FC2ブログ

亀山市・慈恩寺「ゴリゴリ重厚!阿弥陀如来立像の巻き」

このエントリーから少し三重の仏像を更新していきたいと思います。

三重県 亀山市慈恩寺。
2019年の春にお参りさせていただきました。

2003年 四日市市立博物館 開館10周年記念で催された「仏像東漸」展の図録の表紙を飾り、昨年末の三重県立総合博物館での「三重の仏像」展にも出展された三重県を代表する阿弥陀如来立像がお祀りされているお寺で、以前からずっとお参りしたいと願っていました。




P2160923.jpg
本堂



P2160924.jpg
本堂にある由緒書き



P2160990.jpg
文化財掲示板



奈良時代(神亀5年-728年)に、聖武天皇の勅願により僧行基が創建した薬師寺(長福寺)に自作の薬師如来像を安置したことに始まると伝えられる。
往時には七堂伽藍がありましたが、たび重なる兵火で焼失しました。
災禍を逃れた本尊は、法相宗から浄土宗への改宗にあたり薬師如来であったものが阿弥陀如来像に改作された。
高さ161.9cmの一木造りで、両肩や衣紋部に木屎漆で塑形し漆箔仕上げとする。




P2160981.jpg
本堂に祀られる阿弥陀如来像




P2160929ko.jpg
阿弥陀如来立像 平安時代前期 国重要文化財 ヒノキ材 一木造り 像高161.9cm



どっしりとした目を見張る体躯に太く深く彫られたゴリゴリの衣紋。
平安前期像ということで、由緒板にもある通り元は薬師如来であったのだろうと思います。
時代のニーズに合わせ、造形が改変され尊名が変更されるのはよくある事ですが、この阿弥陀像は薬師如来の残り香がプンプンしますね。




元興寺像や神護寺像よりは量感や怖さが穏やかになっている印象はありますが、それでも前期の重厚さが十分に感じられる見事な如来立像でした。
三重を訪れるなら必ずお参りしたい阿弥陀様ですね。




P2160967ko.jpg
どっしり感あふれる体躯



P2160974ko.jpg
厳しさを残しながら穏やかさも見れる 粒立つ螺髪!



P2160961ko.jpg
腹回りや左腕を流れる衣紋の深さ



P2160965ko.jpg
ゴリゴリ感が顕著な衣紋部




何度でもお会いした阿弥陀如来さまでした。
元はお薬師様であったのだろうけど、民衆の願いや救い、求められる形へお姿を代えていくのも仏さまの在り様ですね。
いつかまた、お会いしに行きたいなと強く想う仏さまでした。








亀鶴山 慈恩寺
三重県亀山市野村3丁目18-1
TEL : 0595-84-5049
宗派 : 浄土宗
御本尊 : 阿弥陀如来
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 門前





にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事

桜井市・報恩寺「阿弥陀如来坐像の巻き」

前回のエントリー「不動院」からすぐ近く、同じ外山(とび)にある報恩寺さんには平安時代後期 定朝様とされる半丈六の阿弥陀様がお祀りされています。
3年程前に不動院さんと共にお参りしまして、今年の正月もお参りしてきました。



P1290048.jpg
本堂


P1290061.jpg
文化財掲示板



定朝様とされる阿弥陀如来像で非常に均整の取れた尊容。
しかし定朝様の穏やかでゆったりとした優しだけではない、力強さが表れているように思いました。
鎌倉の息吹がする、いわゆる藤末鎌初といわれるお像に感じます。
優美さがありながら、体躯からは強さも感じられ衣文の表現は立っていて、大好きな像容で見とれてしまいました。



P1290060.jpg
本堂内


P1290049-2.jpg
阿弥陀如来坐像 平安時代後期 県指定文化財 ヒノキ材寄せ木造り 像高216.2cm


尼様からは阿弥陀様にまつわる不思議なお話をたくさん聞く事が出来ます。
阿弥陀様に呼ばれた人のお話、開眼供養前に目を開いたお話、阿弥陀様がしゃべるお話…etc
お寺や仏さまにはいろいろと逸話がありますが、今の世もそういったお話があり後世に残っていくんだなと思うと非常に興味深い物語です。





P1290050.jpg
流れる衣紋から定印までの美しさ


P1290056.jpg
結ぶ弥陀定印は力強い







神應山 報恩寺
奈良県桜井市大字外山548
TEL : 0744-42-3757
宗派 : 真言宗
御本尊 : 阿弥陀如来
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り





にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事

桜井市・不動院「優美な不動明王坐像の巻き」

新年あけましておめでとうございます。
ほぼ1年ぶりの更新です。汗
簡易的ではありますが今年は更新をしていきたいと思います。


奈良県桜井市外山(とび) 不動院。
国の重要文化財に指定された平安時代後期の不動明王坐像がいらっしゃいます。



P1290107.jpg
本堂


P1290100.jpg
本堂内


髪を弁髪にまとめ左へ垂らし、目は天地眼で上下牙。
大師様と十九観、両方の特徴が混ざり合ったお姿。
憤怒相ではありますが、穏やかな気品があるというか優美さを感じるお不動様でした。



P1290080.jpg
不動明坐像 国指定重要文化財 平安時代後期 ヒノキ材寄せ木造り 像高85cm


P1290076.jpg
天地眼 上下牙


P1290086.jpg
薄くやわらかな衣文


現在は拝観の受付はされていないそうですが、お正月3が日、毎月28日はお堂を開けているそうです。
3年程前に一度お参りさせていただいていましたが、今年の3が日にもお参りさせていただきました。
お像の近くまで寄らせていただいてじっくりと拝む事が出来ます。
また、堂内には如来荒神像という珍しいお像も。


P1290097.jpg
如来荒神







藤原山 不動院
奈良県桜井市外山878
TEL : 0744-43-7406
宗派 : 真言宗
御本尊 : 不動明王
拝観 : 正月3が日、毎月28日
拝観料 : 志納
駐車場 : 有り





にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事

甲賀市・光明寺「ふっくら優美な十一面観音像に出会うの巻き」

例年、1月はのんびりしている事が多いのですが、今年は三が日のご開帳にも出かけたりと精力的に?仏像巡りを開始しております。
その中で今回は、滋賀県は甲賀市の光明寺の十一面観音菩薩立像を紹介したいと思います。

訪れたのは初観音にあたる1月17日。
通常は秘仏でお厨子の扉は閉ざされていますが、この日は厄年や還暦などの厄払い 長寿祝いを行う行事としてご開帳されるそうです。
10時頃よりご開帳法要があり、一般拝観は11時頃から。
扉の開いている時間ですが、問い合わせた時は夕方頃まで開いてるかな?とのことでしたが、現地で確認すると12時過ぎには閉めるのではないか?ということでした。
確実にお参りするには11時を目指して訪れるのが良いと思います。
また、3月の第2日曜にも簡易的ではあるがご開帳されるそうです。



P2160554.jpg
ご開帳される十一面観音菩薩像が祀られているお堂


元は明歴元年(1655)に五反田尾崎に創建された天台宗寺院 観音寺の御本尊であったそうですが、明治9年廃寺となり光明寺に移されたそうです。
11時頃に光明寺へ到着すると、ちょうどお堂から村の方々が出てくるところで、どうぞお参りくださいとお堂へ上げて頂きました。

開かれたお厨子の中にはため息の出る美しい観音さまがゆるやかに立たれていました。



P2160534.jpg
十一面観音菩薩立像 重要文化財 一木造り ヒノキ材 平安時代中期 像高103.2cm


P2160535.jpg


甲賀町の文化財HPなどでは平安後期像と紹介されていましたが、お姿を拝ませていただいた印象はもっと古様に見えました。
お顔はふっくらとされていてお腹周りも程よい量感。
衣紋表現も薄彫り過ぎず強さの残るものと感じました。



P2160528.jpg



P2160530.jpg



3尺より少し大きいくらいのお像ですが、もっと大きな、等身大くらいに思えた優美な観音さまで、向き合っていられる時間が本当にありがたく感じました。
堂々と立つお姿、量感を見せる尊容や体躯、ところどころには色彩の残りが見えてワクワクします。
また、裳裾は両足の間をくぐるように彫られ非常に珍しいなと感じました。

お参りする中で、秘仏巡りをされている方や、重要文化財に指定された十一面観音菩薩像を巡っている方、秘仏開帳で何度もお会いしている顔見知りの佛友さんに出会ったりなど、ご開帳あるあるなご縁もありながら非常に素敵なご開帳となりました。




P2160551.jpg
下ぶくれなふっくらとした頬の量感 かわいらしいですね


P2160542.jpg
左へ腰を突き出し、程よく量感を残す 

P2160545.jpg
両足の間をくぐる衣の表現は珍しく思う


堂内には観音像を撮影した写真も飾られており、後ろ姿も確認する事が出来る。
簡素ではありますが後ろ姿もしっかりと表現されており、暴悪大笑面も見てとれました。

1年に1度ないし2度しかないご開帳。
ご都合の合う方は是非ともお参りされることをおススメいたします。
平安中期の観音像の美しさは やはり格別でございました。
来年も時間が取れたらお参りに伺いたいと強く思うのでした。




P2160538.jpg
優美に立つ後ろ姿 省略されることなく後ろ姿を彫られていました



P2160540.jpg
暴悪大笑面も確認できる後頭部写真



IMG_9059.jpg
ご接待いただいた おぜんざいにお漬物 お漬物は村の方が漬けた物だそうでめちゃくちゃ美味しかった!







