三重県・心證寺「これぞ地方佛!その地の匂いがかおる薬師如来像の巻き」

10月4日に仏像LINKツアーに参加させていただき巡った心證寺(しんしょうじ)。
こちらのお寺では心にグッとくる薬師如来に出会いました。
この日のツアーの模様は速報記事へ!


P1120479.jpg


真新しいお堂へと案内され開かれた扉の中から現れた。(現れるわけではない。お薬師様はずっとここに変わらずいらしてる byみうらじゅん&いとうせいこう)
飛び込んできた薬師如来像は土の香りがするような、その土地の香りがただよってくるような方でした。
豊満な丸顔に大きな鼻ととてつもなく大きな耳が。
それに比しては小さめなお口がなんとも愛らしさを感じさせ、より地方色を感じさせてくれるような気がします。


P1120475.jpg

P1120415.jpg


肩口から太い彫り口でお腹へと流れていく衣紋の力強さは武骨ながらも密に刻まれ、時の地方仏師が薬師如来の現世利益の力を表そうと深く力強く彫り込んだように思え、たまらなく心に来ました。
ゴリゴリに刻まれる衣紋はいいですね。
そう言えば大きすぎるばかりの福耳も、もしかしたら御利益を表す意味があったのかな。


P1120442.jpg


P1120421.jpg

P1120418.jpg



ご本尊の薬師如来像は修復を受けておられるのですが、その前後のお姿が堂内には飾られていました。
武骨ながらも力強く流れた衣紋はただれる様に途切れ勢いを失くしていましたが、修復によりその勢いを取り戻し僕たちは素晴らしいお姿を拝むことが出来ているんですね。
指をピーンと伸ばし薬壺を持つ左手先も可愛かったなぁ。


P1120467.jpg   P1120469.jpg



脇にいらっしゃった鼻の潰れた不動明王立像はかなりの佛友さんの心を捕えていたように思います。
かなりの朽ち具合でありながらも修復されている状況を見るに、大切に愛されてお祀りされてきたんであろう時間の流れが見えるような気がしました。
対にいらっしゃった聖観音立像や、時代的には新しいであろう胎蔵界大日如来像も美しく素晴らしかったな。
何度でも訪れたい心證寺。
以前に訪れたことがある佛友さんが、ずっと再開したかったお薬師さんなんですと心を込めて仰ってた気持ちが非常に良く分かります。


P1120450.jpg  P1120451.jpg

P1120453.jpg





心證寺(しんしょうじ)
三重県伊勢市楠部町2012-1
TEL : 0596-22-7884(伊勢市教育委員会 文化振興課)
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 無し

















にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

仏像LINK主催!伊勢の秘仏ツアーオフ会速報ダイジェストの巻き

最近の更新がダイジェスト速報が多くなりがちなんですが今回もダイジェスト速報。
詳細は追って後日に!(いつになることやら...)

10月4日、毎度おなじみの仏像LINK様主催の伊勢の秘仏ツアーオフ会に参加させて頂き、今回も見事な仏像との出会い、仏像LINKだからこその奇跡をたくさんの仏友さんたちと共有してきました。


   P1120413_convert_20141008210822.jpg


台風が接近した週末にあって土曜日のみが晴れるという奇跡的な天候に恵まれ傘いらずで伊勢・松坂を日が暮れるまで巡り倒し、夜の親睦会はご当地松阪牛を堪能。
この日の参加者の生の声は、今回は残念ながら参加はかないませんでしたが福井県 朝日観音福通寺のご住職みょうこうさんがまとめて下さっています。
仏像リンク主催「伊勢・松坂 秘仏巡りオフ会」



まず向かったのは今ツアーのメインとなる金剛證寺。
伊勢神宮の式年遷宮の翌年にご開帳されるご本尊 虚空蔵菩薩を拝観してきました。
20年に一度のご開帳で、事前情報では外陣からの拝観となっており見えないかも?と危惧しておりました。
現地へ到着し拝観するもやはり遠く、格子戸越しに双眼鏡で覗くも良くは見えない。
すると住職から驚きのお言葉が。


