茨城県・菊蓮寺「母なる千手観音菩薩立像の巻き」

楽法寺→妙法寺→弥勒教会→来迎院→阿弥陀堂と巡ってきた茨城秘仏ツアーもいよいよラスト。
最後に訪れたお寺は、収蔵庫に350cmともなる大きな千手観音立像を安置する菊蓮寺です。


P1070590_convert_20140925191735.jpg


807年に行讃(ぎょうさん)上人が、蓮華の上に舎利、菊花があり輝いているという霊夢を見た地に、舎利山 山光院菊蓮寺を開山。
天台宗として650余年を経て、覚誉冏察(かくよけいさつ)上人が浄土宗として中興し現在に至ります。


P1070563_convert_20140925192023.jpg

P1070628_convert_20140925192215.jpg


山門をくぐると大きな収蔵庫が。
ご住職が扉を開けて待っていてくださいました。
収蔵庫の正面へ回ると目に飛び込んでくる大きな千手観音像に圧倒されます。
前述したように像高350cmと茨城県下第2位の大きさを誇る立像で、収蔵庫いっぱいにそびえるお姿は中々に迫力があり、
鎌倉期の造仏で、玉眼が嵌め込まれた半眼の目で見据えてくるその尊容は神々しく霊威を感じました。


P1070568_convert_20140925191748.jpg


合掌手の肘のあたりから一気に咲き乱れる様に四方へと延びる脇手がより一層にこの像の大きさを感じさせ、しっかりと現れた木目とノミの彫り口の様な文様が見て取れることも、この像の存在感、迫力といったものを増幅させているように思います。
元々は金箔や彩色が施されていたのか、そこはちょっと分からないですが、現在の素地造りのようなお姿が最も霊威的で迫力があり尊いお姿のように感じます。
まあ僕個人の好みではありますが。


P1070585_convert_20140925191959.jpg

P1070584_convert_20140925191947.jpg

P1070576_convert_20140925191903.jpg


また、脇に安置される不動明王と毘沙門天も素晴らしい。
平安後期くらいの方で、共にやや動きは固いようですが、木目によって現れる造形の表情が素晴らしく、特に不動明王は像全体から木目が溢れ出し生き生きとしたものを感じさせてくれます。
大きく肩を張り胸の下からググッと引き締まっていく腰周り、大きな鼻に天地眼にしかめたお顔からも非常に引きつけられる魅力を持った方でした。


P1070617_convert_20140925192441.jpg

P1070620_convert_20140925192449.jpg


そして奥には中尊の先代がひっそりといらっしゃいました。
中尊の千手観音像が鎌倉時代に対し、脇侍の2体が平安時代。
これには理由があり、元々この3体は常陸太田市の西部に位置した金砂村にあった定源寺の像で、平安時代末期の佐竹氏と源氏が戦った金砂山の戦いにより、巨像であった中尊は運び出すことが出来ずに焼損、脇侍の不動明王、毘沙門天は運び出すことが出来 難を逃れたという事です。
その焼損してしまった元のご本尊が堂内の奥にひっそりとたたずまれていました。




千手観音菩薩像。
無限とも思える千の手によって衆生のあらゆる苦しみや厄災を取り除き救ってくださる仏様。
とある盲学校の生徒さんが描いた母親の絵。
そこには無数の手を持つ母が描かれていたそうです。
目が不自由な為に障害をいつも取り除いてくれる母は、
まるで手が何本もあるようだ、とその生徒さんは語ったそうです。
ご住職は、千手観音菩薩とはまさにそういうことなんでしょうねと仰っておられました。
その話を聞いてから見た千手観音像は先程までの霊威的な雰囲気よりも、どこか優しい母の様に見えてきたのだから不思議だ。






舎利山 三光院菊蓮寺(きくれんじ)

茨城県常陸太田市上宮河内町3600
TEL : 0294-76-9244
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り










にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

茨城県・中染町阿弥陀堂「等身大の鉄仏!阿弥陀如来像の印相に触れるの巻き」

魅力たっぷりの地方仏の次に巡ったのはこれまた非常に珍しい鉄仏!
向かったのは中染町阿弥陀堂。
こちらに、西の方ではほとんど見ることのない鉄仏がいらっしゃいます。
しかも等身大にもなる大きな阿弥陀様で、今年に重要文化財に指定され話題となった方です。


