マニアック平安佛!和歌山県博「有田川中流域の仏教文化」展の巻

2017年
博物館や美術館で仏像が多数展示される展覧会が数多く開催される事が昨年より話題に上がっておりました。
西(奈良博)で”快慶”、東(東博)で”運慶”をはじめ、

・高月観音の里歴史民俗資料館
 特別陳列 本尊を取り巻くホトケたち-脇役たちの輝き- 1月25日~3月12日
・滋賀県立安土城考古博物館
 企画展 大湖南展-粟太・野洲郡の風土と遺宝- 2月25日~4月9日
・太子町立歴史資料館
 企画展 斑鳩寺の文化財 庫裏の仏さまたち 2月11日~4月9日
・三井記念美術館&あべのハルカス美術館&山口県立美術館
創建1250年記念 奈良 西大寺展-叡尊と一門の名宝-
 4月15日~6月11日、7月9日~9月24日、10月20日~12月10日
・大阪市立美術館
 木と仏像-飛鳥仏から円空へ  日本の木彫仏1000年  4月8日~6月4日

僕が注目しているだけでも年明け早々にこれでもかと催しが決まっています。
その中で、今回は和歌山へ行ってきました!
仏像展目白押しの2017年の幕を開けるに相応しい素晴らしい展覧会が和歌山県立博物館で開催されております。



企画展 「有田川中流域の仏教文化」展
 会期 1月21日~3月5日


2016122817564213c.jpg


重要文化財に指定される有田川二川の安楽寺多宝塔小塔修理完成記念として、安楽寺のある有田川中流域に伝わる仏教文化にスポットを当てた企画展です。

会期に時間がありません。
展覧会の概要等を僕のブログに期待する方もいないでしょう。
僕のブログを訪れて下さる方はきっと仏像の情報を知りたい方が大半を占めると思われますので、色んな物をすっ飛ばして展示順なんかも抜きに私的注目佛をどんどん紹介したいと思います。



P1260580.jpg
湯川川流域で新たに発見された平安佛、二天立像


湯川川流域で新たに確認された平安佛が展示されています。
新たに確認された-。湯川川流域で最古となる二天像-。
このフレーズに心踊らない仏像好きがいるでしょうか?いないでしょう!


量感ある立ち姿でありながらどこかコミカルな雰囲気も感じる二天像で、甲冑の彫り込みなどはなかなか細部まで彫られていて素晴らしいです。
二天像が間隔を空けて並ぶ空間は非常に見応えが有り、この二天像からはオーラが溢れ出ておりました。
目の飛び出し、ざっくりと彫られた邪鬼も惹きつけられるものがある。
また、火炎が描かれた板光背も雰囲気が合って素晴らしい。好きですねこういう光背は!



P1260548.jpg
二天立像 無指定 平安時代中期 像高71.5cm 下湯川観音堂

P1260556.jpg
二天立像 無指定 平安時代中期 像高73.2cm 下湯川観音堂

P1260567.jpg
像の雰囲気ともよく合っており大好きな光背 当初からのもの?

P1260562.jpg
表情、肉感、素晴らしい!



また、同じく湯川川流域 下湯川観音堂の阿弥陀如来坐像は大きく摩滅し、その尊様を著しく損なってはいますが、それでもなお気品あふれるイケメンぶりが伺えます。
後世の墨書ではありますが運慶の文字が。
もちろん運慶作ではないでしょう、しかし、平安後期の定朝様を見せながら小顔でやや遠くを見つめるような眼差しなどからは、力強さ、来たる鎌倉の匂いが感じられるように思います。


P1260583.jpg
阿弥陀如来坐像 無指定 平安時代後期 像高44.4cm 下湯川観音堂

P1260591.jpg
ゆったりとなで肩、大らかな体の上には力強さのある小顔

P1260586.jpg
非常に格好良いお顔 イケメン!





