三重県・近長谷寺「見上げる十一面観音の巻き」

初観音会の田宮寺を後にし向かったのは同じく観音大祭の近長谷寺。
こちらは法要、餅まきの時間帯とモロ被りし山道を登り切った付近は車の大渋滞で地獄絵図…
Uターンして山を下り麓へ駐車してからヒーヒー呻きながら到着いたしました。
P1030248_convert_20140225190543.jpg



有名ブログ様等のお写真で前情報がありながらもそれでも圧巻の十一面観音でした。
お厨子に収まりきらんぞ!とばかりの迫力は素晴らしいです。
肩幅の大きさ、目力の凄さ、全体を通して太い!と声に出してしまう見事さです。
そびえ立つという言葉が本当に似合う観音様ですね。固く直立でいらっしゃるお姿がそう感じさせます。

本尊は平安後期に作られた木造十一面観音立像で、弘法大師の師 権像僧都の尽力により安置されたと伝えられる。
奈良の長谷寺、鎌倉の長谷寺の本尊と共に一本の木で三体刻まれたとも言われ、日本三観音のひとつとされています。

P1030218_convert_20140225190144.jpg
十一面観音菩薩立像 重要文化財 平安時代後期 像高6.6m 寄木造り

P1030222_convert_20140225191538.jpg



ご縁日の日は拝観が出来ない秘仏堂(と、仰ったように思う)には大日如来様がいらっしゃいますが、仏像に夢中の僕を見とめてしかたく思われたのかご住職が案内してくださいました(^^;
餅まきの準備や販売されているうどん、おでんの用意で大わらわ状態の中、拝観する機会を与えて下さいました。

P1030237_convert_20140225190324.jpg
大日如来坐像 町指定文化財 平安時代中期作 像高94.5cm 寄木造り


P1030239_convert_20140225190322.jpg


やや腫れぼったいような閉じた目に切れ目を入れて開いた瞳(なんのこっちゃ)、意志の強さを感じる口元と、独特のお顔をされた方で、衣は薄い彫り込みで平安中期の作だそうです。
大日如来というだけで密教感があり神々しさ?みたいなものを感じすのですがこちらの大日如来さんはその表情からいつも以上に神々しさを感じました。
オリジナルなお顔というのはやはりインパクトがありますね。


仏像拝観にじっくりと時間を費やし人もまばらになってきたのでのんびりと後にするのでした。






P1030236_convert_20140225191537.jpg

P1030212_convert_20140225190130.jpg

P1030215_convert_20140225190145.jpg

P1030232_convert_20140225190305.jpg







丹生山 近長谷寺(きんちょうこくじ)
三重県多気郡多気町長谷202
TEL : 0598-49-3001(神宮寺)
拝観 : 要予約(毎月18日、土日祝は御開帳)
拝観料 : 200円
駐車場 : 有り



大きな地図で見る






にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