P1070489_convert_20140911220036.jpg

P1070490_convert_20140911220044.jpg

P1070556_convert_20140911220729.jpg


中染町の山のふもとの高台に建つ収蔵庫の扉を開けて頂き、ご対面させて頂いた阿弥陀如来立像は鉄仏とは思えないような柔らかな衣文表現を見せる阿弥陀様でした。
側面には鋳造跡のヒダが見え鉄仏の造像過程を見て取ることが出来ますが、鉄仏としての重さよりも柔らかさと憂いを感じました。
ほとんど伏せたような眼差しに静かに結んだ口元はどこか寂しさをも感じるようで。


P1070508_convert_20140911220438.jpg

P1070538_convert_20140911220618.jpg


そしてとんでもない事が起こります。
なんと写真はおろか、触れることを許して頂いたのです!
恐る恐ると像に触れる仏友たち。
そして僕も阿弥陀様に触れさせて頂きました。
どこへ触れようかと思いましたが、自然と手が伸びたのは御手でした。
衆生の悩み苦しみを取り除いて下さる印相、極楽浄土へと迎えて下さる印相へと手を伸ばし触れさせて頂きました。
こんな機会が訪れるのかと驚きと興奮で一杯になりながら、めったとない機会をいただいてきました。


IMG_7724[1]_convert_20140911221510


背面には本像を固定するためか、光背を取り付けるためか金具の取付枠があり、鉄仏の重さを物語るような特徴を見せます。
聞くところによると重量は300kgだそうでとんでもなく重く、重要文化財の指定を受け東京国立博物館へ展示する為に運び出すのも一苦労だったようです。


P1070514_convert_20140911220518.jpg

また、銘文も残され
「奉治鋳法然寺阿弥陀如来立像、大檀那桐原左衛門入道祭立、大工権守入道西念、勧進憎立仏房生年五十六、仏師日向房良覚、弘長4年甲子4月26日」
桐原左衛門が寄進者となり法然寺の阿弥陀如来像として造らせたもので、大工が権守入道西念、勧進が僧立仏房、仏師に日向房良覚を迎え造像されたことが記されています。


P1070520_convert_20140911220531.jpg


鉄仏は現存するそのほとんどの像が鎌倉時代以降に造られ、地域的に見ても関東地方、愛知県に多く残っているそうです。
関西在住としてはなかなか出会うことのない鉄仏と、しかも触れさせて頂くというとんでもない機会に恵まれ心から感動を味わう素晴らしい出会いとなりました。


IMG_7728[1]_convert_20140911221630




収蔵庫から少し離れたところに祀られている金精様。
子孫繁栄や安産、縁結び、商売繁盛などの神様です。
IMG_7718[1]_convert_20140911222249





中染町阿弥陀堂
茨城県常陸太田市中染町23
TEL : 0294-72-3111(常陸太田市教育委員会)
拝観 : 通常10月の第3土・日に行われる「常陸太田市指定文化財 集中曝涼の日」
拝観料 : 志納




にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

茨城県・来迎院「地方仏!不思議な魅力の阿弥陀如来坐像の巻き」

弥勒教会を後にして次に向かったのは常陸太田市。
ここからは教育委員会の方にご案内いただき、また世話方さんにもご協力を頂きながら3ヶ寺を巡りました。
まずはご案内いただいたのは来迎院。

正式には光明山 安養寺来迎院という天台宗の寺院で、元は大洗神社の別当寺院であった大洗山普賢院が明治期の神仏分離令により、廃寺となっていた真言宗寺院 富貴山阿弥陀院安楽寺の跡地へと移され現在の名称へと改めらた寺院です。
現在は無住のなっており太田市大里の町内会の方々によって守られています。
通常であれば年に一度、10月の第3土・日に行われる「常陸太田市指定文化財 集中曝涼の日」の文化財の一斉虫干しの時のみだそうですが、今回はご縁を頂きご本尊の阿弥陀如来坐像を拝観させていただきました。




