岡山県・勇山寺「力強くユーモアで可愛らしい 不動三尊像の巻」

昨年の11月5日、岡山県真庭郡にある勇山寺を訪れました。
この日巡った1日の速報記事はこちら

P1130856.jpg


真言宗高野山派の古刹。
創建は奈良時代726年(神0亀3年)、聖武天皇の勅願により行基菩薩によって開基されたといわれています。
六尺五寸の薬師如来を彫り七堂伽藍を創定。
815年(弘仁6年)に弘法大師がこの地を訪れ不動明王、矜羯羅童子、制吒迦童子を厄難除けのため一刀三礼の元に彫りあげ安置する。


本尊の薬師如来、不動明王と二童子像は国指定の重要文化財、本堂は真庭市の文化財に指定されています。

P1130927.jpg


この日はあいにくご住職は不在で檀家総代さんに対応いただきお目当ての不動三尊像を拝観させて頂きました。
ご本尊の薬師如来坐像は秘仏であり33年に1度の開扉、次回扉が開かれるのは平成45年となります。
肩幅広く逞しい、お写真からは太さを感じる方。
実際にお会いするとどんな印象を受けるのか、ご開帳が楽しみですね。


yakushi-izayama.jpg
勇山寺 由緒書きより



さて、今回拝観させて頂きました不動三尊像は、一目見てその特徴的なお顔に引きつけられずにはいられない、どこかユーモアであったり、真逆の怖さを感じたりもする非常に特徴的なお顔をされた三尊です。

P1130920.jpg


中尊 不動明王坐像は像高187cm、ヒノキ材の一木造りで彫眼。
お顔は天地眼であり牙上下出で平安時代後期の作と考えられる像との事ですが、体幹の厚さや怒り肩、堂々とした力強さは初期の匂いも感じられるように思いました。
眉間から巻き上げる様に渦を巻く頭髪の表現や、背筋を反り返るほどにしっかりと伸ばして胸を張る姿勢、本当に堂々とされた不動明王様でした。


P1130868.jpg
不動明王座像 国指定重要文化財 ヒノキ材 一木造り 像高187cm 平安時代後期


P1130889.jpg
牙を噛み下げ、深く刻まれた巻き毛から垂れ下げる弁髪


P1130895.jpg
堂々とした胸と、剣を握る力強い右腕





脇に立つ二尊像の数多の経験を積んできた感があふれる矜羯羅、制吒迦両童子のドヤ感。
もはや童子とは呼べないような貫禄があふれています。
どちらも不動明王像と同じく、ヒノキ材の一木造り。
像高は矜羯羅童子151.3cm、制吒迦童子144.3cm。
スッと立ち蓮の花を優しく持つ完全におばさんな制吒迦童子と、腰を捻り肘を内に入れやや窮屈な感じにも見える様に力強く立つおっさんな矜羯羅童子。
これほど引きつける矜羯羅、制吒迦両童子にはそうそう出会えませんね。


P1130885.jpg
矜羯羅童子 国指定重要文化財 ヒノキ材 一木造り 像高151.3cm 平安時代後期

P1130877.jpg


P1130897.jpg
制吒迦童子 国指定重要文化財 ヒノキ材 一木造り 像高144.3cm 平安時代後期

P1130898.jpg




拝観後にはお茶菓子のおもてなしを受け、肌寒いこの日の朝にほっこりとした温かさを頂いて勇山寺を後にするのでした。
静かな静かな境内に他にないような尊容を見せて下さる不動三尊像を堪能しさせて頂きました。


P1130924.jpg




大寺山 勇山寺(いざやまじ)
岡山県真庭郡落合町鹿田482
TEL : 0867-52-0454
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 無し









にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

度重なる中止を乗り越え巡った地 岡山!とんでもねぇー仏に会ったよの巻き

11月5日、関西の仏友さんと岡山の地を巡ってきました。
元々は10月13日にクラブツーリズムさんが主催された岡山ツアーへ仏友さんに誘われ参加したのですが、信じられないことにツアー開催定員に満たず中止。
それならばと、元々のツアー予定寺へ個人で拝観のお願いをし+αのお寺を加え岡山巡りの企画を立てました。
すると今度は強烈な台風19号が直撃となりやむなく当日の朝に中止するという立ち直れないほどのショックを受ける。。。
諦めきれない岡山巡りを即座に決断し、11月5日にリスケジュールして 僕自身初の岡山仏を巡る旅に行ってきました。


