滋賀県 ・ 大平観音堂「親しみの十一面観音の巻」

さる5月の話。

滋賀県米原市春照にある大平観音堂を訪れた。
こちらには円空がわずか4日で彫り上げたとされる像高180cmを超える十一面観音像がいらっしゃいます。
県内に残した9体ある円空仏のうちの1体で、伊吹山四ケ寺の一つ太平寺に祀られてきたが、昭和39年の集団移住で現在の春照に移されました。

180.5cmの桜材の一本造りで元禄2年、円空58歳 晩年の作。
大きくお腹を膨らませた像容から「安産の観音さん」として親しまれ、お腹をさすり安産を祈願する村人が絶えなかったそうです。
観音像の背面には円空自筆といわれる墨書がありわずか四日間で彫り上げられた工程が記されています。

「四日木切 五日加持 六日作 七日開眼
 元禄二己己年三月 初七日 中の房 祐春代 」




拝観予約をお願いした日は生憎の雨模様。
小雨降る中での拝観となりましたが快くお堂を開けてくださいました。

P1010940_convert_20130831201921.jpg

P1010939_convert_20130831201914.jpg

P1010941_convert_20130831201937.jpg



集会場のようなお堂に上がらせていただくと中にはガラスケース内に安置された十一面観音像がいらっしゃいました。
じっくりと拝観する前に、まずは説明のVTRを見せていただく。
ローカル放送で放映された大衡観音堂を特集されたVTRを見せて頂き円空仏についての知識をいただく。
そしていよいよお側まで寄らせて頂きじっくりとその尊容を確認させていただいた。

ニッコリ。
優しく優しく微笑まれたその穏やかな表情に癒されます。
細く伸びる眉、眼筋そして口角をゆるりと上げた口元からは慈悲というよりは親しみやすさ、親近感のようなものを感じます。
肩をすぼめるように立ちやや窮屈な印象を受けますがそこにもどこか親近感を覚えずにはいられません。
荒彫りでありながらここまでの優しさと整合性を生み出すその像容にただただ感動するばかり。
お腹の優しい丸みがあたたかく優しく、もうあらゆるところが優しさに満ち満ちているように思えて仕方がありませんでした。

ガラスケースを回り込みながらいろんな角度から像容を確認させていただき見入っていると堂守りの方からガラス扉を開けてご覧になってくださいとお声をかけていただき、更には土台を回転させて背面まで確認してくださいと仰っていただきました!
僕自身で土台を回すということにやや恐縮しながら恐る恐る背面を拝観させていただくとそこには墨書がしっかりと確認できました。
背面まで食い入るようにじっくりと拝観させて頂きお写真も撮らせていただくことが出来ました。
怖くて360°は流石に回転させることが出来ませんでしたが(^^;


P1010938_convert_20130831201414.jpg

P1010935_convert_20130831201440.jpg

P1010929_convert_20130831201507.jpg

P1010930_convert_20130831201703.jpg

P1010932_convert_20130831201541.jpg

P1010927_convert_20130831201621.jpg

P1010933_convert_20130831201517.jpg

P1010926_convert_20130831201639.jpg

P1010925_convert_20130831201555.jpg

P1010922_convert_20130831201806.jpg

P1010923_convert_20130831201826.jpg

P1010924_convert_20130831201837.jpg


非常に貴重な体験をさせていただいた喜びもあり、それ以上に素晴らしき円空仏と出会えた喜びに包まれながら自分自身も観音様のように優しい人になれたような気持ちになりながら大平観音堂を後にしました。







にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


関連記事

奈良県 ・ 竹林寺「平安初期の薬師如来の巻」

8月14日。

盆休みの予定をなんとなく考えていた。
あまりの猛暑に仏像拝観への気持ちも萎えかけていた。
しかしインターネットで見かけた薬師如来に心奪われお会いしたい!と思わずにはいられなくなった。
しかしそのお寺は観光寺ではなく予約拝観のお寺。