ずらりと並ぶ法福寺像は圧巻。
観音菩薩像、地蔵菩薩像、吉祥天像に虚空蔵菩薩像。
像名の字面を眺めるだけでも興奮してくる仏像が列をなして展示されております。


P1260534.jpg



太い顔で堂々とした体躯、下半身の衣紋は簡略化され浅彫りではありますが、右腕には旋転紋が見られ平安前期の匂いが残った地方佛ならではの魅力が詰まった観音様。

P1260745.jpg
観音菩薩立像 町指定文化財 一木造り 平安時代10C 像高113.0cm


P1260741.jpg
条帛の感じ、天衣の旋転紋に深く刻まれた三道など非常に好み



腹回りから太腿へ、肩から胸から流れ出す衣紋の流れが、太く深く彫られこちらも平安前期の匂いを多分に残す地蔵菩薩像。
胴体部の接写を見ているだけでワクワクしてしまいますね。
左腕の衣には先の観音像と同じく旋転紋が刻まれており、一具の像として造られたものである可能性も。


P1260733.jpg
地蔵菩薩立像 町指定文化財 一木造り 平安時代10C 像高98.9cm


P1260644.jpg
平安前期の地蔵菩薩といえばこのカットが見たい



観音菩薩像、地蔵菩薩像よりもさらに量感あるこの吉祥天像がまた素晴らしい。
体幹部の衣紋表現はあっさりとしているものの、両腕から垂れる衣の重さに衣紋のゴリゴリ感はたまらない。
更には旋転紋を両腕ともに内と外に2個ずつ彫り込み、仏師のこだわりをココに見ることが出来るように思います。
かなり好きな吉祥天像です。



P1260655.jpg
吉祥天立像 町指定文化財 一木造り 平安時代9~10C 像高78.8cm


P1260659.jpg
どっしりと垂れる衣の量感と旋転紋の厚み


P1260651.jpg
反対から見てもどっしり 不規則に流れる衣紋もいいですね


P1260660.jpg
結構 霊威的な鋭いお顔



さらにもう1体の地蔵菩薩像も目を引きます。
右肩をあらわにする偏袒右肩(へんたんうけん)に衣を身に付け、右手は袖を掴んで立つお姿は異様で妖艶。
左脇から斜めに横切るように流れる衣紋も珍しいですね。
昨年に「福井の仏像」展でお会いした高尾町薬師神社の薬師如来立像も左脇から衣紋が胴を巻き込むように流れていたのを思い出す。
右手で掴んだ衣の表現にもグッとくる。



P1260675.jpg
地蔵菩薩立像 町指定文化財 一木造り 平安時代11C 像高98.9cm


P1260677.jpg
斜めに動を横切る衣紋が美しい


P1260724.jpg
グッとくる。 衣を掴み動きが溢れ出す



紹介した仏像以外にも、まだま、まだまだ たくさんの素敵な仏像が展示されています。
安楽寺蔵の大日如来坐像、阿弥陀如来坐像に観音菩薩立像。
法福寺には虚空蔵菩薩立像に菩薩形立像そして二天像なども。
町指定、無指定のマニアックな仏像がまだまだ展示されているこの「有田川中流域の仏教文化」展。
会期は今週末で終了。
ぜひこの土日に、仏像好きの方は訪れて欲しいです。
きっと満足されると思います!


P1260541.jpg     P1260709.jpg
安楽寺 大日如来坐像                法福寺 二天立像

  
P1260610.jpg     P1260616.jpg
松葉観音堂 菩薩形立像              西原観音堂 馬頭観音坐像





最後におまけ!!
いや、ここに注目される方もかなりいるはず邪鬼部!!
邪鬼を愛する皆様にお贈りする素敵な邪鬼たち。
目の飛び出た邪鬼、鉈彫り邪鬼に、摩滅具合が独特の魅力を出す邪鬼。
ここまで魅力的な邪鬼はなかなか見れないと思いますよ!


P1260565.jpg     P1260578.jpg
突出した目玉と唇 ユーモラスな表情に吸い込まれる


P1260679.jpg     P1260680.jpg
鉈彫りの邪鬼  今まさに現れ出て様とする邪鬼?!