※写真は許可を頂いて撮影したものです、常時撮影が出来るものではございません。





参考にさせて頂きました
せきどよしおの仏像探訪記
甲賀町の文化財





天照山 光明寺(こうみょうじ)
滋賀県甲賀市甲賀町五反田899
TEL : 0748-88-4730
宗派 : 浄土宗
御本尊 : 阿弥陀如来
拝観 : 秘仏
拝観料 : 志納
駐車場 : 数台分





にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事

高石市・不断寺「愛らしい!平安期の無指定佛を巡る!の巻き」

前回の記事に続き紹介する泉州佛は、文化財的には無指定ですが非常に魅力的だった如来坐像を紹介したい。

高石市に所在する浄土宗寺院 不断寺。
仏像検索をしても、文化財検索をしてもなかなか検索にヒットしないお寺だと思いますが、ご本尊は文化財的には無指定ながら平安時代後期の作とされる阿弥陀如来立像。
また脇佛には同じく無指定である平安中期の如来坐像がいらっしゃいます。
およそ15年以上前に堺市博物館で催された展覧会「大阪の仏像」展に出展された像です。





P1300689.jpg
本堂


P1300690.jpg
案内板


P1300629.jpg
御本尊阿弥陀三尊像




まずはご本尊 阿弥陀如来立像。
平安後期の優美な阿弥陀像で、優しいお顔に美しく薄く流れる衣紋線。
快慶 安阿弥様の非の打ち所がない美しさとはまた違った穏やかで太く美しい像様。
脇侍の観音菩薩、勢至菩薩像は室町時代の像。



P1300632.jpg
阿弥陀如来立像 無指定 寄せ木造り 平安時代後期 像高97cm



P1300665.jpg



P1300668.jpg



P1300670.jpg





ご本尊にお参りした後、ご住職にお願いしもう一体の平安佛を拝ませていただいた。
その像が今回ご紹介したい如来坐像です。
こちらも文化財的には無指定ですが平安の中期頃でしょうか、ご本尊よりは確実に古いお像であり、右肩をあらわにして袈裟を纏う偏袒右肩という珍しい造形の非常に魅力的な如来像です。





P1300674.jpg
如来坐像 無指定 平安時代中期 一木造り ヒノキ材 像高37.cm


現在の造形は阿弥陀定印を結ぶ、阿弥陀如来像とされていますが、右腕先や左手先は後補で当初の尊名は不明だそうで、元々は五智如来の一体であった可能性も考えられる。
不断寺は室町時代の開創で、如来像の伝来も不詳であるそうだ。

非常に穏やかでありながら引き締まった表情に、肉髻の境が定かではない螺髪、華奢な体躯に纏わる衲衣と下半身の量感。
37cmという小さな仏像でありながらも非常に魅力的でインパクトのある如来像でした。
平安佛好きな方には是非ともお会いして頂きたいお像です。

眉から鼻筋への稜線や瞑想する双眸は若々しさがありそしてイケメン!
鼻翼が広いところも威力的ですね。




P1300679.jpg
形式的な衣文表現にも見えるが小さなお像であり見事であると思う


P1300682.jpg
偏袒右肩のお姿は珍しくグッとくる


P1300663.jpg
脚部の衣紋表現に形式的なもの、後補的なものが伺える…気がする…




大阪泉州にはまだまだ古佛が沢山いらっしゃいます。
大阪に佛無しかと思っていた事を恥じたい。
奈良佛に力を入れている当ブログですが、大阪佛にも力を入れていきたいと思わずにはいられない仏像との出会いでした。







不断寺(ふだんじ)
大阪府高石市高師浜3-8-13
TEL : 0722-65-3355
宗派 : 浄土宗
御本尊 : 阿弥陀如来
拝観 : 要予約
拝観料 : 志納
駐車場 : 山門前







にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
NEXT≫
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