P1070488_convert_20140911183523.jpg


現地へ到着したころはシトシトと雨が降る生憎の状況でしたが、迎え入れてくれる楼門の素晴らしさと、守護する仁王像のとんでもない愛嬌にほっこりとします。
確かな技量を持った仏師の作とは考えにくいような、ある種 土着のなにかモデルがあったのでは?と思わせるような独特な風貌をされています。
こう言っては何ですが、田舎の腕白小僧が大きくなったという様。
丸々と膨らんだほっぺにグリグリとねじった太い眉毛、完全に埋もれた首に怒り肩の非常に風味豊かな像容です。




P1070456_convert_20140911183552.jpg

P1070455_convert_20140911183531.jpg



楼門をくぐり見えてくる阿弥陀堂はこれまた非常に趣があり、楼門と並んで県指定の文化財となっています。
堂内へ上がらせて頂き、拝観させていただいた ご本尊の阿弥陀如来坐像は鎌倉時代の作とされ寄木造りの彫眼。
阿弥陀堂外にある案内板にある写真では、やや幼児的な幼さを感じる可愛らしい雰囲気を感じましたが、実際に目にする阿弥陀如来坐像は可愛らしさと、堂々とした体躯の力強さと威厳を感じる方でした。



P1070459_convert_20140911184048.jpg

P1070486_convert_20140911183612.jpg



都仏とは全く違った地方仏の魅力があふれ、平安仏的な力強さも感じる素晴らしい阿弥陀様です。
頭部が非常に大きく、仰ぎ見る様に造られた造形がますます地方仏的な魅力を増幅させ、逆に見据える目と通った鼻筋、結んだ口元が精悍さを感じさせます。
なんだか色々なところにアンバランスさというか不思議な魅力を感じさせてくださる阿弥陀様でした。
これぞ地方仏であり、こういった仏像に出会えるのが地方へ巡りたくなる魅力なんだなと大いに納得し当ツアーの醍醐味を感じるのでありました。



P1070484_convert_20140911184101.jpg

P1070464_convert_20140911184119.jpg

P1070472_convert_20140911184130.jpg





光明山 安養寺来迎院(あんようじ らいごういん)
茨城県常陸太田市大里町3708
TEL : 0294-72-3111(常陸太田市教育委員会)
拝観 : 通常10月の第3土・日に行われる「常陸太田市指定文化財 集中曝涼の日」
拝観料 : 志納









にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

茨城県・弥勒教会「力強く生命力あふれる伝運慶の弥勒仏の巻き」

茨城ツアー3寺目にお参りしたのは笠間市石寺の丘稜地にある弥勒教会。
鎌倉時代、笠間の一帯を治めていた笠間時頼は京都蓮華王院(三十三間堂)に千手観音(120号像・169号像)を寄進したことでも知られ、笠間の地にも六体の仏像を安置したと伝えられています。
そのうち現存するのが楞厳寺千手観音立像、岩谷寺薬師如来立像とこちらの石寺弥勒堂弥勒菩薩立像です。

この弥勒如来の製作に当たったのは江戸時代の文書によれば『運慶作の弥勒菩薩』と記されてあったそうで、伝運慶作として伝わっています。
昭和2年の解体修理の際に像内と足柄に墨書銘が見つかり、笠間時頼同身の『弥勒如来』である事が判明。
作者に関する墨書は見つかってはいないそうですが、その像容は伝運慶の伝えを「かもしれない」と思わせる素晴らしいものでした。


P1070429_convert_20140905170437.jpg

P1070441_convert_20140905170448.jpg




通常は4月8日のみのご開帳となっておりますが、今ツアーでは特別に拝観の許可を頂き、丘陵の中にひっそりと佇む収蔵庫の扉をを世話方さんに開けて頂き、伝運慶作と伝わる弥勒仏を拝観をさせて頂きました。

  P1070395_convert_20140905163704.jpg
  国指定重要文化財 ヒノキ材の寄木造り 像高は180cmくらいか

収蔵庫の開けられた扉から、180cm超えると思われる堂々とされた弥勒仏のオーラが溢れ出してきます。
非常に力強い作風で、しっかりと見つめる瞳の力強さや、大きな肩幅、美しく量感溢れる衣文表現は運慶を感じさせる像様でした。