    「仏像リンクの方は何名ですか?こちらから内陣へお入りください」

まさかの内陣拝観が許されご本尊を近くからじっくりと拝観。
他にも裏手にもたくさんの仏像が安置され内陣をぐるりと拝観し通常ではありえない経験をさせて頂きました。
また、収蔵庫には重要文化財に指定された神像のような雨宝童子像や、上半身裸形の地蔵菩薩立像なども合わせて拝観。
さらに境内には福徳蓮華庚申という何とも珍しい仏像?も。


   P1120381_convert_20141008205956.jpg


続いて向かったのは心證寺。
今ツアーならではの地方仏で見事な薬師如来坐像を拝観。
小さな頭部に大きな耳、太く深くざっくりと刻まれた衣文の波は、地方仏師が試行錯誤しながら懸命に彫りだしたような独特の風合い。
この2体と無いと感じさせてくれる仏像と出会えるのが地方を巡る楽しさですね。
もうめちゃくちゃ良くてたまりませんでしたね。


   P1120442_convert_20141008210022.jpg

   P1120418_convert_20141008210049.jpg




3ヶ寺目は太江寺。
鎌倉期の千手観音坐像で非常に美しく凛とされた方でした。
衣文の表現などは平安後期の整然とした美しさがあり、お顔は凛々しく力強い鎌倉期的で素晴らしかったなぁ。
横から拝する立体感も圧巻で、体と腕のバランスも最高。
本当に美しくてカッコイイ千手観音で見事な坐像でございました。


   P1120516_convert_20141008210157.jpg  

   P1120486_convert_20141008210134.jpg




お昼は二見浦 夫婦岩前 まるはま 手こね寿司と伊勢うどんセットを。
久しぶり見た夫婦岩は台風の接近で荒れた波しぶきに襲われておりました。
少し天候にも心配になりながら次の目的地へ。


   IMG_8351[1]_convert_20141008210658



午後最初に向かったのは田宮寺。
秘仏であり通常は年に2度あるご開帳の時しか拝観出来ない平安期の2体の十一面観音立像を拝観。
平安時代初期の十一面観音と平安時代中期の十一面観音が並んで立つお姿はやはり素晴らしい。
2月のご開帳の時に拝観しに来ましたがやっぱり素晴らしいですね。
等身大の平安十一面観音が並んで立つ光景はぞくぞくするものがあります。


   P1030414_convert_20140224072223_convert_20141008211349.jpg



そして次も2体の十一面観音が並んで立つ空釈寺観音堂。
田宮寺とはうって変わって地方感ただよう素朴な十一面観音菩薩像でした。
背が高く面長の十一面と、背が低く四角い顔の十一面が並んで立ち、共に平安後期頃の像。
背の低い方はお腹が膨らみ子安観音と呼ばれ信仰を集めています。


   P1120602_convert_20141008210306.jpg



そして普賢寺。
日本最古級の普賢菩薩像が安置され非常に素晴らしい。
男性的な、逞しく力強い堂々とされた方で仏像好きなら必ずとも訪れたい方です。
正面から見ても力強いですが横から拝すとなお一層に体の厚身を感じれて圧巻です。
耳に被さる二条の髪も美しかったなぁ。
さらに、観音堂には室町期の素晴らしい十一面観音菩薩立像も。


   P1120756_convert_20141008210354.jpg

   P1120680_convert_20141008210448.jpg




そして最後の目的地 朝田寺へ向かう頃には日も暮れ初め見事な夕焼けが。
美しい空を見ながら朝田寺を訪れ地蔵菩薩立像を拝観。
須弥壇前の段に上り覗き見るように拝観させて頂くお姿は力強く妖しさを発散させる方でした。
衣文も力強く彫り込んでいく仏師の魂の様なものが宿っているよう。
また、多数の平安仏も安置され見どころは尽きません。


   P1120800_convert_20141008210505.jpg

   P1120804_convert_20141008210540.jpg



仏を堪能した後は恒例の親睦会でご当地松坂牛!
めちゃくちゃ美味しくて今日一番盛り上がってんじゃね?ってくらいに盛り上がって松坂を堪能。
ハラミに白飯に赤ワイン!なんて幸せな一日なんでしょうか。
帰りの電車も仏友さんたちとワイワイしながら帰路につき、本当に楽しい一日となりました。
企画運営して下さった よっくん毎度毎度お疲れ様でした!本当にありがとうございます。
仏友のみなさんお疲れ様でした!


