺へ一時預けられたそうですが、帰ってこられた時には中尊が変わっていたと世話方さんはおっしゃっていました。
三尊揃っていればそれは素晴らしかったはずなのになぁと少し残念そう。
これには僕もうなずくしかなく、この脇侍の素晴らしさを見れば中尊の阿弥陀如来もより素晴らしかったはず。
もちろん現在の阿弥陀如来も素晴らしいのですが脇侍の美しさがより一層本来の阿弥陀如来の美しさを想像してしまいます。


P1060791_convert_20140725195756.jpg

P1060818_convert_20140725195810.jpg

P1060814_convert_20140725200953.jpg

P1060815_convert_20140725201011.jpg

P1060816_convert_20140725201018.jpg

     P1060802_convert_20140725200944.jpg

     P1060799_convert_20140725200902.jpg


勢至菩薩、観音菩薩の腰の角度の妙はなんとも柔らかくしなやか。
両足をぐっと屈めて身を沈める観音菩薩、右足に重心を乗せ左足を軽やかに屈する勢至菩薩。
衣の流れがまた美しくてたまりません。
膝裏で持ち上がるように捻り、足首のあたりでたゆむ様に衣の柔らかさが表現されます。
ホントめちゃくちゃ美しいです。これで無指定か?!と疑問に感じてしまいますが、これが奈良の奥深さなのかもしれません。

観音菩薩像
P1060806_convert_20140725201311.jpg

P1060804_convert_20140725201339.jpg

P1060803_convert_20140725201331.jpg

P1060808_convert_20140725201400.jpg


勢至菩薩像
P1060794_convert_20140725200812.jpg

P1060792_convert_20140725200757.jpg

P1060830_convert_20140725201209.jpg

P1060833_convert_20140725201216.jpg

P1060834_convert_20140725201233.jpg

P1060835_convert_20140725201242.jpg

P1060836_convert_20140725201300.jpg


偶然のご縁でお会いすることが出来た阿弥陀三尊像の美しさ。
来迎の姿勢の美しさをまざまざと見せつけられた三尊です。
頭から首への曲りと、背筋から太ももへのライン。
S字の美しさがこれでもかと表されて、足元の衣紋の柔らかい表現にため息。
写実的で張りのある頬の肉付きや、膝裏でひるがえる衣の表現なんかは運慶工房と繋がりがあるのかなぁとも想像しながら拝観させて頂くのでした。
奈良は奥深い。




千體寺(せんたいじ)
奈良県大和郡山市丹後庄町7番地
TEL : 0743-53-1151(大和郡山市役所)
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 無し







にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村




この記事へのコメント

トラックバック

ケノーベル エージェント - 2014年07月26日 08:49

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/26 08:49)

大和郡山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