発見された墨書の年代からは運慶以降の時代だそうですが、運慶に非常に近しい仏師、運慶工房の仏師の作であったろうと思わせてくれます。
肩周りの肉付き、手先の肉厚さと、どっしりとした量感を感じさせる造形で、その力強い体躯に負けない張りのある精悍な顔つきは非常に魅力的で生々しく生命力を感じる生き生きとした弥勒如来でした。

衣に表現された衣文模様も太く力強い感じで、所々で松の枝のように枝分かれし、快慶の流れる様に連なり表現される衣文とはまた違った魅力を溢れさす素晴らしい表現でした。

もっともっと長く見ていたい弥勒様でしたが、次の予定があるので後ろ髪を引かれながらその場を後にしました。

P1070433_convert_20140905170348.jpg

P1070373_convert_20140905170140.jpg

P1070378_convert_20140905170148.jpg

P1070398_convert_20140905170212.jpg






弥勒教会
茨城県笠間市石寺482
拝観 : 毎年4月8日
拝観料 : 志納








にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

茨城県・妙法寺「俊義上人の即身仏!の巻き」

茨城秘仏ツアー2寺目は同じく桜川市にある妙法寺。
こちらでは驚くべき方と出会った。

P1070349_convert_20140831164114.jpg


即身仏。
衆生救済を願い、厳しい修行の末にその身をこの世に残し、衆生救済に努めようとした僧侶のお姿です。
五穀断ち、十穀断ちの木食行を行い、そして生きたままに空気穴の竹筒のみが通された土の中へと入り土中入定を行う。
命ある間は鐘を鳴らしながら読経し、その音、声が止むと入定されたとして空気穴などを埋めて一定期間後に掘り出すという。
通常は3年ほどであるらしいですが、遺言の様な形で何年後に掘り出してくれと頼む場合もあるそうです。

本堂の右奥隅に這いつくばるように、首をひねり大きく口を開けた舜義上人即身仏。
遺言により1年後に掘り出すようにと残して入定したそうなのですが、掘り出されたのはなんと50年もの月日が流れてからでした。
あまりにも掘り出してもらえないため、当時のご住職の夢に「掘り出してくれ」と現れたそうで。
そのためのこのお姿なのか、とんでもない迫力を見せつけてくる異様さに息を飲みました。
もともと俊義商人は鎌倉の宝戒寺のご住職であったそうなんですが、桜川の地が気に入りこちらの移り住むようになり、この地での衆生救済に尽力されたそうです。

P1070346_convert_20140831164054.jpg

P1070347_convert_20140831164101.jpg
舜義上人が即身仏となるために入られた石室となる阿弥陀仏像。
組んでいる足のあたりで上下に分かれて中へ入れる形になっているそうです。



本堂須弥壇には伝菩薩像、伝虚空蔵菩薩像を脇侍に阿弥陀如来座像がいらっしゃいます。
共に県指定文化財で9世紀 平安時代の作とされ、三尊ともに体部は後補の金箔が押され衣部は漆の茶褐色の色を出した、見た感じでは似たような作風でした。
ただ、虚空蔵菩薩像は天部系の形をされているので三尊形式で作成されたのではないと思います。
中尊の阿弥陀様も、釈迦、薬師、阿弥陀とそのお姿を変えてきたとの伝承もあり、どのような経緯でこの三尊で祀られるようになったのかはちょっと分かりませんでした。
やや遠めからの拝観で細部まではわかりませんでしたが、伝虚空蔵菩薩像が最も古いのではないかなぁという仏友の方々の意見も。

topics6.jpg
茨城県教育委員会HPより



また、中尊の後ろにはご本尊となる地蔵菩薩立像が!
全然気づかずにいましたがお寺の奥様が教えてくださり驚いて目を凝らしてみました。
薄暗くてほとんど見えずでよくは分かりませんでしたが。
そして阿弥陀三尊の前にはお前立になっている地蔵菩薩立像。
奥様によると妙法寺さんで一番古い仏像だと仰っていました。
後補の金箔でピカピカしていてその為、文化財の指定は受けれないとか。。
お寺巡りをしているとよく聞くお話ですね。


P1070359_convert_20140831164146.jpg

P1070358_convert_20140831164133.jpg

P1070364_convert_20140831164203.jpg





妙法寺(みょうほうじ)
茨城県桜川市本郷13
TEL : 0296-75-1802
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り








にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
NEXT≫
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