早朝8時に岡山駅に集合し、僕の運転するマイカーにて岡山を巡って参りました。
この日の行程は勇山寺→安養寺→岡山県立博物館→余慶寺→遍明寺→東寿院→明王寺。
そして夜は奈良へと戻って「ビストロ中華へいぞう」にて打ち上げと2度にわたる中止を振り切る楽しすぎる素晴らしい岡山仏巡りツアーを堪能させて頂きました。
これもお付き合い頂いた仏友さんのお陰でございました。



ではまず1寺目。
岡山県真庭市にある勇山寺へ国の重要文化財に指定される不動明王三尊を拝観。
2つとない非常に独特のお顔をされた三尊で1寺目からトップギアの素晴らしさ。
ご本尊は薬師如来坐像で33年に1度の秘仏。
次の公開は20年後。。。


P1130879_convert_20141111212000.jpg


2寺目に倉敷浅原にある安養寺。
収蔵庫には36体にも上る平安期毘沙門天立像が!
圧巻の空間で度肝を抜かれる。
安置される毘沙門天像の中にはポッコリとお腹の出た、先日 当ブログでも取り上げた達身寺と造形を同じくするお像も。
達身寺様と形容される毘沙門天像が倉敷でも見られることからも、達身寺に仏師の工房があった説をさらに裏付ける証となるのか。非常に興味深く拝観。


P1130934_convert_20141111212054.jpg


次に訪れたのは岡山県立博物館。
こちらでは特別展「護国山曹源寺」が催されており訪れることに。
常設展に展示される仏像にも期待をしていたのですが、今回は特別展に合わせお隠れになっており次への課題となりました。
展示されていた仏像は江戸期の像が殆どではありましたが山門に安置される宝冠釈迦如来坐像や羅漢像は見応えたっぷり。


35262_1_1240_0_convert_20141111213029.jpg


午後の1寺目は余慶寺。
秘仏となっている観音堂の千手観音菩薩像は2、3年前にご開帳があったそうですが今回訪れたのは本堂奥の収蔵庫に安置されている薬師如来坐像、聖観音菩薩立像、十一面観音菩薩立像の三尊。
国宝 醍醐寺薬師如来坐像に非常に良く似た素晴らしい方で見事な造形でした。
平安初期の圧倒的な圧を持った物凄い方でしたね。
ご住職もノリノリで拝観させて頂きました!


P1130968_convert_20141111212101.jpg


続いて遍明院。
こちらには平安後期となる五智如来像が!
深ーい瞳をされた5体の如来像が安置される収蔵庫は、本当に心震えるほどの空間で素晴らしかった!
大日如来を見つめていると胸がドキドキして心拍数がかなり上がってしまいました。
ここは凄いですよ!凄すぎて息苦しくなってしまったほど!


P1130979_convert_20141111212741.jpg


そしてお隣りの東寿院へ。
なかなか拝観の難しい塔頭らしかったのですが、代替わりがあったのか非常にスムーズに拝観予約の許可を下さり、拝観当日も気持ちよく拝観をさせて頂きました。
こちらには鎌倉時代の大仏師 快慶の作となる阿弥陀如来立像がご本尊としてお祀りされています。
火災の被害にあわれたとの事で螺髪部分は室町頃の後補となっているそうですが、元あった螺髪の型に合わせるように、造形を損なわないようにと修復が施されており、当時の修復の流れからは特異な像だそうです。
この頃の修復って完全に像容を損なう修復であったり、尊容を変えるような修復が目立ちますがこの像に関しては当時の像容を尊重した修復がされました。


P1130992_convert_20141111212417.jpg



最後に訪れたのは明王寺。
もう凄い聖観音菩薩立像が!
平安初期の造形で衣文の表現は物凄く、厚い波の表現から緻密な波の表現からもう凄い。
そして光量がまたいい感じでお像を最も美しく威厳あふれる様に照らし出してくれていました。
この日巡った仏像はどれも素晴らしくため息をつき通しの一日でしたがこの方は凄かったなぁ。


P1140040_convert_20141111212134.jpg


夕方の渋滞する中国道を抜けて帰り着いた奈良の地で打ち上げ。
もちろんへいぞうさんでワイワイ楽しむ、見仏→へいぞう という黄金コースでこの日を締めくくりました。
仏友さんを連れて巡った岡山の地。
もっと効率良く巡る事も出来たはずだなぁと反省点も多々ありますが至福の一日となりました。
詳細は後日アップするぞーーー!(いつになることやら...)


IMG_8560[1]_convert_20141111212221

IMG_8561[1]_convert_20141111212211







にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