P1260720.jpg
摩滅の具合で悪魔的というか妖怪的なおどろおどろしさが出た邪鬼






和歌山県立博物館
和歌山県和歌山市吹上1丁目4-14
073-436-8670

「有田川中流域の仏教文化」展
会期 1月21日~3月5日











にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

平安佛の大洪水!白山を仰ぐ「福井の仏像」展の巻④~菩薩編~

P1240665.jpg



並んで展示される2体の菩薩坐像は共に大日如来像であったのではないだろうかとされる像だそうで、1体は八坂神社の菩薩形坐像、もう1体は大安禅寺の文殊菩薩坐像。

八坂神社の像は明治時代の神仏分離令により隠された蔵であったらしく、本殿改修の折に床下より発見されました。
両腕の前腕部から先を失しているため尊名を確定できず菩薩形とされていますが、金剛界智拳印を結ぶ大日如来像であったのではないか、との解説でした。
定朝様を感じさせるゆったりと穏やかな姿勢で、ふくよかなお顔と合わせて非常に豊かな表情を持たれた方です。


P1240361.jpg
八坂神社 菩薩形坐像 重要文化財


大安禅寺像はどっしりとした体躯で堂々と剣を握る力強い方。
八坂神社像よりもさらに力強い像容。
真っ直ぐに正面を向く顔に伏せた双眸があり、知的な男性像に見えました。
肩や肘のつぎはぎ面の角度は後補により改変され、また腹部正面には定印を収めるような跡が残っており、元は法界定印を結ぶ大日如来像であったと考えられるそうです。


P1240357.jpg
大安禅寺 文殊菩薩坐像 県指定文化財




嶺北地方で現在最も古いとされる象も展示されています。
それは越前市 神宮堂の虚空像菩薩坐像です。
49cmの小像でありながら非常にパワーのある方で、見応えがあります。
この像を目当てに来館される方も多かったのではないでしょうか。


体に厚みがあり力強く、衣紋も深く刻まれます。
広い肩幅に張った胸板、非常にカッコイイですね。
肩より垂れ下がる天衣は脚部へと落ち、巻き込むように流れていき見応えがあります。
頭部やお顔など、後補の厚い漆箔に覆われ、尊容がつかみにくい面もありますが、それでもこれだけの迫力があるのだから素晴らしい。



P1250013.jpg
神宮堂 虚空像菩薩坐像 県指定文化財


P1240686.jpg
脚部を巻き込むように彫り込まれた天衣




展覧会へ向けて現地より搬出するのに、最も大変であったと仰られていたのが越前市 神明神社の千手観音菩薩立像。
頭体幹部、合掌手の前腕半ばまでを一木で彫り出し、宝珠手、脇手を剥ぎ付けているため、非常に重く持ちづらい。
現地では腰上ほどの須弥壇内に安置されているため、かなり苦労されたと思います。



P1220466.jpg
現地の安置状況


さて尊容ですが丸く引き締まるお顔は体のサイズよりやや大きく感じ、どこか童子を思わせる。
翻波式衣紋がみれれたり、腰から折り返す裳は2枚に重なるように表現されており特徴的です。
横へ広くひろがる脇手は非常に大きく、救いの手を求める信仰の強さが現れているのかなぁと思いながら眺めました。
脇手の裏には細かな板状の脇手が嵌め込まれており、真数千手の様相でした。
愛らしくもあり、信仰の強さも感じさせる素敵な千手観音でした。




P1240898.jpg
神明神社 千手観音菩薩立像 県指定文化財


P1240907.jpg
大きく広がる脇手


P1240912.jpg
腰から折り返す裳はU字に重なり合うように








会期は終わってしまいましたが、当ブログの更新はもう1回続きます。
更新が遅れ申し訳ございません!!






福井市立郷土歴史博物館
福井県福井市宝永3丁目12-1
TEL : 0776-21-0489
e-mail : kyoudo@city.fukui.lg.jp
「福井の仏像-白山を仰ぐ人々と仏たち-」展
会期10月14日~11月23日







にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

平安佛の大洪水!白山を仰ぐ「福井の仏像」展の巻③~十一面観音菩薩編~

美しく優しさと儚さを持たれた聖観音像の次に並ぶのは白山本地仏 十一面観音菩薩像。

平安後期に本地垂迹説が確立されると、白山神は山の神であり、水の神であり、水との関係深い十一面観音の垂迹が相応しいと、その信仰が広がるそうです。
今回の更新は、そんな白山信仰の本地仏 十一面観音菩薩像です。




越前市 八幡神社 十一面観音菩薩立像。
展覧会を訪れられ、「この方に目がハートになっちゃった」とは仲良くしていただいている佛友さんの言葉。
霊木より現れる仏さま。
その瞬間を彫りだそうと試みた仏師の意思、信仰の熱がこもった観音様です。