お盆の最中に仏像拝観の予約を入れるのは心苦しくお盆休みの仏像拝観はいいかなぁと
諦めようとしたが年に6どあるというご開帳の日のうちの一つが8月14日。

なんと!?これは運命か!?行くしかない!と思い平安初期の重要文化財に指定された
薬師如来にお会いしようと奈良県桜井市の竹林寺へと出かけて参りました。

あまりの猛暑のため、まだ日が昇る前の午前中の内に拝観したいと思い竹林寺へ事前連絡を入れるも
繋がらず。。この日の御開帳は年に3度ある薬師祭。
朝からご開帳されるのか?法要があるはずだから拝観が許されるのは法要が済んでからだろうから。。
など考えたがとりあえず行ってみようと午前中に竹林寺へと向かった。

そして
案の定 竹林寺には人っ子一人見当たらず。
誰かに聞こうにも誰もいないし。
かなりの山道を登り到着したのだが一旦降りることに。。
その道中に見つけたJAに飛び込み薬師祭のことを聞くも分からないとのことで。。
これはいよいよ見れず終いか?!と暗雲が漂った時でした。
たまたまJAを訪れたおばちゃんが竹林寺の薬師祭の事を知っておられ親切に区長さんへと連絡を入れ
確認をして下さいました。

薬師祭の法要は14時から行われるが13時には役員が集まるとの事でその頃には拝観できると教えてくださり、
とりあえずお昼を食べながら時間を潰すことに。
あの親切なおばちゃんに出会わなければ諦めていたかも。。。

そしていよいよ収蔵庫にいらっしゃる薬師如来立像とのご対面である。
かなり前置きが長くなりましたがとうとうご対面です。


P1010994_convert_20130815192610.jpg

P1020026_convert_20130815193334.jpg


像高は190cmを超え、頭・体幹から蓮台までを榧(カヤ)の一木で彫り出された一木造り。
手先は後補とのことで右手は施無畏印を結び左手は薬壺を載せず垂下した与願印の形をとります。
衣紋の表現が鋭く非常に立体的で迫力があります。
大きな目に硬く結んだ口元が厳しい表情で威厳と神々しさを感じます。
随所に挟まれ置かれた防虫剤がもの悲しさを感じさせ残念ではありますが。。。
ん~~なんとかならぬものか。


P1020023_convert_20130815192641.jpg

P1020003_convert_20130815192657.jpg

P1020010_convert_20130815192925.jpg

P1010997_convert_20130815192708.jpg

P1020007_convert_20130815192844.jpg

P1020020_convert_20130815192829.jpg

P1020015_convert_20130815192857.jpg



それにしてこんな山奥の失礼ながら有名でもない山岳寺院にこれ程までに素晴らしい
平安初期の薬師如来像がいらっしゃるとは驚きです。
さすがに奈良は奥深い。 重要文化財クラスの仏像がゴロゴロしている。

また薬師如来像の隣りには鎌倉時代の県指定文化財 地蔵菩薩立像がいらっしゃいます。
像高は3尺足らずほどで82.3cm、桧材の寄木造りで涼しげで凛としたお姿。
衣紋表現もなだらかに流れ美しいです。


P1010998_convert_20130815192956.jpg

P1020018_convert_20130815192955.jpg

P1020009_convert_20130815193956.jpg

P1020008_convert_20130815194031.jpg

P1020016_convert_20130815194006.jpg



また本堂にはご本尊の十一面観音菩薩像、左手奥には愛染明王、不動明王、三宝荒神、阿弥陀如来坐像、弘法大師像と多数の仏像が安置されています。

P1010995_convert_20130815192613.jpg


ご本尊の十一面観音菩薩像は薄い体に人間味のある表情で地方古仏の様な雰囲気で
右手に錫杖?を持ち左手には水瓶を持つ長谷寺式の十一面観音菩薩像です。
本当に残念なのは防虫剤。。。
なぜにここまで。。。
ん~~~もったいない。
せっかくの素晴らしい仏像もなんだかもの悲しさを感じさせ残念だなぁ

P1020035_convert_20130815194436.jpg

P1020033_convert_20130815194449.jpg

P1020034_convert_20130815194859.jpg

P1020037_convert_20130815194902.jpg

P1020031_convert_20130815193314.jpg

P1020030_convert_20130815194411.jpg

P1020029_convert_20130815194419.jpg

P1020028_convert_20130815195342.jpg

P1020040_convert_20130815195347.jpg

P1020039_convert_20130815195344.jpg


とはいえ!
平安初期の薬師如来立像は本当に素晴らしくお会いしに来た甲斐がある良仏でした。
力強い翻波式衣紋に息を飲んだ一日でございました。
関連記事
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