   IMG_8365[1]_convert_20141008210714
   
   IMG_8364[1]_convert_20141008210729





三重県・普賢寺「堂々とした尊き普賢菩薩の巻き」

朝田寺のご住職ののはからいでご縁を頂いた普賢寺。
近長谷寺からすぐの所にあります。
到着してインターホンを鳴らすとおばあさまが出ていらして対応してくださいました。

P1030249_convert_20140226211322.jpg

P1030251_convert_20140226211323.jpg



収蔵庫を開けて頂くとそこには噂に違わぬ素晴らしい普賢菩薩坐像が。
これほど大きな普賢菩薩像はなかなかいらっしゃらないですよね。

P1030250_convert_20140226211456.jpg

P1030264_convert_20140226211404.jpg

P1030252_convert_20140226211459.jpg
普賢菩薩坐像 重要文化財 平安時代前期 像高 一木造り


大きく結う髻や耳にかかり巻き上げる髪、肩にかかるまで垂下する髪。
この垂下する髪は首に沿うように垂れていくことが多いのだそうですが、こちらの普賢菩薩は空間を開けて垂れます。
非常に特徴的だとのこと。
お体も逞しく、大きな肩幅に引き締まった腹回りと男性的でその目を閉じたような穏やかな尊容と威厳あふれる方ですねぇ。
堂々とした素晴らしい方です。


P1030254_convert_20140226211458.jpg

P1030253_convert_20140226211631.jpg

P1030257_convert_20140226211632.jpg

P1030258_convert_20140226211636.jpg

P1030260_convert_20140226212553.jpg



国宝指定の大正時代に修復で両の腕が直されたそうですが、文化財保護法の制定により重要文化財指定を受けた昭和に再度修復を受けます。
それを担当されたのが西村公朝先生で美術院所長として初めて修復を手がけられた仏像となるそうです。
その際に大正に修復された腕はそぐわないと公朝先生が新たに腕を古様に作り直されました。
取り外された大正修理時の腕も見せて頂きました。
同様の理由から時代にそぐわないと宝冠は取り外され収蔵庫脇に腕と共に安置されていました。
非常に細かく饒舌に説明してくださるおばあ様に感嘆しつつ、次なる客殿の方へ諸仏の案内をしていただきました。

P1030261_convert_20140226212615.jpg

P1030262_convert_20140226212551.jpg




お堂に入るなり十一面観音菩薩立像に釘付け。
いいお顔をされています。
凛としたお顔で目の焦点が合わない、こちらとは視線が合わないような美しい方です。
室町時代の作とのご説明でしたが衣はそこまで派手派手に装飾する風ではなく程よい感じでした。
また、法華寺跡の村の畑の中から掘り起こされたという金銅製の千手観音菩薩坐像の懸仏はこれがまたいいお顔をされています。
静かに静かに祈りを捧げている優しさにあふれる尊容で素晴らしいです。
おばあ様もご自慢の千手観音様だそうで嬉しそうに語られていました。
また、脇仏として祀られている千手観音菩薩立像も素晴らしい。
うまく写真には納められませんでしたがかなりの良仏です。

P1030334_convert_20140226212708.jpg

P1030268_convert_20140226212836.jpg
十一面観音菩薩立像 室町期 像高107cm 寄木造り


P1030301_convert_20140226213538.jpg

P1030325_convert_20140226213731.jpg

P1030326_convert_20140226213734.jpg

P1030273_convert_20140226212838.jpg
十一面千手千眼観音菩薩坐像 像高11cm 金銅製


P1030320_convert_20140226213713.jpg



P1030295_convert_20140226213505.jpg
千手観音菩薩立像「宝暦二壬申九月 尊住 天台沙門 暁海」の墨書銘が台座裏にあり



P1030297_convert_20140226213507.jpg
釋迦如来坐像か 光背が鏡面となっており非常に珍しく、また腹帯をされています



またこの時期は涅槃会で涅槃図が飾られていて絵解きをしていただきました。
通常、涅槃図には猫が描かれる例は少ないそうですがこちらの涅槃図には猫らしき動物が描かれています。
しかし、他の動物や人間はみなお釈迦様を見つめ泣いているのに対し猫とおぼしき動物はそっぽを向いています。
非常に興味深く楽しいですね。

P1030332_convert_20140226212851.jpg



と、ここでご住職がお戻りになられ、内陣には入らずに諸仏を拝観していた僕に中まで入って見てくださいとお声をかけて頂きグイグイと入らせて頂きました。
また、「虫干しがてらに。。。」と室町期とされる阿弥陀三尊来迎図や達磨大師図なども急きょお堂内に掛けて頂き拝見させて頂きました。
阿弥陀三尊来迎図はボロボロになっていたそうですが修復により本当に綺麗になっていました。
修復によりここまで鮮やかになるのかと驚くほど!

P1030310_convert_20140226213651.jpg

P1030306_convert_20140226213620.jpg

P1030304_convert_20140226213608.jpg

P1030311_convert_20140226212724.jpg

P1030314_convert_20140226213653.jpg



非常に濃密で居心地のいい時間を過ごさせて頂き大満足で普賢寺を後にしました。
対応してくださったおばあ様にご住職、そして連絡を入れて下さった朝田寺ご住職に感謝の気持ちでいっぱいです。
コーヒーまで御馳走になり本当にありがとうございました!

P1030329_convert_20140226213758.jpg

IMG_6991[1]_convert_20140226215919
影の位置と光の方向が違う。
カメラ撮影時の光源は正面より。そのため普賢菩薩の影は背面にはっきりと映る。
しかし写真には上から降り注ぐ形の光源が。
説明のつかない不思議な写真をお寺の由緒書きの表紙になっています。
不思議な話をしてくださいました。

IMG_6992[1]_convert_20140226220721





佛土山 普賢寺(ふげんじ)
三重県多気郡多気町神坂223
TEL : 0598-37-2888
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り


大きな地図で見る









にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

三重県・近長谷寺「見上げる十一面観音の巻き」

初観音会の田宮寺を後にし向かったのは同じく観音大祭の近長谷寺。
こちらは法要、餅まきの時間帯とモロ被りし山道を登り切った付近は車の大渋滞で地獄絵図…
Uターンして山を下り麓へ駐車してからヒーヒー呻きながら到着いたしました。
P1030248_convert_20140225190543.jpg



有名ブログ様等のお写真で前情報がありながらもそれでも圧巻の十一面観音でした。
お厨子に収まりきらんぞ!とばかりの迫力は素晴らしいです。
肩幅の大きさ、目力の凄さ、全体を通して太い!と声に出してしまう見事さです。
そびえ立つという言葉が本当に似合う観音様ですね。固く直立でいらっしゃるお姿がそう感じさせます。

本尊は平安後期に作られた木造十一面観音立像で、弘法大師の師 権像僧都の尽力により安置されたと伝えられる。
奈良の長谷寺、鎌倉の長谷寺の本尊と共に一本の木で三体刻まれたとも言われ、日本三観音のひとつとされています。

P1030218_convert_20140225190144.jpg
十一面観音菩薩立像 重要文化財 平安時代後期 像高6.6m 寄木造り

P1030222_convert_20140225191538.jpg



ご縁日の日は拝観が出来ない秘仏堂(と、仰ったように思う)には大日如来様がいらっしゃいますが、仏像に夢中の僕を見とめてしかたく思われたのかご住職が案内してくださいました(^^;
餅まきの準備や販売されているうどん、おでんの用意で大わらわ状態の中、拝観する機会を与えて下さいました。

P1030237_convert_20140225190324.jpg
大日如来坐像 町指定文化財 平安時代中期作 像高94.5cm 寄木造り


P1030239_convert_20140225190322.jpg


やや腫れぼったいような閉じた目に切れ目を入れて開いた瞳(なんのこっちゃ)、意志の強さを感じる口元と、独特のお顔をされた方で、衣は薄い彫り込みで平安中期の作だそうです。
大日如来というだけで密教感があり神々しさ?みたいなものを感じすのですがこちらの大日如来さんはその表情からいつも以上に神々しさを感じました。
オリジナルなお顔というのはやはりインパクトがありますね。


仏像拝観にじっくりと時間を費やし人もまばらになってきたのでのんびりと後にするのでした。






P1030236_convert_20140225191537.jpg

P1030212_convert_20140225190130.jpg

P1030215_convert_20140225190145.jpg

P1030232_convert_20140225190305.jpg







丹生山 近長谷寺(きんちょうこくじ)
三重県多気郡多気町長谷202
TEL : 0598-49-3001(神宮寺)
拝観 : 要予約(毎月18日、土日祝は御開帳)
拝観料 : 200円
駐車場 : 有り



大きな地図で見る






にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

三重県・田宮寺「平安古仏!2体の十一面観音の巻き」

失意の太江寺を後にして向かったのは田宮寺。
1年を通して2月18日と8月9日に御開帳される平安初期の2体の十一面観音菩薩立像を見に来ました。
突然降って湧いた休日はこの為なんだと興奮しながらやって参りました。

P1030195_convert_20140223170807.jpg

P1030196_convert_20140223170806.jpg

P1030197_convert_20140223171456.jpg



田宮寺は奈良時代、伊勢神宮法楽寺として行基により建立されたと伝えられ弘法大師により中興された真言宗のお寺です。
伊勢神宮 内宮称宜荒木田氏の氏寺であり境内には皇大神宮の古御船城を奉安した御船殿跡があり、神宮との深いつながりを物語る。
本尊は等身大の木造十一面観世音菩薩立像二体で、供に平安時代初期の名作といわれ国の重要文化財に指定。




P1030204_convert_20140223170944.jpg

P1030203_convert_20140223170948.jpg


この日は朝から村の方々で賑わいを見せ甘酒が振舞われていました。
早速受付で拝観のお願いをし、本堂裏の収蔵庫前へご案内していただく。
こちらは本堂の裏側が繋がる形で収蔵庫となっており、入口には幕がかかっているのでやや屈み込む、もしくは座り込んでみるとよく見ることが出来ます。
僕が訪れたときは外人さんが座り込んで熱心に十一面観音を覗き込んでいらっしゃいました。

P1030414_convert_20140224072223.jpg
十一面観音菩薩立像 重要文化財 平安時代初期 像高163.6cm 桧材 一木造り
十一面観音菩薩立像 重要文化財 平安時代初期 像高166.6cm 桧材 一木造り


さて、十一面観音菩薩立像ですが2体共に等身大の方で像高は向かって左の方が163.6cm、向かって右の方が166.6cmで共に一木造り。
左の方は丸顔でふっくらとされ肩幅も広く太ももの量感もたっぷりと優しい印象を与えます。
衣文表現は浅彫で抑え目な感じです。
右の方は比べてスタイリッシュで衣文表現に翻波式衣文や渦紋が見られ、天衣も右手首に掛ける等の表現の違いが見られ2体は制作年代が違うのだろうなぁという事を伺わせます。
どういった経緯でこの2体の十一面観音像が揃ったのか興味深いところです。
2体の等身大十一面観音菩薩立像が並んで眼前に迫る状況は圧巻で目を離せません。
そら外人さんも座り込んで夢中になりますわ(笑)

P1030345_convert_20140224072224.jpg


P1030352_convert_20140224072326.jpg


P1030355_convert_20140224072329.jpg


P1030396_convert_20140224072529.jpg

P1030393_convert_20140224072520.jpg

P1030392_convert_20140224072511.jpg

P1030387_convert_20140224072418.jpg

P1030427_convert_20140224072426.jpg

P1030388_convert_20140224072429.jpg


田宮寺の餅まきはお昼からの予定で、僕はこの後 他のお寺を巡る為参加できなかったのですが、世話役の方のご厚意でわざわざ遠くから来てくれたからと巻く前のお餅をたくさんいただいてしまいました。
村の方々のあたたかさと観音様への愛情をいっぱい感じる素晴らしい拝観でした。
年に2度の御開帳。
次にいつ来れるかはわかりませんがいつか必ず再訪したいなと深く深く思いながら次なる目的地へと向かうのでした。





P1030201_convert_20140223170943.jpg

P1030200_convert_20140223170947.jpg

P1030206_convert_20140223171510.jpg

P1030209_convert_20140223171514.jpg




富向山 田宮寺(たみやじ)
三重県度会郡玉城町田宮寺322
TEL : 0596-58-8204
拝観 : 2月18日、8月9日
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り


大きな地図で見る












にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村



NEXT≫
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