P1240750.jpg

立ち姿は、腰を左へと突き出すようにカーブを描き、どっしりとした量感を示します。
髻から足ほぞに至る頭体幹部、左手は肘、右手は手首までを、カヤ材の一木で彫り出し内剥りを施さず。
また、頭頂の化仏にはお顔が彫り込まれず。
この面相を表現しないのは福井市大安禅寺 十一面観音像、越前町日吉神社 十一面観音像などにも見られる、霊木化現の表現の一つと考えられているようです。
随所に奥深い信仰の力を感じさせて下さる、非常にパワーを感じる十一面観音像です。


P1240743.jpg
八幡神社 十一面観音菩薩立像 県指定文化財


P1240741.jpg
面相を表さない頭頂の化仏、穏やかであり力強くもある尊容




今回の展覧会に先立つ調査で新たに確認され、出展された貴重な十一面観音像が2体展示されています。
まずは坂井市内寺院の十一面観音菩薩立像。

穏やかで凛とした佇まいの観音様で平安後期から鎌倉の匂いも感じられるような美しい十一面観音像です。
表面には江戸時代の修復の跡が劣化し剥落しているので痛ましく見える部分もありますが、その裏にある当初のお姿を想像しながら眺めるのも非常に楽しいものです。
天衣は後補かな?手先は?どこまでが当初のものなのかな?
そんな風に見てみると、自身の思惑が当たってても外れててもいろいろな驚きを感じることができて楽しいですよ♪



P1240638.jpg
坂井市内寺院 十一面観音菩薩立像 無指定


P1240849.jpg
優しく上品な尊容


P1240647.jpg
装飾的な彫りを見せる下半身







そしてもう1体は越前町内寺院の十一面観音坐像。

32.1cmの小像でありながら大きな存在感を出す十一面観音坐像で、内剥りを施さない一木造りの像です。
両腕の肘から先や、脚部の付け根など候補の部分も多いようですが、小さいながらも量感があり、なによりそのお顔が魅力的でした。
童子のようなふくれっ面に見えるような、横から眺めると穏やかに瞑想しているような。
360°見れる展示のため、グルグルと回ってしまいます。
ぐるぐるぐる。
正面のお顔と横顔と。
違うように見えるなぁと仏像の奥深かさを感じるのでした。




P1240986.jpg
越前町内寺院 十一面観音菩薩坐像 無指定
正面のお顔は童子のような



P1240928(1).jpg
横顔は静かに瞑想しているような


P1240940.jpg
この顔が非常に好き



素敵な十一面観音像が新たに確認され、この展覧会を盛り上げています。
展示されていな新発見の仏像もいらっしゃるということなので、これからも福井県は目が離せません。
そしてこの展覧会の成功が更なる福井の仏像調査の推進力となり、調査発見が進むことを願わずにいられません。


次回更新は菩薩編となります。
(聖観音も十一面も菩薩だけど♪)









福井市立郷土歴史博物館
福井県福井市宝永3丁目12-1
TEL : 0776-21-0489
e-mail : kyoudo@city.fukui.lg.jp
「福井の仏像-白山を仰ぐ人々と仏たち-」展
会期10月14日~11月23日







にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

平安佛の大洪水!白山を仰ぐ「福井の仏像」展の巻②~聖観音菩薩編~

前回の更新、プロローグ&如来編はこちら


如来像に続き展示されるのは観音菩薩像。
多くの仏像好きがこのラインで夢中になってしまうのではないでしょうか。
素晴らしい数々の聖観音菩薩像や十一面観音菩薩像が列をなしています。



P1240776.jpg


最初に展示されるのは鯖江市 加多志波神社の聖観音菩薩立像。
観覧前からポスター等でそのお姿は確認していましたが、実佛を目にしてまず思ったのが小さい!
勝手な想像で等身大の像で170ほどの像高があるものと思っていたので104cmという小ぶりな像容に思わず頬が緩みました。
可愛らしいと思えたのです。
お腹周りから太腿にかけて非常に量感たっぷりな体躯であるんですが、通常の観音像よりは短いように見えた垂下する右腕や、ふくよかな頬に小さく穏やかに刻まれた目鼻、口元などの印象からか、どこか童子のようにも感じられ、体幹部の量感も”堂々とした”というよりも”ゆったりとした”という表現も用いたくなりました。


像の各所には大きな節(ふし)が見られ、これらは特別な霊木より彫り出されたことを表しているとか。
霊木より彫り出されたどこか童子を思わせるようなこの像に多くの時間を費やしてお姿を眺めるのでした。



P1240455.jpg
加多志波神社 聖観音菩薩立像 県指定文化財


P1250019.jpg
大らかで優しさが溢れる、どこか童子の様にも見えた尊容


P1250020.jpg
深く刻まれる衣紋 足元には翻波式衣紋が




同じくポスターや公式HPにもお顔が取り上げられていた福井市 法承寺の聖観音菩薩立像。
17年に1度の御開帳という秘仏で、今回の展覧会には特別に出展された目玉ともなる聖観音さま。
加多志波神社の像とは変わって、衣紋の彫りは浅く彫られ、スラリとした立ち姿の像です。
スラリとしていて薄彫りの、ともすれば印象が薄くなりがちの像容を特異なものにしているのは何と言ってもそのお顔。
衣紋とは打って変わってしっかりと彫り込まれた目鼻立ちは、その大きな鼻と、少し開いているようにも見える口元、そして伏し目で目線の合わない双眸で威厳あるオーラを発散させています。
秘仏がよくぞお出ましいただけました!!



P1240512.jpg
法承寺 聖観音菩薩立像 市指定文化財


P1240518.jpg
鼻翼の広がり、少し開いた口元、伏した目 独特なものを感じる


P1240522.jpg
なで肩で、首をやや前に出しているような姿勢も魅惑的


P1240516.jpg
薄く彫られてはいるが翻波式衣紋が見られる





非常に人気の高かった聖観音菩薩立像は越前市 荒谷観音堂の観音さまだったのではないでしょうか。
足を揃え、脇を締め未敷蓮華を胸前で持つ姿は、儚さも感じるような。
全体的にやや左へと傾いた立ち姿は霊木から彫り出された故か。
像容も各所にノミの跡を残す、霊木・神木より出現する仏の姿を表す表現方法を用い、頭体から蓮台、天衣に持物に至るまでが一木より彫り出され、いかにこの像が神聖にお祀りされることを考え彫り出されたかが伺えます。
美しく儚げでありながら菩薩像としての表情は凛々しい素敵なお方です。


また、驚いたのは内剥りは施されていないこと。
像高170cmの一木造りでありながら内剥りが無いにも関わらず、目立った割れが生じていなかったこと。
背面には斜めに木割れがあるものの、尊容を含め前面部には無いことに霊木の御力を感じるのでした。



P1240551.jpg
荒谷観音堂 聖観音菩薩立像 県指定文化財


P1240957.jpg
脇を締め胸前で蓮華を持つ姿にグッとくる


P1240571.jpg
美しい菩薩像のお顔を見せる横顔




全ての観音像をご紹介することは難しいですが、その他の観音像にも軽く触れてみたい。
つまりは全てが素晴らしいのです。



福井市 西光寺 聖観音菩薩立像

下半身の量感がものすごく、安定感抜群。
上半身のスラリと伸びる感じとは対照的な下半身に目がいきます。
尊容は面長で頬の張りと地方色を感じた。


P1240478.jpg


P1250025.jpg





坂井市 円海寺 聖観音菩薩立像

衣紋の彫り込みが非常に緻密で装飾的。
髻の大きく渦を巻く形状は僕の好みに合致して非常に好きなお方です。
お顔は唇を少し突き出すように表現されていて厳しさを感じる。


P1240554.jpg


P1240941.jpg





展示された仏像すべてを載せてしまいそうになってしまうので、このあたりで自重いたしましょう。
次の更新は白山の本地仏 十一面観音菩薩編です。






福井市立郷土歴史博物館
福井県福井市宝永3丁目12-1
TEL : 0776-21-0489
e-mail : kyoudo@city.fukui.lg.jp
「福井の仏像-白山を仰ぐ人々と仏たち-」展
会期10月14日~11月23日







にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

平安佛の大洪水!白山を仰ぐ「福井の仏像」展の巻

2016年も終わりが近づくなか、美術館、博物館において仏像を展示する展覧会が各地で催されています。
福井市立郷土歴史博物館においても「福井の仏像-白山を仰ぐ人々と仏たち」展が14日から始まりました。


fukuibutsuzo00.png


泰澄大師が白山を開山し来年で1300年を迎えることを記念した同展覧会には、白山信仰が盛んであった嶺北地方で守られてきた、秘仏であったり普段拝することはなかなか難しい仏像34体(1体前期後期で入替わり有り)が展示されています。


※写真は全て内覧会での許可の元、撮影したものです
P1240779.jpg

P1240776.jpg


開幕前夜に催されたブロガー向け内覧会に参加させていただき、その全貌をいち早く体験してきたのですが、その濃密な空間は神秘的で個人的には今年1番の仏像展であると断言したい。
この展覧会の情報をいただいた時から、今年1番になるに違いないと感じていましたしTwitterでもそう発言してきましたが、観覧して改めて間違いないことを感じました。
仏像愛好家のなかで、いわゆる”地方佛”と呼ばれる類の仏像を愛する方にはマストではないでしょうか。
過去にも名展覧会だったとずっと話題に上る展覧会がありますが、この「福井の仏像」展もそうなるだろうと感じさせる素晴らしい仏像郡が一堂に会しておりました。




会場には平安時代の仏像がずらりと並びますが(34体のうち1体のみ鎌倉)、まず目に飛び込むのは会場右手中央に塔建築内に安置されていることを想像させる曼荼羅状に展示された滝波五智如来堂の五智如来坐像。
3年がかりの修復を終え戻られた(釈迦如来、阿弥陀如来は先月戻られたばかり!)五智如来像が360°で拝観出来ます。


P1250036.jpg
滝波五智如来堂 五智如来坐像 県指定文化財


P1240399.jpg
修復により当初の尊容が現れる阿弥陀如来坐像

P1240602.jpg
薬師如来坐像


江戸時代に全体を紙貼りされその上から彩色、漆箔を施すという修復を受け、当初の尊要は隠れてしまった状態でありましたが、今回の修復では紙貼りも剥がされ、当初の尊容を取り戻されています。

そして今回はその紙貼りの一部も展示。
江戸時代より数百年、そのお姿で守らててきたことを考えると紙貼りのマスクも信仰する人たちによって祈り守り継がれてきたお顔です。
尊像と合わせてこのマスクにもぜひ注目して見ていただきたいです。


P1240798.jpg
江戸時代修復の紙貼りマスク
※図録にはこの修復過程が非常に細かく記載されており必見です。



拝観順路を辿るとまずは如来像。
薬師如来像が立像坐像を含め3体が並びます。

高尾町 薬師神社 薬師如来立像
帆谷町 帆谷薬師堂 薬師如来坐像
国山町 愛染寺 薬師如来坐像

P1240777.jpg


中でも高尾町薬師神社の薬師如来立像は素晴らしく惹きつけられました。
カツラ材の一木造りで内剥りは施さず。
内剥りを施されていないことから霊木から彫り出された可能性があると藤川学芸員の解説。
お顔の表情や衣紋線は浅く刻まれますが、左脇より流れ胴を巻いていくように刻まれる衣紋は美しく、そこに厳しめの表情で彫られたお顔が対比的で、この様な表現により一層の神秘性を感じさせてくれるように思います。


P1240407.jpg
薬師神社 薬師如来立像 市指定文化財

P1240426.jpg
美しい衣紋の流れに目を奪われる
※この方、10月31日までの展示です。
絶対に逃されないことをオススメしたいです。




福井市立郷土歴史博物館
福井県福井市宝永3丁目12-1
TEL : 0776-21-0489
e-mail : kyoudo@city.fukui.lg.jp
「福井の仏像-白山を仰ぐ人々と仏たち-」展
会期10月14日~11月23日


当更新をプロローグ&如来編とし、次回は観音菩薩編を更新したいと思います。












にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
NEXT≫
プロフィール

迦楼馬-カルマ-

Author:迦楼馬-カルマ-
仏像の美しさに感動して以来、ひたすらに仏像拝観に明け暮れる三十路街道を走る男の拝観日記。
仏像拝観歴は非常に浅いので間違いも多々あり!日々精進でございます。
僕自身が見て感じた仏像観を記していますので美術史的、仏教学的に誤っていることが多々あると思ので、その時はご教授ください。



訪れた寺社の全てを記事にするととても追いつかないので佛旅速報でまかない本編記事はピックアップという形になっていきます。

リアルタイムな仏像拝観速報はTwitterにて!
@hitabutsu

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
拝観者数
迦楼馬の巡礼サイト
検索フォーム
月別アーカイブ